中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ ・・・本当に、部下の育児休暇取得の環境整備か?

東京・文京区長、2週間の育児休暇取得へ
(読売新聞 3/11付)

東京都文京区の成沢広修区長(44)は、長男誕生に伴い、4月に約2週間、公務を休む考えを11日、明らかにした。

男性の育児休暇取得が進まない中、「トップが休むことで、職員に取得を促したい」としている。区長など特別職の育児休暇は制度化されておらず、自主的な休みになるという。

区によると、公務を休む期間は4月3~15日。2月に長男が誕生し、今月、区議会や区側に「育児のため休む」と伝えたという。

区は「特別職には休暇の概念がなく、自主的に休むことになる」としている。同区の男性職員の育休取得は現在、0%という。

成沢区長は11日朝、区役所で報道各社の取材に、「結婚9年目にやっと子供ができた。妻の負担を軽減するとともに、職員に対し(育児休暇を取っても)キャリア面でのロスはないと伝えたい」と話した。休暇中に予定されている区議会特別委員会には「求められれば出席する」としている。

成沢区長は1991年、25歳で文京区議に初当選。区議会議長などを経て2007年4月に区長に初当選した。

※育児休暇・・・民間企業の場合、育児・介護休業法で、原則的に子供が1歳になるまで認められている。「地方公務員の育児休業等に関する法律」は、同様に子供が3歳になるまで取得できるとしているが、区長など特別職は対象外。

・・・間違ってはいないが、正しくもないのでは?
育児休暇が取りやすくなる必要はあると思います。けれども、東京都文京区長は「有権者が選挙で選んだ、行政権限の代行および行政府の取り締まりを託された行政府長」。その公的職務は、一個人の私的権利を、凌駕するのではないでしょうか?

地方自治体の行政府長には、直接選挙で選ばれた人物が就任します。
なぜならば、行政府は、しばしば庶民から見て理不尽な強権を発動する組織だからです。行政府の長を事務官の持ち回りとしては、組織の論理を重視する内向きの役人集団になりかねません。しかし、行政府長が有権者の代表であれば、有権者の視点に立った人物によるトップダウンの意思決定が期待されます。

行政府の権限範囲は、警察や消防、行政代執行ばかりではありません。生活保護の受理・不受理の決定から、健康保険の納付・給付の決定、一般ごみ・資源ごみの収集、上下水道料金など広範にわたります。

本来の権限を超えた好例として、沖縄県名護市があります。
同議会は先日・8日に『普天間飛行場代替施設のキャンプ・シュワブ陸上案の検討に反対する意見書』を決議。稲嶺進市長も、意見書と抗議決議可決後の施政方針演説で「辺野古の海にも陸にも新たな基地は造らせない信念を最後まで貫く」と主張し、国の専権事項であるはずの安全保障問題へ大きな影響力を示しています。

こうした動きができるのは、市議会議員や市長が、有権者の声を背景にしているから。ここにこそ、行政府の長が役人の持ち回りによる事務長ではなく、選挙で選ばれた有権者代表である組織構造の意義があると考えます。

2週間、不在の区長の公文書が飛び交う区役所
複数人の取締役からなる取締役会を組織している企業であれば、その代表取締役が次席を決めておいて、一定期間の間は代表代行とすることも可能でしょう。部課長であれば、より上級の上司へ決裁を仰ぐようにするなどして、育児休暇中の部署長の職務を補うことも出来るでしょう。

しかし、行政府長を同じように考えて良いのかは大いに疑問です。

実態として、生活保護申請の受理などの職務は窓口担当と担当部署で完結しており、市区町村長のところに上がってくるときは結論の報告のみ。地震や津波発生などに応じた緊急連絡・緊急出勤ができれば、粛々と、日常業務は遂行されていくのかもしれません。

とはいえ、住民税額や健康保険料額などの各種通知書には、市区町村長の署名がなされています。印刷されたものであろうとも、署名があるということはその責任を負っているということ。市区町村長が不在の間でも、市区町村長の署名の入った公文書が飛び交うというのは、「有権者代表の市区町村長は不在でも良い」としているように思われてなりません。
東京都文京区の成沢区長の決断は、ほんとうに正しかったのでしょうか?

本当に、部下の育児休暇取得の環境整備となるか?
もし、「A係長の妻が子どもを産んだため、区長命令により、A係長に2週間の育児休暇を取らせた。その2週間の間、A係長の決裁事項はB課長補が代わって決裁するよう指示した」というのであれば、何も文句は言いません。また「育児休暇は取るものだ」という職場雰囲気を作ることが目的なら、これで十分であるように思います。

育児休暇を推奨する市区町村長の振る舞いとは、「自分が育児休暇を取得する」のではなく、「部下に取るよう命令し、また取れるように環境を整える仕組みづくり」となるのではないでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
国家首相の育児休業 イギリス
(京都経済新聞 00/5/22付)

「英首相が伊大統領との会談を拒否した」──と、この14日、英紙が伝えた。
すわ、英伊間で国家間紛争勃発か、とおもいきや、その理由は「近く生まれるブレア首相第4子の『育児休暇』」。イタリアの国家元首である大統領が訪英するのは初めてのことだけに、伊外交筋は「育児休暇理由の拒否とは常軌を逸している」と憤慨しているという。

ブレア首相の妻シェリー・ブースさんは弁護士で、勤労者の出産休暇権拡大に熱心なことで知られる。労働党首であるブレア首相はその“家庭内圧力”を受けて、妻の出産前後には「勤務時間を減らす計画がある」ことを明らかにしていた。が、ついに国家間問題に発展することになった。

ブレア首相は「家庭サービスの時間中は国家の一大事が起きても電話に出ないのかという問いはばかげている」と語っているという。一方で、歴史的な訪問をそでにされたイタリア側の当惑も分かる。

国家のリーダーに「家庭か国家か」という問いをするのはナンセンスとしても、「家庭」の重みがここまで増し、「国家」がここまで軽くなったことに感慨を禁じ得ない。

考えてみれば欧州諸国は今、国家解体の真っ最中だ。統合通貨ユーロは欧州連合を着実に“欧州国”に変身させつつある。ブレア首相は英国のユーロ参画を前倒し推進しようとしている張本人だ。「国家首相といっても実は州知事程度の重みなのだよ」という暗黙のメッセージを発しているようにも見える。

もう一つのメッセージは家庭内の男女の役割についてだ。出産そのものは女性にしかできないが、「育てるのは両性の役割」という通念が今後とも強くなっていくであろうことを、ブレア首相の育児休業は予感させる。
数年前、男性が子どもをおんぶして出勤して騒動を起こすというテレビドラマがあったが、来年当たりブレア首相が第4子をあやしながら党首討論に臨む姿を拝めるかもしれない。時代はそこまで来ている。(本紙編集長・築地達郎)

英国外相が“育児休暇” 養子を迎えて
(産経新聞 07/10/30付)

【ロンドン=木村正人】英国のミリバンド外相夫妻が2番目の養子(男児)を迎えることになり、同外相は29日から “育児休暇”に入った。同国では、ブレア前首相も2000年に第4子が誕生した際、約2週間の休暇を取っており、“育児休暇”制度が定着している。

同外相夫妻は04年にも米国の男児(現在2歳)を養子として迎えている。休職期間は明らかにされていない。

同外相は30日、サウジアラビアのサウド・ファイサル外相と同席する会議でスピーチする予定だったが、両外相とも欠席。英国側はハウエルズ外務担当閣外相が代理を務めた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。