中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPS細胞、遺伝子やウイルス使わずに作成 ハーバード ・・・抗がん剤で、がん細胞からiPS細胞

iPS細胞、遺伝子やウイルス使わずに作成 ハーバード大学
(毎日新聞 2/24付)

遺伝子やウイルスを使わずに医薬品を投与して、がん細胞のもとからヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ることに、米国・ハーバード大学の森口尚史研究員らが成功した。医薬品の投与のみで作成したのは初めて。ウイルスが細胞内にある遺伝子を傷つけるなどの弊害を回避できる可能性がある。23日、東京都で開催中の国際会議で発表した。また、大学は特許出願の手続きを始めた。

iPS細胞はさまざまな細胞になるが、がん化が課題になっている。チームはその仕組みを探る一環で、肝がん細胞の元である「肝がん幹細胞」に、2種類の抗がん剤の新薬候補物質を加えたところ、2日後にはほぼ正常な肝細胞に変化することに気付いた。

また、この肝細胞に、山中伸弥・京都大学教授が発見した遺伝子の働きを活性化させる別の抗がん剤4種類を4日間投与すると、2週間後にiPS細胞ができることを発見した。

元の肝がん幹細胞は多くの染色体に異常があったが、iPS細胞になるとすべて正常化し、iPS細胞と同じように分化することも確かめた。肝がん幹細胞を肝細胞に戻した方法を応用すると、新しいがん治療薬の開発につながる可能性があるという。

遺伝子などを使わないヒトiPS細胞作成法としては、米国の別チームが、山中教授が発見した遺伝子が作るたんぱく質を体外で作り、細胞内に入れる方法で報告している。

・・・抗がん剤で、がん細胞からiPS細胞を生成
がん化した細胞をiPS細胞を経由して正常化させるとは、何とも実用的な研究成果。
この理屈だと、抗がん剤を打つ順番によって、がんを根治させる可能性が出てくると言うことでしょうか? 薬剤投与だけで済むなら、がんに侵された臓器を切除する大手術を回避できるようになり、がん治療は大きく変わってきます。

と言うより、ハーバード大学チームの発想がすごい。
正常な細胞をiPS細胞に変えるにあたって、常につきまとってきた「細胞のがん化リスク」。そこを、「がん細胞から出発して、iPS細胞を経て正常な細胞にしよう」という柔軟性。さらにこうしたアプローチを思い付くだけでなく、実験へGOサインを出す大学も大学。さすが、英国のTIMES紙が毎年発表している「世界の大学ランキング(The Times Higher Educations-QS)」で、総合1位をキープし続けている大学です。

理系の最先端は、おもしろいですねぇ。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆自分の組織でiPS培養、山中教授ら実用化に一歩 ・・・ヒトの成人で成功した大きい一歩(09/12/02)

◆200倍の効率でiPS細胞作製、米国研究所 ・・・日本は名誉だけで撤退ですかねぇ(09/10/21)
↑米国スクリプス研究所(シェン・ディン准教授ら)
◆iPS細胞研究 米国グループが、ヒトの細胞でも「ガン化防止」生成成功(09/05/31)
↑米国ハーバード大学など(金洸秀准教授ら)
◆米・独チーム、遺伝子使わずにiPS細胞を生成 ガン化リスク低減に成功(09/04/24)
↑米国スクリプス研究所と独国マックスプランク分子医薬研究所
◆iPS細胞の研究競争、すでに米国がリード 山中教授、日本は米国に「1勝10敗」(09/04/19)
↑米国国立衛生研究所、米国ニューラルステム社、米国ジェロン社など
◆山中教授の研究チームが、ウイルスを使わない「万能細胞」の作製に成功(08/10/10)
↑京都大学の山中伸弥教授
◆ヒトの皮膚から心臓が作れる?再生医療 今日の本:『生物学個人授業』岡田節人、南伸坊(07/11/21)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。