中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋下知事、府市再編へ政治グループ ・・・31区+31市9町1村による大阪府を志向か?

知事、府市再編へ政治グループ…来春の統一選にらみ構想
(読売新聞 1/13付)

大阪府と大阪市の再編・統合を唱えている橋下徹知事は13日、「新しい大阪をつくるには、相当な数の議員、首長の賛同を得ないといけない。4月くらいからその活動を始めたい」と述べ、来春の統一地方選をにらみ、府・市の再編を公約に掲げる新党や政治グループの結成を目指す意向を明らかにした。

橋下知事はこの日、報道陣に対し、大阪再編構想について「志を同じくする議員、首長を募り、統一選の争点にしたい。すでに数人の賛同者がいる」などと語った。

橋下知事は12日の記者会見で、「大阪の競争力アップのため」として、府・市の広域行政機能を統合する一方、同市内に人口30万人規模の「特別区」を複数設ける案に言及していた。

31区+31市9町1村による大阪府を志向か?
橋下知事が構想している『大阪府と大阪市の再編・統合案』について。
関西を離れると断片情報のみで、いまいちこの価値を理解していませんでした。しかし、本日放送された『たかじんのそこまで言って委員会』で橋下知事がされた、東京都を例とする説明で、ようやくイメージできました。

現在の大阪府(人口:884万人)は43の自治体(33市9町1村)で形成されています。
43自治体と大阪府の関係を図示すると、大阪市(人口:264万人)と堺市(人口:84万人)が大阪府と対等な関係となる政令指定都市であることから、次のようになります。
┌大阪府―┬高槻市
|      ├東大阪市
|      ├吹田市
|      ├茨木市
|      ├豊中市
|      ├枚方市
|      ├寝屋川市
|      ├八尾市
|      ├岸和田市
|      └その他、22市9町1村
├大阪市
└堺市

一方、東京都(人口:1300万人)は、いわゆる東京23区が市と同格扱いとされ、ほかの26市・5町・8村とともに東京都の下に置かれています。
東京都―┬足立区
      ├荒川区
      ├板橋区
      ├江戸川区
      ├大田区
      ├葛飾区
      ├北区
      ├江東区
      ├品川区
      ├渋谷区
      ├新宿区
      ├杉並区
      ├墨田区
      ├世田谷区
      ├台東区
      ├中央区
      ├千代田区
      ├豊島区
      ├中野区
      ├練馬区
      ├文京区
      ├港区
      ├目黒区
      ├昭島市
      ├あきる野市
      ├稲城市
      ├青梅市
      ├清瀬市
      ├国立市
      ├小金井市
      ├

「大阪府における稼ぎ手は、明らかに大阪市。この大阪市が政令指定都市となっていて、大阪府による行政計画から独立していることが、果たして府全体の生産性を向上させることにつながっているのか?」
橋下知事による『大阪府と大阪市の再編・統合案』は、この様に言い換えることが出来ます。

「日本国第二の都市の理想的なあり方」とは?
『大阪府と大阪市の再編・統合案』と聞くと突拍子もない案に聞こえます。聞こえますが、東京都を都市計画の成功例と捉えた場合、その見え方は変わってくるのではないでしょうか?

東京都で大都市圏形成を成功させている理由が、「東京23区を“政令指定都市・東京市”ではなく“市と同格の23特別区”としていること」ならば、「都道府県と同格の政令指定都市は、都道府県による“一体的な経済開発・発展行動”の阻害要因」ならば、大いに検証される必要があります。

確かに、これまでの市町村にとっては、住民・企業誘致を成功させ、村から町へ、町から市へ、市から政令指定都市へと昇格。基礎自治体としての権限を拡げることが一つの目標でした。

しかし、「行政サービス窓口としての基礎自治体。地域活性化の計画立案担当としての都道府県。国家安全保障およびセーフティーネット保証担当としての国家」というすみ分けこそ、社会資源の最適配分だという立場を採ると、「市から政令指定都市への昇格」には疑問符が付きます。なぜなら、政令指定都市は、行政サービス窓口と計画立案担当を兼務する自治体だからです。

大き過ぎる市は特別区へ分割する 名古屋市の地域委員会
従来は、「市が大きくなったから、それに見合う大きな権限を与える」という考え方でした。けれども、「大き過ぎる市は特別区へ分割する」方が正しいのかもしれません。この論理の流れから考えていくと、名古屋市で河村市長がやろうとしている「地域委員会が、市の予算編成の一部を決める」というモデル事業も、理に適っていることになります。

都道府県という枠も、区市町村という枠も、法律によって定めたもの。法律は、正式な手続きを踏めば改正できるものですから、より良くなることが分かっているのに変えないのは怠慢です。
企業は経済環境の変化によって部署を再編するのに、自治体の形は永遠不変ということはあり得ないでしょう。

――大阪市を解体して大阪24区(北区、東淀川区、都島区、東成区、福島区、生野区、此花区、旭区、中央区、城東区、西区、鶴見区、港区、阿倍野区、大正区、住之江区、天王寺区、住吉区、浪速区、東住吉区、西淀川区、平野区、淀川区、西成区)へ。
堺市も堺7区(堺区、中区、東区、西区、南区、北区、美原区)へ再編。
大阪府を、31区+31市9町1村に変える――

橋下知事による政治グループの話を抜きに、『大阪府と大阪市の再編・統合案』は、もっと議論されても良いのではないでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。