中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消える書店、10年間で29%減 ・・・町の書店はどの店も同じ本ばかり、生き残れないのは当然

消える書店、10年間で29%減 和歌山県ではほぼ半減
(朝日新聞 1/26付)

出版市場が2兆円割れし、縮小が続く中、各地で書店が消えている。この10年間で6403店減少し、ほぼ半減している県もあることが分かった。全国の書店を調査しているアルメディア(東京都)のデータをもとに、2000年と今年1月時点の書店数を比較し、減少率を計算した。

00年に全国で2万1922店あった書店は一貫して減少し、10年には約29%減の1万5519店となった。最も減少率が高かったのは和歌山県で、257店から137店へと約47%も減少。次いで山口県、佐賀県が約38%減少した。和歌山県の書店商業組合によると、同県では、スーパーとの複合型店や郊外型の大型店などが増え、中小書店の廃業が相次いだという。店舗数の格差は今年1月、最多の東京都が1739店に対し、最少の鳥取県は80店だった。

また、09年の書店の新規出店数は286店と、同社が統計を取り始めた00年以降で初めて300店を割った。同社の加賀美幹雄社長は「積極的に出店を続けてきた全国チェーンも息切れを始めている。今後、チェーン店の淘汰が始まれば、さらに減少が膨らむ可能性もある」とみる。

・・・町の書店はどの店も同じ本ばかり
昨日、新聞各紙で報じられた「本の販売、2兆円割れ確定」というニュースを受けての記事なのでしょう。が、敢えて書店側に厳しい指摘をさせていただきます。

「どの店も同じ本ばかり、生き残れないのは当然」

鮎滝は昨年まで姫路市に住んでいました。
JR姫路駅には大型書店のジュンク堂書店が入っており、その蔵書数はちょっとした図書館並み。駅の北側にはアニメイトがあり、たいていの本は入手できました。駅の南側に中型書店の新興書房がありましたが、昨年10月に閉店したと聞いています。

鮎滝は、この中型書店に問題があると考えています。
いま住んでいる豊田市の駅前には、精文館書店、未来屋書店、くまざわ書店、少し離れたところに鈴彦書店という中型書店があります。が、この4つの書店に並んでいる本はほとんど同じです。最新刊か話題作以外で、ある一店舗で見つからなければ探し回るのはムダ。取り寄せでは何日かかるか分かりませんし、確実なネット通販で買うことを選びます。

唯一、独自色を打ち出しているのはコモ・スクエアの1階に入っている原田屋
絵本や料理本が場違いなぐらい充実しており、外国書籍まであります。話題作を探すのには向いていないと思いますが、「友人に子どもが生まれた」「孫ができた」という方へは文句なしに推薦できるお店です。

「広い購買層に立ち寄ってもらうことで売上高を安定させたい」という論理に立つと、店舗面積が限られた中型書店では、最新刊や話題作中心の品揃えとなってしまうのでしょう。しかし徒歩数分圏内で同じ品揃えで出店していたら、書店側にとって、どの店に顧客が来るかは博打。顧客にとっても、店舗数はあるのに商品選択の幅は狭いという不便な状況です。

「あっちの店のように手広くはありませんが、ウチの店なら全出版社の“新書”が揃います」
「すいません。ウチはマンガだけを置くことにしているんです」
「絵本なら1歳児から小学生向けまで。読みきかせ中に感動する大人向けもありますよ」
「旅行雑誌はありませんが、世界遺産や各国の町並みを写した写真集を置いてます」
そういった差別化をしないと、魅力的な中型書店を作ることは難しいのではないでしょうか?

売れていないのは雑誌 書籍は景気に比すれば堅調
下図は、「本の販売、2兆円割れ確定」というニュースとともに載ったグラフに、07年の“書籍販売額”で赤いラインを入れたもの。書籍販売額が08年、09年と下がっているのは事実です。しかし、00年からの流れから見ると相応の売れ行きだと思います。


次の図は、出版科学研究所のHPに掲載されているグラフで、販売額を月刊誌・週刊誌・書籍に分解したもの。これで見ると、問題は雑誌の売れ行きにあることが見えてきます。

この傾向は、マンガで特に顕著となります。
特に月刊誌の刊行ペースを考えると、連載漫画は話のテンポが非常に遅くなります。一話完結でない作品では「単行本でいいや」となるでしょう。だから、「コミックスは売れるのにコミック誌は売れない」という状況が出てくるのだと考えられます。

ただしマンガでも、「おもしろい作品がある」という注目を集める“きっかけ”がなければ売れません。
この“きっかけ”作りとして、様々な作家の作品の読める雑誌はまだ有力な媒体でしょう。逆に、“きっかけ”作りにならない雑誌はどんどん淘汰されていくことになります。ポータルサイトの中には立ち読みサービスを提供しているところもありますから、非常に厳しい競争状況にあると言えるでしょう。

話を書店の生き残りに戻すと、中型店舗でも、“きっかけ”作りとなるホームページを構築することが生き残りの術になるかもしれません。「今週の店長おすすめ」「文芸書担当が泣いた本」「コミック担当が選ぶ、次はコレだ」といった雑誌を超える“きっかけ”作りができていれば、総科的な品揃えであっても、他の店舗との差別化を図ることは可能でしょう。

「それならPOP広告を作ってるよ」という書店も多いでしょうが、POP広告はすでに一般的過ぎる手法となっています。何せ、出版社が本と一緒にPOP広告を送ってくる時代なのです。
商品棚を覗き込まないと読めないPOPから、一目で分かる品揃えによる差別化を模索するタイミングに来ているのではないでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
本の販売、2兆円割れ確定 09年、雑誌離れ加速
(朝日新聞 1/25付)

出版科学研究所(東京都)は25日、2009年の書籍・雑誌の取次ルートにおける推定販売金額が1兆9356億円だったと発表した。2兆円を下回るのは21年ぶり。前年と比べて4.1%、約820億円の減少。売り上げの6割近くを占めてきた雑誌は12年連続のマイナスで、推定販売部数も過去最悪の落ち込み率だった。売り上げ減を値上げで補っているのが実情だ。

雑誌の推定販売金額は1兆864億円。減少傾向が底を打つ気配はまったくないという。推定販売部数も6.9%減り、22億6974万部だった。平均価格は前年から3.3%上昇の495円で、値上げが読者離れを加速しているという指摘もある。

書籍の推定販売金額は、8492億円。ここ数年は「雑誌不況」といわれてきたが、09年は雑誌の3.9%減よりも悪い4.4%減となった。100万部を超えたのは、村上春樹著『1Q84』(新潮社)の「BOOK1」「BOOK2」と、出口宗和著『読めそうで読めない間違いやすい漢字』(二見書房)の2タイトルだけだった。

雑誌の価格上昇に対して、新刊の平均価格は下がった。前年より2.1%減の1146円で、デフレの深刻化による読者の低価格志向があるとみられる。

同研究所は「雇用環境が悪化し、可処分所得も減少したことが強く影響した。雑誌広告の激減により出版社の収益が悪化、創刊活動が停滞し、休刊誌が相次いだ。出版を取り巻く環境が一段と悪化した年だった」と分析している。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。