中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京大ベンチャー企業が電気自動車生産へ ・・・工科大学も参入すると市場が面白くなる

京大ベンチャー企業が電気自動車生産へ
(産経新聞 3/29付)

京都大の最先端科学技術を事業化するベンチャー企業、ナノオプトニクス・エナジー(京都市左京区)が、鳥取県米子市で電気自動車(EV)の生産に乗り出す。29日午後、平井伸治知事らと工場進出にかかわる協定に調印する。大手自動車メーカー以外が、EVの量産に乗り出すのは初めて。ベンチャー企業によるEV生産は新規ビジネスの可能性だけでなく、地域振興の波及効果も期待されている。(阿部佐知子)

参入容易、差別化カギ
ナノ社が工場を構えるのは、日本たばこ産業(JT)が撤退する米子工場の跡地約7万4千平方メートル。7月をめどに買い取り、来年3月の稼働を目指す。

ナノ社は平成17年に設立。天体望遠鏡用レンズの研究開発などを手がけてきたが、実際に製品の製造や販売を行うのは初めて。

同社は、慶応大のEV研究を事業化したベンチャー企業のシムドライブ(東京都千代田区)に出資し、量産モデルを共同開発。今後、高級乗用車タイプを生産する計画で「大手自動車メーカーとはデザイン面などで差別化を図る」という。

世界的な環境意識の高まりで、エンジンとモーターを併用するハイブリッド車(HV)やEV、電動オートバイなど電動自動車の市場規模は年々、拡大。調査会社の富士経済は、2015年に世界市場は約12兆1465億円と08年の約6倍の規模になると予測する。

町工場発の電気自動車市場参入も
電気を動力とするEVは、ガソリン車と比べて構造が簡単で部品数も半分以下ですむため、異業種や大手メーカー以外の参入が進むとみられる。

大阪府守口市の機械メーカー、淀川製作所など4社で構成する「あっぱれEVプロジェクト」は、「ご当地EV」をコンセプトに製作。約半年かけてオリジナルのEV「Meguru」を完成させた。4社はそれぞれの技術を生かし、デザイン、設計、製作などの作業を分担。特にデザインを重視し、和紙や竹などのイメージを車体に取り入れ、個性的な自動車に仕上げた。注文次第で販売や量産体制も整えていくという。

大手自動車メーカーと生産規模や販売体制が異なるベンチャー企業などがEV事業を軌道に乗せるには、特色を打ち出したり、購買層を絞ったりすることがカギとなる。淀川製作所の小倉庸敬社長は「EV生産は町工場でもできる。いろんな地域で個性的な『ご当地EV』生産が進めば、地域活性化につながるのでは」と話している。

・・・工科大学も参入すると市場が面白くなる
このブログでは、昨年に書いた『中国が初のCO2削減数値目標「GDPあたり45%削減」 ・・・総排出量では6~8割増加という目標』において、電気自動車は設計・製造が簡易であり、かつての『ビッグ3』のような大手企業でなくとも、中小企業、『リトル・ハンドレッド』が参入できる分野であることに触れました。

実際、霧状にしたガソリンの爆発を推進力に替えるエンジンと、そこそこの電圧による電流で動く電気モーターは、部品に求められる性能もかなり違ってきます。また部品数は、ガソリン車に比べると電気自動車では3分の1程度に減少。自動車の仕組みも、「自動車と言うより、走る家電と考えた方が良い」という指摘もあるように、根本的に異なる設計思想で作ることが出来ます。

充電の規格統一などの問題はありますが、実は、参入障壁が非常に低いのが電気自動車産業。極端な例示としては、電気モーターで動いているゴルフカートを公道仕様へ改造して、「はい。電気自動車です」と売り出している韓国企業もあります。

ガソリン車では機構の省略が出来ずに不可能なデザインも、部品数が少ない電気自動車では可能になります。例えば、車両のホイール内部にモーターを内蔵してタイヤを直接駆動する「インホイールモーター」を採用すると、もはや車本体の形は何でもアリです。

個人的には、自由度の高い電気自動車市場に、工科大学発のベンチャー等が参入すると面白くなってくると考えています。ホリエモンこと堀江貴文氏は大学在学中にIT企業を起こしましたが、大学在学中に電気自動車会社を設立することは夢想ではないでしょう。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆中国が初のCO2削減数値目標「GDPあたり45%削減」 ・・・総排出量では6~8割増加という目標(09/11/27)
◆電気自動車で東京―大阪を無充電走行、記録555.6km ・・・市民団体の制作でもここまでできるEV(09/11/18)
◆「静かすぎて危険な車」人工音を義務付けへ ・・・何か、向かってる方向が違わないか?(09/10/17)
◆米国の「バッテリー交換式電気自動車」が日本へ参入 「電池=充電」ではなく「電池=交換」という発想(09/8/28)
◆国内初の電気自動車タクシー、松山で8月にも誕生へ やっぱり来ましたね『電気自動車タクシー』(09/7/2)
◆関西で電池産業の集積加速「国際競争激化に備え」 スマートグリッド、ビークルグリッドの発信地へ(09/6/21)
◆三菱自動車が電気自動車の量産開始 実質価格・299万円で『i-MiEV』を投入(09/6/5)
◆米国電気自動車、新興2社が来年にも日本参入(2) 電気自動車がもたらす産業構造変革(09/4/7)
◆米国電気自動車、新興2社が来年にも日本参入(1) 日本メーカーの電気自動車は?(09/4/7)
◆エネルギー革命への一手(1) 東京都心の地下駐車場で、電気自動車の急速充電設備の実証実験開始(08/9/17)
◆TOYOTAが環境戦略を発表「すべての車を電気自動車へ」 電力会社も化石燃料依存からの脱却を(08/6/11)
◆石油高騰(1) 進む『脱・石油』技術開発(08/1/15)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。