中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電池交換式タクシー 運行開始 ・・・日経に載ったのが昨年8月、時間かかりましたね

電池交換式タクシー 運行開始
(NHKニュース 4/26付)

電池を充電済みのものと短時間で交換する方法で、ほとんど休まずに長い距離を走れるよう工夫した電気自動車のタクシーが26日から東京都内で運行を始めました。

↑ベタープライス社の電池交換式EV

このタクシーは、アメリカのベンチャー企業「ベタープレイス」と大手タクシー会社「日本交通」が国の補助を受けて運行します。

東京都内に設けられた電池の交換ステーションで、26日、運行開始の催しが開かれました。

電気自動車は1回の充電で走れる距離が限られるうえ、充電には通常、急速充電器を使ってもおよそ30分かかります。これに対して、このタクシーは電池の容量が少なくなった場合は、あらかじめ充電していた電池と交換する方式を取り入れました。作業は1分程度で済むため、ほとんど休むことなく、長い距離を走ることができるということです。

ベタープレイス日本法人の藤井清孝社長は「1日300キロ走り、途中で休めないというタクシーの過酷な使い方に、電池の交換方式が耐えられることを証明したい」と話しています。このタクシーは3台用意され、東京・六本木の専用乗り場を拠点に、ことし7月末まで運行されることになっています。

・・・日経に載ったのが昨年8月、時間かかりましたね
当ブログでは、昨年8月に『米国の「バッテリー交換式電気自動車」が日本へ参入 「電池=充電」ではなく「電池=交換」という発想』でベタープレイス社の電気自動車は扱いましたが、日本上陸までに、結構な時間がかかりましたね。

鮎滝は、充電時間短縮にこだわるよりも、バッテリー交換方式の方が優れていると考えています。
なぜならバッテリーの性能は日進月歩で向上しているわけで、今の技術革新スピードから考えれば、バッテリーは“買う”より“借りる”方が効率的だと思うからです。自動車を動かす大型バッテリーであれば尚更。高価なバッテリーを一時に購入するより、賃貸料という形でランニングコストとし、費用負担を分散させた方が普及も図り易いでしょう。

バッテリーの本体価格は、ユーザーから「電気代+バッテリーレンタル料」を徴収すれば回収できます。三菱自動車が「iMiEV」に搭載する電池のコストは200万円ですが、バッテリー交換式では、充電された電気を使い切る前に交換。バッテリーの回転率は高く、1回あたりに支払うバッテリーレンタル料は抑えられるでしょう。

「7年5カ月かけて、ソーラーカー・だん吉は日本列島一周を達成した」ということを見れば、電気自動車はもっと簡素に考えてよい製品でしょう。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
EV高いよ・・・じゃあ改造してゲット! ガソリン車から100万円で 東大教授指南
(産経新聞 4/25付)

電気自動車(EV)の普及が見込まれるなか、東京大学の村沢義久特任教授らが24日、ガソリン車をEVに改造する作業を都内で公開した。村沢教授らは車両整備工場やガソリンスタンドを拠点とした改造EVの量産を目指しており、新たなEVビジネスとして根付くかが注目されている。

EVは内部構造が単純で、部品点数はガソリン車の10分の1とされる。組み立ても簡単なため、これまで自動車業界とは直接関係のない異業種にも参入を目指す動きが広がっている。この日、村沢教授らが公開したEVへの改造作業には、EVビジネスに関心を持つ約30人が参加した。

ガソリン車の改造は、エンジンを取り外してモーターを装着し、車両後部にバッテリーを搭載する作業が中心となる。鉛バッテリーを搭載した改造EVの場合、最高時速60キロ、走行距離は40キロ程度だが、リチウムイオン電池を使用すれば、走行距離は120キロにまで伸ばすことが可能だ。

ガソリン車からEVへの改造に必要な費用は約100万円。国内初の量産EVとして4月に個人向けに発売された三菱自動車の「アイ・ミーブ」の場合、補助金を受けても実質負担額は284万円で、まだ高価だ。このため、村沢教授は「EVの本格普及には、既存のガソリン車をEV化するしかない」と指摘する。

村沢教授らは、6月に改造EVの事業化に向けた「スモールハンドレッド協会」を設立し、車両整備業者やガソリンスタンド、機械部品メーカーなどのEV事業への参入を後押ししたい考え。政府に改造費用の補助金制度の適用も求めていく方針で、来年度中に1000台をEVに改造し、早期に1万台規模にまで引き上げる計画だ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。