中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年GDP 中国に抜かれず、日本が世界2位維持 ・・・対中ODAなど中国との関わり方の議論を

09年GDP 中国に抜かれず、日本が世界2位維持
(毎日新聞 2/15付)

内閣府が15日まとめた試算によると、2009年の日本のGDPは肉薄する中国を抑え、世界2位の座を維持した。09年の平均為替レートでドル換算した日本の名目GDPは5兆0,849億ドル(474兆9,240億円)となり、中国の4兆9,090億ドル(33兆5,353億元)を上回った。

10年は中国が日本を追い抜く公算が大きい。10年の名目成長率は国際通貨基金(IMF)が日本0.9%、中国10.3%、経済協力開発機構(OECD)は0.1%、10.0%と予測しており、1968年以来の米国に次ぐ地位から3位に転落する可能性が高い。

GDP、年4.6%成長 持ち直し裏付け、10~12月期
(毎日新聞・読売新聞 2/15付)

内閣府が15日発表した09年10~12月期の国内総生産(GDP)速報によると、物価変動の影響を除いた実質GDP成長率(季節調整値)は前期比1.1%増で、1年間続いた場合の年率換算では4.6%増となり、3四半期連続でプラス成長を維持した。米国を中心に輸出が伸び、設備投資が7期ぶりに増加に転じたことが要因で、国内経済の持ち直し傾向を裏付けた。

同時に発表された09年の実質GDPは前年比5.0%減と、統計を開始した55年以降最悪だった98年(2.0%減)を大幅に下回り、過去最悪を更新。名目も6.0%減と98年(2.1%減)を下回り最悪だった。

10~12月期のプラス成長を受けて記者会見した菅直人副総理兼経済財政担当相は「二番底懸念は少し薄らぎ、多少明るさが見えた」との認識を示す一方で、「まだ雇用や海外の動向など、楽観できない要素がある」とリスク要因を指摘。踊り場入り回避に向け、10年度予算の早期成立を図る考えを示した。

項目別では、輸出が前期比5.0%増と3期連続で増加。
GDPの6割を占める個人消費は0.7%増と、エコカー減税やエコポイント制度などの政策効果で自動車や薄型テレビの需要が増え、3期連続で増加した。
企業の設備投資は自動車やパソコンなどが好調だったため、1.0%増と7期ぶりにプラスに転じ、下げ止まりの兆しを見せた。
一方、国や地方による公共投資は1.6%減と、09年度1次補正予算の執行停止の影響もあり2期連続で減少。
住宅投資は3.4%減と、過去の住宅着工減の影響が残り、4期連続で減少した。

内外需の実質GDPへの寄与度は、内需が0.6%と7期ぶりにプラスとなり、外需の0.5%を上回った。

生活実感により近い名目GDPは0.2%増(年率0.9%増)と、7期ぶりにプラスとなったが、名目が実質を下回る「名実逆転」は続いている。
国内物価の下落基調を反映し、GDPデフレーターは前年同期比3.0%減と、過去最大の下落率となった。

市場予測上回る伸び 「踊り場」の懸念は消えず
09年10~12月期の実質国内総生産(GDP)は年率換算4.6%と3四半期連続のプラス成長で、市場予測を上回る高い伸びをみせた。内需と設備投資がともに7四半期ぶりにプラスに転換するなど「内需主導の自律回復につながる可能性」(津村啓介内閣府政務官)も出てきた。ただ、個人消費はエコカー減税など政策効果に下支えされている状態で、雇用・所得環境の改善は遅く、景気が「踊り場」を迎える懸念は依然として消えていない。

実質成長率は、内閣府が9日発表した民間エコノミスト39人の平均予測値3.46%を1ポイント以上上回った。しかし、法人企業統計など未発表の統計を織り込んでおらず、「慎重な判断」(津村政務官)が必要だ。

エコカー減税の自動車や、薄型テレビなどエコポイント制度の対象になっている家電以外の消費不振は深刻で、企業の価格競争も激化している。

国内の物価動向を示す内需デフレーターは前年同期比2.9%のマイナスで、7~9月期(マイナス2.8%)から下落幅が拡大。デフレの長期化が懸念される。

雇用・所得環境も深刻な状況が続いている。完全失業率は12月も5.1%と5%台で高止まりし、10~12月期の「名目雇用者報酬」も前年同期比4.5%減で5期連続でマイナス。過去2番目のマイナス幅で、収入の落ち込みが消費マインドを冷やす構図も変わらない。

雇用・所得環境の改善が見込めない以上、内需主導の本格回復を楽観する状況にあるとはいえない。【秋本裕子】

1年延びただけ 対中ODAなど中国との関わり方の議論を
GDP(=Gross Domestic Product:国内総生産)とは、「一国経済で、1年間に、新に生み出されたモノやサービスの生産額(付加価値額)の合計を、市場価格で表したもの」。

GDPは属地主義の経済指標ですから、日本の消費者市場の規模が大きくならない限り、中国に勝てないことが確定している指標です。1億2000万人による消費支出額と13億人の消費支出額では、「日本人が中国人の10倍の贅沢をして暮らす」ということでもしない限り、勝負になりません。
09年に残った1,759億ドルの差は、10年には立場が逆になって数倍の差を付けられるでしょう。

今のうちから働きかける必要があるのは、国際舞台における中国の立ち位置の是正です。国連予算分担金やPKOなどに対する中国国軍の関わり方、中国の周辺国への姿勢など、課題はかなり多岐にわたります。

日中間に限ると、1979年から日本が継続している「対中ODA」のあり方にも再考が要ります。
このままでは、「GDPで上回る国を、下回っている国が援助する」という奇妙な関係を作り出すだけです。対中ODAは、継続するなら継続させるだけの価値・理由を厳密に問われる段階にあります。

例えば「日本製品に対する関税率を優遇的に下げさせる」「日本企業の現地法人にかけられる中国の課税率を下げさせる」「日本発のコンテンツは検閲なし。少なくとも、検閲基準を事前に明らかにして共有する」など、「中国の繁栄=日本の繁栄」という関係を緊密かつ強化させなければ、対中ODAは、日本にとってはムダな資金流出でしかありません。

「中国に抜かれなくて良かった」で済ませるのではなく、「中国市場の取り込みにつながるものは、すべてで手を抜くことなく、しっかり日本への見返りにつなげる」ということを、より真剣に考える必要があるでしょう。

◆国連通常予算分担金(2009年)
1位:米国・・・・・598.3百万ドル
2位:日本・・・・・405.0百万ドル
3位:ドイツ・・・・ 209.0百万ドル
4位:英国・・・・・161.8百万ドル
5位:フランス・・ 153.5百万ドル
 ・
 ・
 ・
9位:中国・・・・・ 65.0百万ドル

◆日本の対中国ODA(2007年・単年度実績)
円借款(円による貸付)・・・463.02億円
無償資金協力・・・・・・・・・・ 14.49億円
技術協力・・・・・・・・・・・・・・ 37.08億円

◆日本の対中国ODA(2007年までの累計)
円借款(円による貸付)・・・3兆3,165億円
無償資金協力・・・・・・・・・・   1,510億円
技術協力・・・・・・・・・・・・・・   1,638億円

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。