中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「政治とカネ」で波乱か 国会召集、野党冒頭から攻勢へ ・・・「フェアである」とはどういう状態か?

「政治とカネ」で波乱か 国会召集、野党冒頭から攻勢へ
(朝日新聞 1/18付)

政権交代後初めての通常国会が18日召集された。鳩山内閣は「子ども手当」や高校無償化などマニフェスト(政権公約)の主要政策を実現する予算案や関連法案を提出し、早期成立をめざす。だが、鳩山由紀夫首相と小沢一郎民主党幹事長をめぐる「政治とカネ」の問題について、野党は徹底追及する構えで、波乱含みの展開になるのは必至だ。

会期は6月16日までの150日間。
民主党は7月11日の参院選投開票を検討し、会期の大幅延長が困難なため審議を急ぐ方針だ。2009年度第2次補正予算案を月内に成立させ、首相の施政方針演説と各党代表質問を行う。2月初めに来年度(10年度)予算案の審議に入り、年度内成立を目指す。

首相は18日朝、記者団に「補正予算、来年度予算をできるだけ早く仕上げ、国民の命を守る姿を連立政権として示すことが一番だ」と強調した。内閣はこの日、総額7.2兆円の経済対策を盛り込んだ2次補正予算案を国会に提出した。午後には菅直人副総理兼財務相が衆参各院の本会議で財政演説し、「厳しい経済情勢に対応し景気回復を確実にするため、一刻も早い成立が必要だ」と訴える。

ただ、召集日直前の15日に小沢氏の資金管理団体をめぐる政治資金規正法違反事件で元秘書の民主党衆院議員らが逮捕。昨年末には偽装献金事件で首相の元秘書が在宅起訴された。自民党の大島理森幹事長は18日朝、「政治全体の信頼に疑念をもたれている」と批判。同党は小沢氏や元秘書、首相の母らの参考人招致を求めており、国会冒頭から攻勢を強める構えだ。

今国会では、民主党が来年度実施を公約に掲げる子ども手当などの関連法案の年度内成立や、永住外国人への地方参政権付与法案、官僚答弁禁止などの国会改革関連法案をめぐる与野党協議も焦点となる。

前置き・・・
今国会に当たって、鮎滝には残念なことが2つあります。
1つ目は、前与党である自民党が『自民党予算案』を編成しなかったこと。2つ目は、『政治とカネ』という国民生活とは無関係の事柄がテーマになろうとしていること。

政権与党としての52年分の蓄積を持った野党のフェアは?
まず1つ目、自民党が『自民党予算案』を編成しなかったことについて。
今回の記事では“フェア”ということを問おうとしており、もちろん、政府予算案と同等のものを作ることを求めている訳ではありません。「前与党なりに代替案を示すことは可能であるはずだ」と言いたいわけです。

野党に転落したとはいえ自由民主党は、戦後日本において、前身である日本自由党時代から長く政権担当政党で居続けました。自民党が政権から離れたのは、片山内閣(47年5月~48年3月)、細川内閣(93年8月~94年4月)、羽田内閣(94年4月~94年6月)と合計・22カ月程度に過ぎません。

「政権与党としての52年分の蓄積を持った野党」 これほどの経歴を持つ自民党が、万年野党であった社会民主党のように、「批判だけ野党」へ成り下がることは果たして“フェア”なのでしょうか?

自民党がこのまま「挙げ足取り野党」で許されるならば、鮎滝は、政党という政治団体の存在意義を問い直さなければならないと考えます。

自民党が政権与党を離れてから、月日は、まだ4カ月半前しか過ぎていません。前任者として代替案を提示し、どちらの提案の方がより優れているかを問うてこそ、自民党と民主党は“フェア”な関係だと言えるのではないでしょうか?

予算審議と懲罰審議を区別しない国会運営はフェア?
2つ目、『政治とカネ』という国民生活とは無関係の事柄が、国会の主要テーマになろうとしていることについて。

小沢一郎氏の身に起こっていることは、『政治とカネ』という一般的問題ともできますが、小沢氏が刑事罰に値するかどうかの個人的問題ともできます。ここに限られた国会会期を絡めて政局の問題にまで拡げることは、立法府の運営方法として“フェア”なのでしょうか?

