中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ラジオ女子”牽引、聴取率上昇の兆し 中学生反響「手応え」 ・・・ひな壇番組へのアンチテーゼ?

“ラジオ女子”牽引、聴取率上昇の兆し 中学生反響「手応え」
(産経新聞 1/3付)

しばらく低迷していたラジオの聴取率が、10代を中心とした若者の間で上昇の兆しを見せている。牽引役は女子中学生だ。好きな音楽やタレントをとことん追いかけるこの世代特有の情熱が、テレビやインターネットだけでは飽きたらず、ラジオにまで進出しているようなのだ。(佐久間修志)

ビデオリサーチの首都圏ラジオ調査によると、ラジオの個人聴取率(週平均)の学生(中高大学生)平均は、ヤングタイムと呼ばれる午前0~5時で、平成13年10月の2.5%からじりじりと下降。17年からの5年間は、1.7%と1.0%の間を行ったり来たりしている。

平成21年10月は、1.7%と回復したが、ここで特筆すべきは中学生の数値。0.3%から1.9%と、1.6ポイントも回復し、13年をも上回った。高校生と大学生がそれぞれ0.1ポイント、0.4ポイントしか回復していないのと対照的だ。

現場が強調するのは女子中学生リスナーの存在だ。中高生に人気のTOKYO FM「スクール・オブ・ロック!」の森田太プロデューサーは「秋口から急に番組のネット掲示板の登録者が増えた。多くは14、15歳で、特に女の子の書き込みが目立つ」と明かす。

文化放送の若者向け番組「レコメン!」でも、人気お笑い芸人、U字工事の罰ゲームを募集したところ、中高生から30分で約500件のケータイメールが寄せられた。大半が女子からという。大河原聡編成部長は「聴取率のいい番組を見ると、女の子が聞いてくれている印象」と話す。

こうした女子中学生は、好きなタレントや、音楽を追いかけるうち、ラジオに行き着いたとみられる。特に最近は、ネットでアイドル情報を検索するうち、ラジオ番組の存在を知るケースが多いという。

自らもラジオ好き中学生女子だったという漫画家のしまおまほさんは「中学生の女の子は、好きなタレントの情報はなんでもほしいという世代。ラジオの“ちょっと背伸びした感じ”もプラス要因」と分析する。

ただ、「中学生にラジオの聴取習慣が出ていると考えるのは早計」と、電通ビジネスデザイン・ラボの大越いづみ室長は慎重な見方を示す。「中学生女子はまだ、自分の好きなコンテンツをピンポイントに追っている段階。ラジオ局がこうしたリスナーを引き続き捕まえられれば、ラジオ回帰が進む可能性も十分ある」と話している。

ひな壇番組へのアンチテーゼ? 緊密性と双方向のラジオ
鮎滝の高校受験、大学受験勉強のお伴は深夜ラジオでした。

定番中の定番である『オールナイト・ニッポン』から、『赤坂泰彦のミリオンナイツ』『小堀勝啓のわ!Wide とにかく今夜がパラダイス』『CREATIVE COMPANY 冨田和音株式会社』。鮎滝の受験勉強時代は声優さんの番組が増え始めた頃で、林原めぐみさんの『Tokyo Boogie Night』、小森まなみさんの『エールを君に』、椎名へきるさんの『DEEPER STREET』、山口勝平さんの『アニキンFREEDOM』などを聞いていました。
大学に入ってからは、『HEAVY METAL SYNDICATE』が新譜の情報源。

ラジオとテレビの大きな違いは「視覚情報の有無」もありますが、番組におけるリスナーの貢献度が高いこと。番組で流れる曲はリスナーからのリクエストで決まりますし、番組時間の大半はパーソナリティとリスナー投稿のやり取りで成立しています。2年、3年と続く番組になると、よく投稿を読まれる“ハガキ職人”と呼ばれる人たちも出てきます。

先に挙げた『冨田和音株式会社』が成立したのも、「パーソナリティとリスナーの双方向性」があればこそ。
CBCで「ラジオで会社ごっこをしよう」というコンセプトで始まった同番組では、リスナーを株主と呼称。ハガキや電話、FAXによる投稿が紹介されると“株”がもらえて、株がたまると番組オリジナルグッズがもらえるというシステムを採っていました。ハガキ職人(この番組では“大株主”)の投稿が読まれることが多かったものの、新人がハガキ職人の“株”を追い越すこともあり、NHK総合でやっている『着信御礼!ケータイ大喜利』のように“その番組での有名人”が出来上がっていきました。

年末になると受験生への応援メッセージが増えたり、恋愛・友達関係やいじめの相談が出てきたり、「パーソナリティとリスナー緊密性」が高いのも特徴でしょう。
特に深夜帯のラジオは、ずっと個々人へのメッセージ色が強まります。パーソナリティに「『○○君。がんばれ』と言って欲しい」とハガキを送って、実際にリスナーへその通りに答えられるのは、パーソナリティも他のリスナーたちも、投稿主がこの放送を聞いているに違いないという暗黙の了解があればこそ。

中学生でのラジオ聴取復活は、どのタレントもアーティストも一言二言しか話せない、何かのお題に答えるだけの「ひな壇テレビ番組」へのアンチテーゼであるような気がします。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。