中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、初の輸出世界一 09年、ドイツの大幅下落で ・・・早いところは中国離れしてるのに

中国、初の輸出世界一 09年、ドイツの大幅下落で
(共同通信 2/9付)

【ベルリン共同】ドイツ連邦統計庁が9日発表した2009年貿易統計(速報値)で、輸出額は前年比18・4%減の8032億ユーロ(約99兆円)だった。同庁が公表したドル換算は1兆1213億ドル。既に公表済みの中国は1兆2016億ドルで、前年まで首位のドイツを上回り、初めて輸出世界一の座が確定した。

中国には日米欧の主要メーカーが低コストの生産拠点として進出を続けており、「世界の工場」として躍進、存在感が一段と高まった。10年の国内総生産(GDP)総額で、現在世界2位の日本を超える経済大国となるとみられている。

ドイツの09年の輸出額の下落率は1950年以降で最大。輸入額も17.2%減の6671億ユーロで、同様に最大の下落率。欧州最大の経済規模を持つドイツは03年以来、輸出首位の座を維持してきたが、09年は金融危機の影響で欧州諸国向けなどが落ち込んだ。

ただ、最近のドイツの輸出は回復基調で、最大の要因は旺盛な中国需要。このため、今回の輸出世界一の逆転も「ドイツ企業の業績を支える中国経済が、好調な結果だ」(ドイツ産業連盟幹部)とし、冷静に受け止めている。

・・・早いところは中国離れしてるのに
生産拠点としての中国の強みは、「三低一高」(低賃金、低生産性、低付加価値、高エネルギー消耗)でした。

しかし、中国人の人件費はかなり高くなってきており、低賃金というメリットは無くなってきています。一人っ子政策で、ただ一人である我が子に教育費を出し惜しみするはずがなく、大卒中国人が増加。“大卒”という学歴に見合う就職活動が増えています。農村部からの農工民が代わって低賃金労働の担い手になっていますが、その賃金もいずれ上昇するでしょう。

中国企業の経営者も、輸出製品で求められる高品質を実現する品質管理体制への移行するため、低生産性による低賃金に甘んじていられる状況ではなくなっています。生産性の高い従業員を確保するために従業員を選別し、相応の待遇を用意できるよう、「安過ぎる仕事」は受けないという考え方をし始めています。

さらに中国政府の動きも、変わってきています。これまであらゆる分野に関して、法人税の減免等の優遇策で誘致を進めてきました。アパレルなど労働集約型の産業への誘致は典型。しかし、現在はその方針を見直し、ハイテク産業などに絞ってきています。「技術移転」「高付加価値、高賃金」が期待されるものにシフトしているわけです。

こうした中で、対応の早い企業は既にベトナムやラオスへ移り始めています。
もっとも、中国という国は人口・13億人の巨大市場とセットですから、低価格品の輸出から地産地消へ移っていくソフトランディングが期待できます。知的財産権や技術移転圧力、高コストな品質管理体制といったリスクを抱えつつも、「世界の工場」であり続けるでしょう。

中国に対して日本が長じることが出来るのは、知的財産権や品質管理です。それ故に、今回のTOYOTAの大規模リコールや小糸工業による強度偽装、東海道新幹線の人為ミスによる停電は実に大きな問題。「メイド・イン・ジャパン=絶対安全」を取り戻しましょう。
2年前に発覚したメラミン汚染粉ミルク問題を引きずっているような中国に、負けておってはならんのです。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
小糸工業、旅客機座席の強度偽装…世界で千機
(読売新聞 2/8付)

旅客機の座席メーカー「小糸工業」(横浜市)が、座席の強度や耐火性に関する検査結果の捏造など不正を繰り返していたとして、国土交通省は8日、業務改善勧告を出し、基準に適合したことが確認できた製品以外、新たな出荷を当面停止するよう指示した。

同社が不正な検査結果などを使って製造した座席は134種類で、日本を含む24か国計32社の約1000機で使用され、総数は約15万座席に上るとみられる。

国交省は、安全性の判断に特に必要な検査のうち1割程度をすでに終え、現段階で運航停止は必要ないとしているが、基準に適合しない製品が見つかる可能性もあり、その場合は運航に支障が出る場合もある。座席はボーイング社とエアバス社に納入されているため、米国と欧州の運輸当局と連携して安全性を確認する。

主な不正は(1)強度や耐火性など安全性の検査データの捏造や改ざん (2)部品の製造過程での書類の改ざん (3)国に届け出をしないまま実施していた設計変更――の3種類で、計13項目。このうち最も悪質だったのは、胴体着陸などを想定して座席に衝撃を与える「動荷重試験」。「16G(重力加速度)」の衝撃を加える必要があったが、16Gに満たなかったため、立ち会いの国交省の職員に、用意していた「合格データ」をコンピューター画面上で示していた。

中国でメラミン汚染粉ミルク72トン押収、廃棄せず使い回し
(ロイター 2/8付)

中国北西部で、有害物質メラミンの混入した乳製品が流通していたことが新たに明らかになり、乳製品工場が閉鎖された。

8日付のチャイナ・デーリーは、地元自治体からの情報として、寧夏にある乳製品業者が債務返済として受け取った汚染粉ミルク170トンを包装し直した上で販売していたと報じた。当局は72トンを押収したが、依然100トン近くが店頭に出ている可能性があるという。汚染ミルクの入手先は明らかになっていない。

2008年に中国で大きな社会問題となった汚染粉ミルク問題では、少なくとも子供6人が死亡、約30万人が治療を受けた。しかしその後も汚染ミルクを廃棄処分せずに使い回したとみられる事例が、過去数カ月だけでも複数見つかっている。

中国公安当局は今月に入って、有害物質のメラミンが混入したミルクや粉ミルクを取引したとして、乳製品業者3人を逮捕・訴追している。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。