中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当法案、衆院通過 ・・・外国人の海外に残してきた子も受給対象のまま

1735万人に月1万3千円 子ども手当法案、衆院通過
(中日新聞 3/17付)

子ども手当法案が16日に衆院通過した。年度内に成立する運びだが、受給要件を整理してみると―

中学卒業まで支給される子ども手当の対象は、1735万人が見込まれている。

現行の児童手当と同様に6月、10月、2月の年3回に分けて支給される。6月の支給額は4、5月の2カ月分で、1人につき2万6000円となる。

これまで児童手当を受給していた家庭(対象1239万人)は、6月に2カ月分の子ども手当と、2、3月の2カ月分の児童手当が同時に支給される。

受給するには、児童手当の受給者以外は、新たに市町村に受給の認定を請求する必要がある。手続きは法案成立後、居住する市町村ごとに行われる予定。6月の支給までに手続きができなかった場合でも、9月末までに認定手続きを行えば、4月にさかのぼって支給される。

受給要件は日本在住の上(1)子を養育者として「監護」し、「生計」を共にする父か母(2)父母に監護されない子を監護し、子の生計を維持している人―とし、外国人も受給可能で、子の居住国は要件がない。両親が海外在住の際は、子の養育者の日本在住が条件となることから、子が日本にいても受給できないケースも出る。

また両親が日本にいても、児童養護施設に子が預けられている場合、監護者として認められず、受給できない。児童養護施設にいて支給対象外になる子は約5000人いる。これらの子には、子育て環境整備を目的に、国の助成で都道府県に設置してある「安心こども基金」を財源に、同額分を支給する方針だ。

高所得者への支給に批判があることを踏まえ、受給対象者から事前に申し出があった場合、市町村へ寄付できる仕組みも盛り込んでいる。

・・・外国人の海外に残してきた子も受給対象のまま
日本には、ブラジルや東南アジアなどから多くの出稼ぎ労働者や研修生、留学生が来ています。

政府与党が通した法案では、子ども手当は「親が日本国内に住所を有するときに支給され、子の居住国について要件はなし」。つまり、母国に5人、6人と子どもを残して日本へ来ている外国人労働者も、勤め先の給料とは別に子ども手当を受け取れることになります。2010年度は月・6万5000千円、月・7万8000円ですが、11年度からは13万円、15万6000円です。

厚生労働省児童手当管理室は、「自治体や受給者など現場の混乱を避けるため、児童手当と似た制度にした」と説明しています。1972年に制度ができた児童手当は、当初は日本国籍を有する者に受給者を限定していましたが、国籍による差別をなくす国際化の流れの中で82年に撤廃されています。

いかにも、児童手当の延長と考えれば道理が通りそうな気がしますが、「母国に5人の子どもを残してきた日本に住んでいる外国人が、日本国の税金から、13万円の不就労収入を得る」という結果は、かなり違和感があります。

民主党が手本にしたフランスはEU圏内に限定
欧米の社会福祉に詳しい立命館大産業社会学部の深沢敦教授は「そもそも無条件に海外に居住する外国人の子どもまで手当を支払うのは国際的に異例」と指摘。民主党が制度の参考にしたフランスでは、外国人の場合、子が国外に住んでいるケースでは支払わず、“例外的”に欧州連合(EU)加盟国など30カ国の人に限って支給するという措置をとっています。

また現場からは、既に制度悪用を危惧する声が上がっています。アジアから研修生を受け入れる中部地方のある団体の責任者は、「悪徳ブローカーが現地で『子どもが5人いることにすれば何もしなくても大金が入ってくる』と動きだしている」といううわさ話を研修生から聞き、「そんなはずはないと思ったが、制度を調べて驚いた」と話しています。

外国在住の子どもがいる場合、公的機関が発行した書類や、子どもへの送金記録などが申請時に必要ですが、岐阜市の担当課は「書類が精巧に偽造されていれば見抜けない可能性はある」と漏らしています。

政府与党案には「属地主義」の貫徹が欠けている
フランスが、「原則、子が国外に住んでいるケースでは支払わない」となり、日本の民主党が、「子が国外に住んでいるケースでも支払う」となる理由はどこにあるのでしょうか?

まず理由の1つは、制度運用をする政府官僚の怠慢です。
「自治体や受給者など現場の混乱を避けるため、児童手当と似た制度にした」と厚労省は説明していますが、「世帯の同居者が一覧できる住民票ベース」で考えれば、大して混乱はしないはずです。また、自公政権が行った定額給付金の時に、DVでシェルターへ避難している母子への対応も実践済。厚労省の説明は、理由になっていない説明です。

2つ目の理由は、「属地主義」と「属人主義」の不貫徹。
地方自治法が定める、地方自治に求める地方行政サービスは、基本的には「属地主義」を採っています。属地主義だから、「大阪市に生活保護申請者が集中して困る」などといった事態が起こっているわけです。また、日本は納税において「属地主義」を基本としており、義務と権利の関係から見ても、「日本国外に居住する子へは支給しない」とすることは筋が通る話です。

「名古屋市民から税金を集めて、名古屋市民のために使う」という考え方は、「名古屋市民から税金を集めて、名古屋市民だけでなく、ブラジルに住む子どもへも送金する」という考え方よりも分かり易いでしょう。
シンプルに考えられるということは、制度設計も容易であるはずです。マイクロソフトの日本法人が子ども手当事務を無料支援することを表明しており、民主党が支給開始の目安としている6月に向けて、今からでも新システムを構築することは可能なのではないでしょうか?

「納税が属地主義なのだから、行政サービスも属地主義」は、どの国であろうとも貫くことが出来る原理原則です。

政府与党案に、一つ地雷を進呈しましょう
インドの一部、ナイジェリア、ネパール、ブータン、スリランカ、モンゴル、アフリカやアメリカ州の一部は、一妻多夫制や多妻多夫制です。夫の内の一人が日本へ出稼ぎに来ている間に、現地に残っている夫と妻の間に新しく子どもが生まれることがあり得ます。

さて、この子どもは、日本の子ども手当の支給対象でしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
子ども手当事務を無料支援 マイクロソフト
(共同通信 3/15付)

米マイクロソフト(MS)の日本法人が、子ども手当に対応する費用負担が重い小規模自治体に対し、関連事務作業を支援するプログラムデータを無料で提供することが15日、分かった。同社の表計算ソフト「エクセル」と組み合わせて使うデータで、16日にも提供を始める。

対象は人口1万人以下、職員100人以下の自治体。全国に約400あり、うち40自治体以上の利用を目指す。大手ソフト会社としての社会貢献とともに、同社製ビジネスソフトの性能のよさをアピールし、さらなる普及につなげたい考えだ。

提供するのは、表計算ソフトを特定の目的で使いやすくする「テンプレート(ひな型)」のデータで、同社ホームページからダウンロードできるようにする。自治体が独自にシステムを開発する場合、150万~300万円ほどかかるとみられるが、それらが不要な上、導入のための時間も少なくて済むという。

このテンプレートは、住民基本台帳などから住民のデータを移し、対象者リストを作成する。対象者の受け取り資格の有無、支払い記録などの管理や、国や都道府県への報告書作成が可能となる。詳細なマニュアルも付属している。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。