中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶養控除廃止したら、住宅ローン減税の効果大 ・・・大和総研試算ではこうなるそうです

扶養控除廃止したら…住宅ローン減税の効果大
(読売新聞 4/25付)

子ども手当の導入に伴い2010年度税制改正で所得税の扶養控除が一部廃止される影響で、平均的な年収の世帯で住宅ローン減税の効果が増すことが、大和総研の試算でわかった。


10年間の減税額が50万円以上拡大するケースがある。もともと子ども手当支給のための財源確保策として控除見直しが決まった経緯があるが、住宅ローンを抱える子育て世帯の一部には思わぬ恩恵となりそうだ。

住宅ローン減税は、本来支払うべき所得税額を直接差し引く「税額控除」という方式だ。ただ、平均的な年収の世帯では、所得税額が住宅ローン減税分よりも小さいために、せっかくの減税分を使い切れないケースも多かった。例えば、住宅ローン減税分が年20万円あっても、所得税が年15万円なら減税分のうち5万円は使い切れないことになる。11年分からの扶養控除の一部廃止・縮小により、所得税の納税額が増えるため、結果的に住宅ローン減税の恩恵が増えるというわけだ。

大和総研の是枝俊悟氏の試算によると、夫がサラリーマン、妻が専業主婦、高校生と中学生以下の子が1人ずつの4人世帯で、年収400万円の場合、1500万円のローンを組むと実際の減税額(10年間の累計)は28万円から85万円に拡大。年収500万円で2000万円のローンを組めば、95万円から151万円、年収600万円で2500万円のローンだと161万円から213万円に拡大する。

10年以降に住宅を購入した人だけでなく、09年以前に住宅を購入して住宅ローン減税を受けている人にも適用される。子育て世帯は、子ども手当がもらえるうえ、所得額によっては住宅ローン減税の恩恵が大きくなるケースが出てくる。

是枝氏は「09年度に住宅ローン減税の最大控除額が拡大されたが、住宅需要に与えるインパクトは今回の方が大きいかもしれない」と指摘している。

◆扶養控除・・・子どもがいる世帯などの負担を軽減するために課税対象額を少なくしている仕組みで、鳩山政権が政権公約(マニフェスト)で掲げた政策の財源を確保するため2010年度税制改正で見直しが決まった。子ども手当が支給される15歳以下の子どもを持つ世帯は、所得税で38万円を課税対象額から差し引く現在の仕組みが11年1月分から廃止となる。一方、23~69歳の成年部分の扶養控除は維持される。

何で、所得控除廃止は参院選後に先送りにしたのか?
大和総研が試算できたことを、政府与党の税制調査会が見つけられなかったのでしょうか?

民主党は昨年9月、2010年度税制大綱を積めていく中、所得税の配偶者控除と扶養控除の廃止を10年度には行わず、11年度に先送りすることを早々に決めてしまいました。
11年夏の参院選前での増税実施を避けようとしたと思われます。が、結果として、子ども手当など新規政策に充てる財源の確保で八方塞がりとなり、「税収を上回る国債発行」という“あり得ない本予算”となりました。

子どもができたから、あるいは子どもが大きくなってきたからといった理由から、「子ども部屋のある住宅・マンションを買った」という子育て世代は多いでしょう。
ならば、「所得税における扶養控除は小さくなりますが、住宅ローン減税の方で恩恵があります」と言葉を尽くせば、10年度での扶養控除廃止ができたかもしれません。廃止できれば、そもそも子ども手当は扶養控除廃止と引き替えだったという政権公約も履行されて、民主党こだわりの「マニフェスト通り」を実現できたはずです。

このぐらいのシミュレーションを財務省官僚ができないはずもないことを思うと、鳩山内閣は、相当に官僚から距離を置かれている内部事情を感じてしまいます。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。