中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの箱根駅伝、22大学が同じコースをごみ拾い ・・・“試合後にごみを残さない観戦文化”は?

もう一つの箱根駅伝、22大学が同じコースをごみ拾い
(カナロコ・神奈川新聞 1/10付)

東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の往路と同じコースと中継所を使って沿道をごみ拾いするイベント『もう一つの箱根駅伝』が9日、始まった。22の大学から20チーム、約120人が参加。初日は平塚中継所までで、10日に箱根のゴールを目指す。

箱根駅伝の応援などでポイ捨てされたごみを拾って沿道を清掃しようと、神奈川大学など県内大学の探検部や冒険部などが中心となって2006年に始まった。今回が5回目で年々参加大学が増えている。昨年は45リットル袋207個を回収した。

往路108キロを1泊2日で襷(たすき)リレーし、タイムとごみの量でポイントを加算し総合順位を決める。初日は3区間66.1キロを9時間ほどかけて歩き通した。

鶴見中継所をトップ通過した帝京大学チーム(昨年2位)のリーダー、渡辺嶺さん(22)は「去年は着順でトップだったが、ごみの量で負けた。大会の趣旨を間違えると勝てないところが面白い。今年は両方で首位に立ちたい」と意気込んでいた。

イベントの実行委員長で東海大探検部4年の佐々島曉さん(22)は「単純なボランティアというより、楽しんで競えるイベントにしたいと思って取り組んできた。来年以降もずっと続くよう、後輩たちに伝えていきたい」と話した。

・・・“試合後にごみを残さない観戦文化”は?
『もう一つの箱根駅伝』というイベント自体は、素晴らしいし、おもしろい企画だと思います。
しかし、「試合当日にごみ拾いをすませる“スポーツ観戦文化”は、どこへ行ってしまったのだろうか?」という疑問を感じます。

日本でプロサッカーリーグ『Jリーグ』が始まった頃。
地元密着・低予算で闘っていたチームでは、サポーターが自主的にごみ拾いをして、“試合後にごみを残さない観戦文化”が定着。この精神は日本代表チームの国際試合で現地入りする日本応援団にも広まり、試合後にごみ拾いをする姿が「日本サポーターの紳士的行為」として海外ニュースで取り上げられたこともありました。

スタジアムで行われる試合と、一般道を走る長距離走とでは、観戦方法が異なるため同じように出来ないことは分かります。長距離走では応援も点々としており、試合が終わってから見つけたごみも、付近の住人や通行人が試合前に捨てたものかもしれません。

ですが、今の今まで自分たちが居た場所ならば、そこのごみを自分たちで出したかどうかは分かるでしょう。また、“試合後にごみを残さない観戦文化”は、「来たときよりも美しく」が基本。本体の箱根駅伝に限らず、ほぼすべてのスポーツで培うことの出来る観戦文化でしょう。

『もう一つの箱根駅伝』というおもしろいイベントは続けるとして、“試合後にごみを残さない観戦文化”の浸透も大学体育会などで考えてみてはどうでしょうか?


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。