中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム原発受注で日本勢敗退、戦略見直しも ・・・「友愛」「25%」、言った以上は実行せよ

ベトナム原発受注で日本勢敗退、首脳外交含め戦略見直しも
(産経新聞 2/9付)

日本が官民をあげて受注を目指していたベトナム中部ニントゥアン省の原子力発電所建設の第1期工事(原発2基)をめぐり、ベトナム政府がロシア国営の原子力企業ロスアトムに発注する方針を固めたことが9日までに明らかになった。軍事や資源協力を武器にしたロシアのプーチン首相のトップセールスで、フランス勢と日本勢を含めた三つどもえの争奪戦に競り勝った。日本勢は、韓国勢に敗れたアラブ首長国連邦(UAE)原発に続き、痛い“連敗”を喫した。

重電メーカーは「2期工事の受注につなげたい」(三菱重工業)と巻き返しを図るが、各国の首脳外交に比べ日本の力不足は歴然で、「オールジャパン」の戦略見直しを迫られそうだ。

日本やフランスの優勢が逆転したのは、昨年12月。ロシアを訪問したベトナムのズン首相とプーチン首相との間の原発建設の覚書の調印がきっかけだ。プーチン首相が原油・天然ガスや潜水艦販売を含めた包括提携を打ち出し、「これを機に流れが変わった」(電力関係者)。

一方、日本側は、日本原子力発電やメーカーや電力会社などが参加する日本原子力産業協会を通じた数百人規模の原子力技術の人材育成支援や政府開発援助(ODA)で攻勢をかけたが、及ばなかった。

環境規制強化で、世界的に原発が見直され、商機自体は拡大している。日本は、日立製作所・GE(ゼネラル・エレクトリック)連合、東芝・米ウェスチングハウス、三菱重工・仏アレバ連合、東京電力などが参加、官民一体の受注競争に参戦しているが、旗色は悪い。

日本勢は昨年12月末にも、アラブ首長国連邦(UAE)の原発受注で、韓国に敗退した。李明博大統領は直轄チームを率い、ムハンマド皇太子に電話攻勢をかける力の入れようで、再生エネルギー、造船、人材の政府間協定も締結した。

日本の武器は原発技術に加え運転管理ノウハウによる安全神話にあるだけに、電力会社の参加や首脳外交など総力戦が事態打開のカギになりそうだ。

・・・「友愛」「25%」、言った以上は実行せよ
放射性廃棄物の問題が残るとはいえ、地球温暖化の抑止を重視する立場なら、原子力発電所は石炭による火力発電所などよりもベターな選択。鳩山内閣が、総力を挙げて後押ししなかった理由が分かりません。

「友愛外交」「温室効果ガス25%削減」は、政治家・鳩山由紀夫の生命線でしょう? ロシアがプーチン首相を出してきたのなら、「あの『鳩山イニシアチブ』の日本国首相・鳩山由紀夫」が出てくるのが当然の対抗方法ではないでしょうか?

それでも、軍事技術などのロシアの魅力には及ばないかもしれません。
しかし、中国人労働者の賃上げ圧力が高まる中、ベトナムなどへ生産拠点を移したがっている日本企業もあります。ならば、「原子力発電所建設と工業団地誘致のセット販売」という売り込みもできたわけです。「原発も建って、外貨を稼ぎ出す就労先も増えることの魅力」は、軍事技術の移転を上回る商品となったのではないでしょうか?

「もんじゅ」を再始動させるのですよね? 同じ原子力発電でも、「日本はここまで、研究開発の射程に入っています」という差別化も可能だったでしょう。

ジャパネットたかたの社長からセールス方法を学んでは?
「日本製の原子力発電所! 地震に強いんです。何代も先の子どもたちが使えるんです。

皆さん! 「いまは良くても、大きな地震が来たらどうしよう」と不安に思っていませんでしたか? この日本製の原子力発電所! 地震の多い日本だからできた耐震設計。長く、長く使っていただける耐震設計。
高速増殖炉の研究も進んでいる日本ですから、放射性廃棄物の問題も解決できるんです。

大きな発電量が確保できたら、工場も動かしたいですよね? 安定した電力供給ができれば、優良企業の工場誘致にも有利。皆さんに、新しく働く場所を提供できるんです。

今なら日本が誇る優良企業、A社とB社の誘致もセット! しかも10年ごとの定期検査、原発運用の技術移転は日本政府が保証します!」

原子力発電所は、日本が国家的に進めてきた技術。もっと巧いセールスを考えませんか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
もんじゅ改造「妥当」…原子力安全・保安院
(読売新聞 2/10付)

1995年のナトリウム漏れ事故で運転を停止している日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、経済産業省原子力安全・保安院は10日、原子力機構が実施した改造工事や運営体制の見直しなどの安全対策は妥当であるとする評価をまとめた。

この評価を受け、原子力機構は近く、福井県と敦賀市に、運転再開に向けた協議の申し入れを行う予定だ。今後、原子力安全委員会での了承を経て、3月中の試運転をめざす。しかし、運転再開は、保安院が並行して審査を進めている耐震安全性の検証後にすべきだという意見もあり、運転再開への日程は流動的だ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。