中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども手当:韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組 ・・・政府の制度設計が甘いとこうなる

子ども手当:韓国人男性が554人分申請 孤児と養子縁組
(毎日新聞 4/24付)

兵庫県尼崎市に住む50歳代とみられる韓国人男性が、養子縁組したという554人分の子ども手当約8600万円(年間)の申請をするため、同市の窓口を訪れていたことが分かった。市から照会を受けた厚生労働省は「支給対象にならない」と判断し、市は受け付けなかった。インターネット上では大量の子ども手当を申請した例が書き込まれているが、いずれも架空とみられ、同省が数百人単位の一斉申請を確認したのは初めて。【鈴木直】

尼崎市こども家庭支援課の担当者によると、男性は22日昼前に窓口を訪れた。妻の母国・タイにある修道院と孤児院の子どもと養子縁組をしていると説明し、タイ政府が発行したという証明書を持参した。証明書は十数ページに及び、子どもの名前や出生地、生年月日などが1人につき1行ずつ書かれていた。担当者が「養子はどの子ですか」と聞くと「全員です」と答え、男女で計554人と説明したという。

男性には実子が1人いる。子ども手当は月額1人につき1万3000円(10年度)で、計555人分が認められれば、年間8658万円の手当が支給されるが、厚労省子ども手当管理室は「支給はあり得ない」と言う。

今回のようなケースについては、国会審議で野党から問題点として指摘されていた。手当の支給要件は
(1)親など養育者が日本国内に居住している
(2)子どもを保護・監督し、生活費などを賄っている
――の2点だけ。

母国に子どもを残してきた外国人にも支給されるうえ、人数制限もなく、機械的な線引きが難しいためだ。
こうした盲点を突かれ、ネット上では「100人を養子縁組しても手当はもらえる」といった書き込みや批判が絶えない。同省は今月6日、ホームページに「50人の孤児と養子縁組をした外国人には支給しない」と記したものの、根拠は「社会通念」とあいまいだ。何人以上なら不支給という明確な基準はなく、同様の申請が各地で続発しかねない状況となっている。

尼崎市の男性は、子どもへの送金証明や面会を裏付けるパスポートのコピーなど外国人に求められる書類をそろえており、事前に調べてきた様子がうかがえた。市の担当者は「可能ならもらおうという意欲を感じた」と話している。

・・・政府の制度設計が甘いとこうなる
養子554人分の子ども手当を受給できると考えて、ノコノコとやってくるこの男もどうかしています。養子100人や養子50人、養子10人でも、窓口担当が不正かどうかの疑いを持つには充分であり、そのような不正申請は排除されるでしょう。

けれども、仮に申請してきた養子人数が5人であったら、不正かどうかの判別は困難だったかもしれません。5人分であっても、一人あたり1万3000円で7万5000円、満額支給が実現すれば2倍の13万円の不就労所得となります。

児童手当の延長で始まった子ども手当ですが、日本に出稼ぎに来ている外国人労働者の国内事情を真剣に想像すると、運用面だけでカバーすることの難しさが見えてきます。

日本は幸いにも、この60年間、大きな戦争に巻き込まれたことがありません。
しかし、戦闘行為をともなう紛争や大きな災害に巻き込まれた途上国は多く、そうした母国における生活苦から抜け出すために、日本へやって来た方々もおられます。親友の子、恩師の子、隣近所の子、戦友の子、日本での就労ビザが下りたから・・・、本当の善意から引き取った養子が10人になったというケースも、珍しいでしょうがゼロとは言い切れません。

さらに厄介なのは、実子です。
日本は少子化社会ですが、外国では6人兄弟、8人兄弟というのも珍しくありません。日本へ出稼ぎに来ている外国人の立場からすれば、「一人っ子や二人兄弟なら連れてきたかった。しかし、自分たち夫婦とたくさんいる兄弟が一緒に住めるような大きな家を、日本で買うのも借りるのも無理。言葉の通じない国に馴染むのも難しいだろうし、母国へ残してきた」と考えるでしょう。

何故、あそこで強行採決とせずに、鳩山内閣は制度設計にこだわらなかったのでしょうか?
しかし、養子・554人とは、よくもまあ欲張ったものです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。