中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経団連、早期に消費税10%に 成長戦略を発表 ・・・手荒ながらインフレは起こせる

経団連、早期に消費税10%に 成長戦略を発表
(共同通信 4/13付)

日本経団連は13日、「豊かで活力ある国民生活を目指して」と題する成長戦略を正式に発表した。社会保障の安定財源確保に向け、消費税率を2011年度から2%ずつ上げて早期に10%とするよう提言。20年代半ばには最低でも欧米諸国並みの10%台後半にする必要があるとした。

この日は経済同友会も高齢化を見据えた「長寿立国」などを柱とする成長戦略を発表した。両団体とも成長を続けるアジアの活力を取り込むことを提案。政府は6月をめどに成長戦略や中期財政フレームをまとめる予定で、経済界の主張の反映を強く求めていく考えだ。

経団連の成長戦略は、消費税率の引き上げとともに、所得税の各種控除の見直しも提言。低所得者層には生活必需品の消費税定額還付などで負担軽減を図るとしている。一方で企業の国際競争力維持のためとして法人税の実効税率を国際水準の30%に引き下げることを要請している。社会保障・税共通番号の早期導入も求めている。

・・・手荒ながらインフレは起こせる
物価の下落が続くデフレ(デフレーション)に対して、理由は企業利益であれ、消費税であれ、商品・サービス価格を上げさせれば物価を上げるインフレ(インフレーション)を起こすことになります。

デフレは、物価の下落問題であって、消費量の縮小を意味しません。消費量が増えても、物の値段が下がればデフレです。

消費量が増えているのに物の値段が下がると言うことは、それだけ人件費を削ったか、企業収益を圧縮したか、中間マージンで生計を立ててきた卸売・流通業をカットしたか、材料や製造に求めるレベルを落としたか、外国から安い商品を仕入れるようにしたか。いずれにせよ、日本発信の技術革新により飛躍的に生産性が上がったというのでもない限り、日本国内労働者にとっては良い話である可能性は少ないことが想像されます。

「物価が上がっても、消費量が下がっては意味がない」
この言葉は正しく、だからこそ、企業にとって『値上げ』という選択肢は顧客離れのリスクをともなう難しい選択。顧客が離れるかもしれない『値上げ』より、社員・アルバイトを酷使する結果の『値下げ』の方が楽なわけです。

税金の制度設計でも同じであり、消費税率を上げた結果として大きく消費量を減らしてしまっては、税収は横ばいか減少。その上に、選挙で有権者から総スカンを食らうかもしれないとすれば、政権与党にとっても消費税率を上げるには度胸が要ります。

とどのつまり、「値上げをする度胸を持っているのは誰なのか? 企業? 与党?」というのが、いまの日本国経済の姿です。

外堀は、とっくに埋められてしまった
2010年4月の日本国にとって、多額の国債に少しでも縮小のめどを立てるため、消費税率の引き上げは避けられません。
なぜなら、事業仕分け第1弾を経ても2010年度本予算が戦後最大になったように、「今年度の本予算は国債返済も含めて、50兆円でやり繰りする」といったことを断固にやり抜く大うつけが内閣総理大臣に就こうとも、国債残高900兆円という現実は変わらないからです。

2010年4月の日本経済にとって、商品の値上げはやむを得ない状況となってきています。
鉄鉱石は昨年度比でほぼ2倍、石炭は1.5倍の価格へ引き上げられますから、この価格転嫁をしないと大型倒産を招くことになりかねないからです。個人の副業より個人事業、個人事業より中小企業、中小企業より大企業の方が圧倒的に収益性は高いため、資源高による大企業の倒産という事態は避ける必要があります。

「法人税率の引き下げと引き換えに、消費税率の引き上げ」という経団連の主張は、どうかと思います。鮎滝は、「政府にそのような進言をするより、企業収益を上げて、社員給与を上げて、低率でも多額の法人税・所得税を納めるような経営をするのが経団連の仕事だろう」と考えるからです。

ただし、仙石国家戦略担当大臣による呼びかけだけではなく、鳩山内閣総理大臣が「みんなから嫌われる覚悟」を決める必要がある点では意見が一致していると思います。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。