中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ごね得”許した「派遣村の品格」 費用は6千万円大幅超 ・・・就労・住居相談利用たった1割

“ごね得”許した「派遣村の品格」 費用は6千万円大幅超の見込み
(産経新聞 1/5付)

「不平を言えば融通が利く。みんな“ごね得”だと気付いている」

4日閉所した東京都の「公設派遣村」を出た男性(34)は“村”での生活をこう皮肉った。派遣村では開所以来、行政側と入所者の衝突が絶え間なく続いた。職員の口のきき方への不満に始まり、昼食代の現金支給を求める入所者・・・。当初、目的だったはずの就職相談は不調に終わり、職員は最後まで入所者への対応に右往左往した。

就労相談利用者は、わずか1割
都は3日夜、この日退所した833人のうち住居を見つけられなかった685人のため、4日以降の新たな宿泊先に400人分のカプセルホテルを用意。残りの入所者には、都の臨時宿泊施設を割り振ることを決めた。

だが、いざこざはここでも起きた。入所者の1人は冷笑を浮かべて言う。
「その夜も『なぜ全員がホテルに入れないのか』と騒いだら泊まれることになった」

入所者の抗議と厚労省などの後押しで、都は決定を覆す。抗議の数時間後にはカプセルホテルを追加で借り上げた。「騒ぎが大きくなったので・・・」と職員は言葉少なに語るのみだ。

この1週間で本来の目的の就労・住宅相談に訪れた入所者はわずか1割。「正月休みに相談しても仕方ない。派遣村では一時金がもらえるとのうわさもあった。それ目当てで入った人も多い」との声も漏れた。

想定超す利用者
一方で、自力で社会復帰への第一歩を踏み出した入所者も。退所を選んだ男性(67)は「入所中に友人の会社に就職が決まり、社宅に住めることになった。年末年始に泊めてもらって感謝している。食事もおいしかった」と語った。

だが、この男性のように新たな職や住居が決まったのは少数だ。利用者数は当初の想定を超え、約6000万円と考えられていた費用も大幅に膨らむ見込み。費用はすべて国の負担で、都の幹部は「結局、政治のため」とぼやいた。

元凶は、「派遣元企業」の怠慢であることの確認
そもそも「派遣村」というものが出てくるのは、登録型派遣会社など「派遣元企業」の怠慢です。

派遣元企業が、登録されている社員に対して高度技術者研修を行ったり、介護や農業への転業支援を行ったりと、社員の能力の高度化・汎用化を推進。「弊社には、御社で即戦力となる人材がいます。この通り公的資格も取得しております。ぜひ、面接だけでも設定していただけないでしょうか?」と、絶えず派遣先企業の発掘をしていれば、職にあぶれる派遣社員は減らしていけるはずです。

そういった、本来、派遣元企業が社会的に期待されている企業サービスを放棄。「不景気だから紹介できる仕事がありません」と、派遣社員に次の職業を斡旋することなく、一方的に放り出したのが今の状態であることを確認しておかなければなりません。

派遣元企業の収入源は、人材を紹介して派遣先企業から人材紹介手数料を得ること。移り変わりの激しい経済状況を考えれば、登録されている派遣社員に対してキャリアコンサルティングを行い、あらゆる企業からの人材ニーズに答えられるようにしておくことは、至極当然の企業努力です。

派遣村は、自立支援の手段ですよね?
「派遣村」は、公的に派遣元企業の尻ぬぐいをしている位置付けとなりますが、その役割は入所者の自立支援です。

健康でキャリアもあって「機会さえあれば」という方は、公営施設へ入居し、そこを拠点に求職活動をできるようにする。離職からブランクが長く不安がある方は、就労支援施設へ入所してもらう。持病があって、まずは静養して身体を治してもらうことが先決という方は、生活保護申請とかかりつけ病院の紹介する。田舎を頼れる方については、場合によっては、説得して田舎へ帰って再起を考えてもらうようにする。
「派遣村」を開設してしまった以上、入所者に自立への取っ掛かりを付けるところまでが職務です。

こういった対応をしていくのは相談窓口を設置するだけではダメで、派遣村へ来られた方に一人ひとり声をかけて、その人の人生にどんどん踏み込んでいく“お節介”が必要となってきます。

市場経済の中では、先述したように派遣元企業の仕事です。定期的に「お仕事の状況はどうですか?」「いまの実務経験からすると、次の資格も狙える頃ですね」「新しい職種にチャレンジしてみませんか?」といった連絡を入れて、派遣先企業・派遣社員に代わって、人材育成をしていくわけです。

しかし、派遣村を頼ってこられた方は社会との接点が切れていますから、派遣村の役割は、再び入所者と社会に接点を作ることになります。当然、面談に次ぐ面談に追われるはずで、入所者の小っちゃい不平不満に答えている暇などありません。
就労相談利用者がたった1割ということは、配置する職員の適性を誤ったのでしょう。

個人的には、入所者へ最初に声をかける役割は、“お節介な小母さん”が適任だろうと考えています。
しばらく入所者と世間話をしてもらって胸襟を開いて、入所者に付き添って役所の相談窓口へ案内してもらい、「公的支援としてはこういうものがあります」「あら、これなんかいいんじゃない?」「いや、でも・・・」「あなたなら大丈夫よ!」などと、役人と小母さんと入所者の三者で自立の方法を話し合うわけです。

「派遣村の品格」というより、「派遣村の役割」の問題ではないでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。