中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の移動図書館車、南アで第二の人生 ・・・南アフリカ共和国へ教育の“種”を

日本の移動図書館車、南アで第二の人生
(読売新聞 1/20付)

かつて日本で活躍した「移動図書館車」が南アフリカ共和国で“第二の人生”を送っている。

既に33台が南アの大地を走り回り、子どもたちに8万冊以上の本を貸し出した。2014年までに100台を贈る計画を進めるNPO法人「南アフリカ初等教育支援の会」の蓮沼忠理事長(67)は「読書は国の礎。南アの子どもたちに読書の習慣を根付かせたい」と話している。

蓮沼さんが勤務先のソニーから南アの現地法人に出向したのは1998年。たまたま地方の小学校を訪れた際、校舎の中が妙に広々としていることに気づいた。「そうか、本がないんだ」

南アはその4年前の94年、マンデラ政権が発足。それまでのアパルトヘイト(人種隔離政策)時代、黒人はほとんど義務教育を受けられなかった。今でも、成人の半数以上は読み書きができないとされている。

新政権下では学校が次々と建設され、就学率は9割以上になっていたが、教える側に読書の習慣がないことから、本をそろえている学校はごくわずか。公立の小学3年の識字率は現在も36%にとどまる。

「何とか力になれないか」。新しい国づくりの機運に燃える南アにほれ込んだ蓮沼さんは、日本から古い図書館車を南アに贈る活動に参加。2004年に定年退職した後も、妻と共に南アに残って「支援の会」を設立し、寄贈を続けてきた。

日本図書館協会によると、日本の自治体が保有する移動図書館車は昨年4月現在で559台。98年には691台あったが、ディーゼル規制による改造費を捻出できないなどの理由で廃車となるケースが目立つ。ただ、修理すれば5年以上走れる車も多く、支援の会では、各自治体に呼びかけて廃車情報を集めているという。

昨年11月には、さいたま市立岩槻図書館で使われていた「こだま号」など12台が南ア東部の港町・ダーバンに到着。フリーステート州、西ケープ州など4州の教育庁に配備される。今後はまだ1台も図書館車のない東ケープ州など5州に贈る予定だ。

図書館車の輸送や整備には1台あたり約60万円かかる上、車1台に2500~3000冊の児童書も必要だ。英語のほか、アフリカーンス語、ズールー語など、公用語が11もあるだけに本を探すのもひと苦労だが、いずれも企業や個人の寄付などでまかなってきた。

蓮沼さんは「現地では、ようやく“読み書きそろばん”が大事という考えが定着しつつある。日本の図書館車が南アの国の礎となってくれれば」と話している。

南アフリカ共和国へ教育の“種”を・・・
NPO法人・南アフリカ初等教育支援の会(SAPESI:South African Primary Education Support Initiative)は、移動図書館車を通じて南アフリカ共和国の子どもたちに読書への興味を拡げ、その識字率を向上させるとともに、南アフリカの教師たちの教育力向上を図ろうとしている団体です。


↑南アフリカで活躍中の移動図書館車

南アフリカ共和国では、教師は、わずか8年間(義務教育6年+教員訓練2年)で教壇に立たなければならない現状があります。SAPESIが解決しようとしているのは、この教育水準。移動図書館がやってくる環境を作り出すことで、子どもたちの知的好奇心を喚起し、子どもたちの好奇心に応えられる継続的な教師育成へつなげようという壮大な計画です。

2010 FIFAワールドカップを開催する南アフリカ共和国ですが、強盗・殺人など、その治安の悪さはまだ不安材料となっています。白人富裕層が郊外に塀を張り巡らせた白人たちの町を形成したり、白人技術者がオーストラリアなどへ脱出したために停止へ追い込まれた火力発電所があったり、アパルトヘイトの後遺症はまだ続いています。

一方で、急速なインフラ整備も進んでいます。金やプラチナの世界最大産出国である南アフリカにとって必要なのは、道路や上下水道、電線網を敷設できて、敷設後のメンテナンスもできる人材育成。
SAPESIの活動が、南アフリカの明るい将来へつながることを願います。


◆NPO法人・南アフリカ初等教育支援の会HP
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。