中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

季節性インフルどこへ? 「新型」出現の影響か ・・・新型が季節性インフルエンザを淘汰?

季節性インフルどこへ? 「新型」出現の影響か
(神戸新聞 1/12付)

新型インフルエンザの大流行が続く中で、例年流行していたAソ連型、A香港型の季節性インフルエンザウイルスがほとんど検出されていない。新たなインフルエンザのパンデミック(世界的流行)が起きると、それまで流行していたA型ウイルスが新しいウイルスに置き換わる現象が過去にも起きているが、従来の季節性インフルエンザはもう流行しないのだろうか?

今後の状況次第では、来シーズンのワクチン製造にも影響が出てくる。
毎年、インフルエンザが流行期に入る12月。2008年にはAソ連型、A香港型を合わせて1カ月で919件、07年は1026件、流行開始が遅かった06年でも27件のウイルス検出があった。

ところが今シーズン、12月のウイルス検出はAソ連型、A香港型ともにゼロ。10月終わりごろに1件報告されて以降、現在まで出ていない。
「世界的にも日本と同じような状況だ」。国立感染症研究所感染症情報センターの谷口清州室長はこう指摘する。

人で流行するインフルエンザウイルスは、構造の違うA型とB型に分けられる。A型では、昨シーズンまでAソ連型とA香港型の2種類が毎年流行していた。そこに、同じA型の新型インフルエンザが発生した。

仕組みは不明だが、新たなウイルスの出現により、それまでのウイルスが淘汰されてしまうことは過去に何度も繰り返されてきた。1918年のスペイン風邪以降、長年流行を続けていたウイルスは、57年のアジア風邪流行で新しいウイルスに置き換わった。だが、このウイルスも68年の香港風邪以降はA香港型に置き換わり、77年以降はAソ連型が加わった。

なぜ淘汰されるのか、そのメカニズムは分かっていない。

インフルエンザに詳しい押谷仁東北大教授は「今後どういう展開になるのかは分からない。従来の季節性インフルエンザが淘汰されたと言うのはまだ早いだろう。今はインフルエンザが出始める時期。新型の患者が1千万人以上出ている中で、少数の季節性の患者を見つけるのが難しいということも考えられる」と慎重な見方だ。

季節性の動向は、来シーズンのワクチン製造に影響する。通常、次のシーズンのワクチン製造に当たっては、前シーズンの国内外の流行状況などを踏まえてはやりそうなウイルスを予測。実際の製造に用いるウイルスの種類を決定し、春から製造を始める。

現在の季節性インフルエンザワクチンには、Aソ連型、A香港型、B型の3種類の抗原が入っているが、新型が席巻している現状をどう分析し、どの抗原を入れるのか。谷口室長は「そろそろ決定しなければならない時期が来るが、その時点のデータで判断するしかないだろう」と話している。

・・・新型が季節性インフルエンザを淘汰?
国立感染研究所が12月18日に更新した『パンデミックインフルエンザA(H1N1)の流行状況』によると、日本における新型インフルエンザと季節性インフルエンザの週別罹患者数は下図の通り。

↑別窓で大きい画像が開きます


週単位で表現してあるため補足。グラフの起点となっている第19週は09年5月5日~11日で、第50週は09年12月8日~14日。もっとも罹患者数が多かった第34週は8月18日~24日。

2009年の日本では、圧倒的に新型インフルエンザ(H1N1)の罹患認知件数が多く、かつその罹患者数推移は従来の季節性インフルエンザの特性「低気温・乾燥で流行」を無視していることが表れています。

国立感染研究所の同報告によると、例年より早く訪れた冬のインフルエンザシーズンは、北半球の温帯地域、中央ヨーロッパ、および東、南、一部の中央アジアで引き続き広がっているとのこと。ただし、北米やヨーロッパの大部分では、流行のピークは終わり、病勢は次第に落ち着いてきているそうです。

一方、南半球では事情が異なっています。アフリカでは、全地域から新型インフルエンザ(H1N1)が検出されており、また季節性インフルエンザ(H3N2)の流行も同時に確認。日本のような「新型による季節性の淘汰」を伺わせる状況ではないようです。

個人的には、インフルエンザの淘汰について慎重な見方をされている押谷教授を支持しますが、非常に興味深いウイルスです。

■インフルエンザ流行マップ(12月28日~1月3日)

(国立感染研究所)

新型にせよ季節性にせよ、日本全国がインフルエンザ流行の「警報」状態。手洗いによる感染予防の日々は、まだまだ続きそうです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。