予め断っておきますが、鮎滝は、政治家・小沢一郎氏を嫌う立場にいます。
理由は、小沢氏の政治経歴です。右派の一部を率いて自由民主党を脱した後、二大政党という形だけを求めて政界再編を促し、中道左派の民主党へ合流。さらに同党の元代表、現幹事長として権勢を振るっています。“議席数”のために右であることも左であることも捨てるその政治姿勢は、疑問ばかりです。

それでも、現状の小沢氏に対する扱い。すなわち、「“私はクロです”と言わない限り説明責任を果たしたことにならない」という風潮には“アン・フェア”を感じます。

例えば、小沢氏の政治資金管理団体「陸山会」で04年10月29日に起こった会計仕訳は次の通りであり、『政治資金規正法』に抵触しないという指摘もあります。
――――――――――――――――――――――――――
陸山会が、以前から預かっていた小沢氏の個人資金を借入金計上し、同会で使えるようにする
(現  金)  4億/(借 入 金)  4億・・・①
陸山会が、その資金で土地を購入する(売買終結は05年のため仮払金計上)
(仮 払 金)3.4億/(現  金)3.4億・・・③
陸山会が、他の団体から緊急で借金する
(現  金)1.8億/(借 入 金)1.8億・・・②
陸山会が、小沢氏の個人資金だった借入金を返済する
(借 入 金)  4億/(現  金)  4億・・・①

小沢氏が、陸山会から返済された資金を定期預金にする
(定期預金)  4億/(現  金)  4億・・・④
小沢氏が、定期預金を担保に銀行から融資を受ける
(現  金)  4億/(借 入 金)  4億・・・④

陸山会が、小沢氏の受けた融資を使えるように借入金計上
(現  金)  4億/(借 入 金)  4億・・・⑤
他団体から緊急で借り入れた現金を返済する
(借 入 金)1.8億/(現  金)1.8億・・・②
土地の売買終結が05年になるため、土地購入を逆仕訳
(現  金)3.4億/(仮 払 金)3.4億・・・③
――――――――――――――――――――――――――
結局、①と①、②と②、③と③は相殺される仕訳で、④は小沢氏個人の財布の問題ですから、陸山会の収支報告書には記載不要の仕訳。陸山会の収支報告書に載るのは、「陸山会が、小沢氏の受けた融資を使えるように4億円を借入金計上」したという⑤のみとなります。

「相殺される仕訳を繰り返すこと自体が、資金の流れを眩ますもので悪い。何かやましいことのある証拠だ」として追及できなくもありません。が、04年10月29日の取引のみで「小沢氏に不正アリ」とするのは、かなり困難ではないでしょうか?

「この収支報告は虚偽記載だった」と証言する石川容疑者と池田容疑者、この2人と証言の異なる大久保容疑者については罪に問えるかもしれませんが・・・

小沢氏問題にこだわるのは、国民に対してフェア?
小沢氏が過去に建築業者から不正なお金をもらっており、そのお金と小沢氏による不当なあっせん行為等が結びつけられれば、収賄罪等に問えるでしょう。しかし、不正なお金を蓄財して04年10月29日時点で小沢氏が4億円の資金を持っていた証明、小沢氏が不当なあっせん行為の代価としてお金をもらったことの証明ができなければ、小沢氏をクロとは出来ないということでもあります。

これは、予め罪として罰する事柄を法律に定める「罪刑法定主義」を採る日本司法の大原則です。

仮に、小沢氏に不正行為があったとしましょう。それでも話の舞台は、東京地検が起訴する東京地方裁判所か、衆議院の政治倫理審査会ないし懲罰委員会となるはずです。

不況の二番底がくるかもしれない経済情勢を考えると、予算審議を差し置いて、小沢氏個人のために集中審議の時間を割こうという動きも疑問です。そこには、国会議員と国民の間、予算・法律に直接携わることが出来る人とそうでない人たちとの間における“アン・フェア”が生じていないでしょうか?
小沢氏の不正疑惑など、予算を通し終えた後で審議しても問題ないはずです。

ここからは蛇足。小沢氏の問題を5月中旬頃に扱った方が、通常国会終盤における民主党のイメージが悪化し、夏の参議院選挙で自民党は優位となるのではないでしょうか?


※なお07年の『政治資金規正法改正』以降、政治家の政治資金管理団体は、改正以前に取得したものを除いて土地・建物を所有できなくなっています。蓄財を目的としない政治資金管理団体の役割は、キャッシュ・フロー管理。当然と言えば当然ですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。