中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

省庁再編「子ども家庭省」を軸に検討 ・・・衆議院に『行政改革委員会』が無いのはおかしい

首相、参院選後に省庁再編検討 「体制古くなった」
(読売新聞 1/27付)

鳩山首相が27日、夏の参院選後に中央省庁再編に取り組む意欲を示した。子どもに関する施策を一元的に担う「子ども家庭省」の設置を軸に検討する考えだ。

首相は同日の参院予算委員会で、文部科学省所管の幼稚園と厚生労働省所管の保育所を統合する「幼保一元化」を実現するため、2011年の通常国会に関係法案を提出する意向を表明した。そのうえで、「省庁の体制が古くなっている部分があるので、省庁全体のあり方を見直していくことが必要だ」と述べた。

民主党は衆院選の政権公約(マニフェスト)に「省庁編成を機動的に行える体制を構築する」「『子ども家庭省』の設置を検討する」と明記している。内閣府などに「子ども家庭局」を設置した後、段階的に省への昇格を検討し、併せて他省庁の再編も行うのが首相の構想だ。再編の具体案としては、「担当分野が広いため閣僚の負担が過大だ」という指摘が多い厚労省の分割構想などが出ている。

衆議院に『行政改革委員会』が無いのはおかしい
政権交代の有無にかかわらず、国権の最高機関にして唯一の立法府に、恒常的に「官公庁の体制は現状が最適なのか?」と問い続ける委員会がないのはおかしいのではないでしょうか?

いまの霞が関になる前には『行政改革特別委員会』が置かれて中央省庁再編案が考えられましたが、ここから生まれた環境省は未だに中途半端。その後に、法律や予算の執行でやりくりして生まれた観光庁、消費者庁も今ひとつです。
合理的かつ高効率な「霞が関のカタチ」を定める手段として、特別委員会にも、法律のやりくりにも限界が見えたように思います。

特に危ういのが法律のやりくりで済ませてしまう場合で、「その瞬間、最も注目されている問題への処置」に止まってしまい、創設された省庁の存在意義まで揺れています。

民主党による省庁再編案には『食品安全庁』なる名前が出ているようですが、いまの消費者庁は「毒入り中国製冷凍ギョーザ事件」を受けて、消費者行政への関心が高まった成果として創設されたもの。食品安全庁など改めて設けることなく、消費者庁の食品安全担当部門を強化すれば済むはずです。にもかかわらず、食の安全を所管する新組織の名前が出るということは、消費者庁の存在意義が揺れている証拠でしょう。

トヨタ自動車の生産現場では、「目で見て問題がはっきりしない場合に、『5回のなぜ』を繰り返して、原因の向こうに隠れている『真因』を突き止めよ」と言われています。

日経ビジネスの『トヨタはどこまで強いのか』から引用すると、
――何かトラブルが起きた場合に、不具合の発生箇所だけに目を向けるのではなく、異常を引き起こしている真の原因、つまり「真因」にたどり着くまで、「なぜそうなったか」徹底的に考えよという意味だ。それにより再発防止につながる「対策」が取れる。きちんとした「対策」を取らず、異常発生箇所の「処置」だけで終わらせると同じ問題が繰り返される。・・・
・・・カンバンを増発するのはあくまで「処置」。増発したところで、カンバンはまた紛失するだろう。油でくっつかないようにケースの外に出して初めて「対策」となり、問題解決につながる。――

消費者庁が「処置」ではなく「対策」であったなら、食品安全庁などという名前は出てこないはずです。きちんと「真因」を追究して「対策」案を提示する主体として、『常任委員会・行政改革委員会』が必要なのではないでしょうか?
行政改革委員会があれば、予算委員会は、行政改革や行政組織のあり方を論ずることに時間を割かれることなく、もっと予算審議へ集中できるのではないでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
参考資料
衆議院に設置されている17の常任委員会
・内閣委員会
・総務委員会
・法務委員会
・外務委員会
・財務金融委員会
・文部科学委員会
・厚生労働委員会
・農林水産委員会
・経済産業委員会
・国土交通員会
・環境委員会
・安全保障委員会
・国家基本政策委員会
・予算委員会
・決算行政監視委員会
・議院運営委員会
・懲罰委員会

衆議院に設置されている7つの特別委員会
・災害対策特別委員会
・政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会
・沖縄及び北方問題に関する特別委員会
・青少年問題に関する特別委員会
・海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会
・北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会
・消費者問題に関する特別委員会
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。