中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自民・茂木氏、「補正予算案は朝三暮四のごまかし」 ・・・よく調査された茂木氏の質問こそ掲載を

補正予算案「朝三暮四のごまかし」 自民・茂木氏
(朝日新聞 1/22付)

衆院予算委員会は22日、2009年度2次補正予算案への質疑を行った。自民党の茂木敏充氏は、前政権が編成した09年度1次補正予算の2.9兆円分の執行を停止して2次補正案や10年度予算案を編成したことについて、「朝三暮四のごまかしだ」と批判。これに対して菅直人副総理兼財務相は「『コンクリートから人へ』を実現した」などと反論した。

茂木氏は、2次補正案に盛り込まれた総額7.2兆円の経済対策について、地方自治体の負担の肩代わりの3兆円を除いた4.2兆円のうち、約4分の3が1次補正予算の内容と同じだと主張。新年度予算にも1次補正の執行停止分の約4分の1が復活していると指摘した上で「大半の事業が復活する。必要なら止めなければよかった」と批判した。

これに対して菅氏は「官庁の施設費などコンクリートの部分を切って他に振り向けており、中身は全く違う」などと強調した。

・・・よく調査された秀逸の質問こそ掲載を
鳩山内閣が提示している平成21年度・第2次補正予算は次の通り、

平成21年度・第2次補正予算 合計:7兆2013億円
▽雇用対策 小計:6140億円
 介護・医療・農林・環境・エネルギー分野の雇用創造・・1500億円
 求職中の貧困・困窮者に対する住宅対策・・・・・・・・・・・  700億円
 認可保育所の分園など待機児童解消への取り組み・・・ 200億円
 雇用保険制度の機能強化・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3500億円
 など

▽環境分野 小計:7768億円
 エコポイント活用によるグリーン家電普及促進事業・・・・2321億円
 エコカー減税による環境対応車普及促進・・・・・・・・・・・・2609億円
 住宅版エコポイント制度・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1000億円
 低炭素社会構築のための研究・企業立地促進・・・・・・・・1822億円
 など

▽金融対策 小計:1兆5742億円
 「景気対応緊急保証」の創設など金融対策・・・・・・・・・・・8681億円
 セーフティネット貸付などの延長・拡充・・・・・・・・・・・・・・ 1361億円
 デフレにともなう実質金利高の軽減制度・・・・・・・・・・・・・ 506億円
 フラット35Sの金利引き下げなど住宅金融対策・・・・・・・4000億円
 など

▽医療保障 小計:7849億円
 高齢者医療制度の負担軽減措置の継続・・・・・・・・・・・・・2902億円
 生活保護による生活支援・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1286億円
 医療保険による生活支援・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1548億円
 新型インフルエンザの国産ワクチン生産能力向上・・・・・・ 950億円
 など

▽地方支援 小計:3兆4515億円
 地方公共団体による架橋などインフラ整備支援・・・・・・・・5000億円
 税収減少に伴う地方交付税減少額の補填・・・・・・・・・2兆9515億円

一方、自公政権が成立させて鳩山政権が一部執行停止した平成21年度・第1次補正予算の中には、次のような事業がありました。金額は停止分の予算額です。
 最先端研究開発支援プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1200億円
 地域子育て支援対策・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1000億円
 緊急人材育成・就職支援基金・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・3500億円
 日本政策投資銀行の財務基盤強化・・・・・・・・・・・・・・・・・・1237億円
 住宅ローンの信用収縮対策・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2000億円
 未承認薬・新型インフルエンザ等対策基金・・・・・・・・・・・・  678億円
 公共事業関係費・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・5000億円
さらに、エコポイント制度もエコカー減税も麻生政権の時に考え出されたもの。

鳩山政権の第2次補正予算に対する、自民党の茂木敏充議員の「大半の事業が復活する。必要なら止めなければよかった」という批判は、実に的を射ています。よく調査された秀逸な質問です。

なぜ、鳩山首相が「“朝三暮四”の意味を“朝令暮改”と勘違いした」などという些細なことを取り上げ、茂木議員が周到に準備した質問を取り上げないのでしょうか? この茂木議員による質問の価値を問わないのでしょうか?

「地方公共団体による架橋などインフラ整備支援・・・5000億円」は、今日の昼まで「地域活性化・きめ細かな臨時交付金」でした。しかし結局は、老朽化した橋の補修や電線地中化、都市部緑化、林道整備などの公共事業費となり、自公政権が計上していた公共事業関係費と変わらなくなってしまいました。野党にとって、「『コンクリートから人へ』ではなく、明らかな『人からコンクリート』だ!」と叩きのめす絶好のチャンスが来たわけです。

「感性の鈍ったマスコミの手に掛かると、議員の努力が無に帰する」ことを反省材料として、明日の朝刊では改善されることを願います。


追記:
補正予算案の部分だけで大事な議題を忘れていました。

茂木議員は、企業融資に対して信用保証協会が行う『緊急保証制度』について、総枠の増額ではなく「1社あたり保証枠の増額」を提案されました。現行は1社あたり8000万円となっている保証上限を、1社あたり2億円へ引き上げられないかという提案です。

これはジリジリと企業体力を削られてきた中小企業。中でも、「V字回復した中国の景気に乗るべく、まとまった設備投資をしたい企業」にとって有効ではないかと、個人的には思いました。

しかし政府側の回答は、亀井金融相が、政府案通りに総枠の増額のままというゼロ回答。鳩山首相も、一定の理解は示しつつも決断はされませんでした。
実に残念。しかも、民主党は平成21年度・第2次補正予算を強行採決するとのこと。

「中国のV字回復に乗るための設備投資支援」
検討に値すると思うのですが・・・

平成22年度本予算の時では手遅れかもしれません。が、茂木議員には、「緊急保証制度の1社あたり保証枠の増額」の再提起をお願いしたいです。

追記の追記:
衆議院のホームページの左のサイドメニューの下の方に「衆議院審議中継」というコーナーがあります。そこを開くと「衆議院TV」という国会中継ビデオライブラリのページへ行けます。

この「衆議院TV」がなかなか良くできています。

画面左のカレンダーで日付を選ぶと、その日に開会された本会議・委員会の一覧画面へ。さらに見たい本会議・委員会を選択すると、説明・質疑者別に視聴できるようになっています。見たい質疑者の分だけ見られるわけです。ものすごく便利。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。