中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間移設 沖縄の意思は「県外」 ・・・沖縄米軍基地は台湾から朝鮮半島までを睨むもの

普天間移設 沖縄の意思は「県外」 県民大会に9万人
(毎日新聞 4/25付)

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の国外・県外移設を求める県民大会(実行委主催)が25日、同県読谷村の運動広場であり、主催者発表で約9万人が参加した。超党派の普天間移設の大会は初めてで、仲井真弘多知事も初参加。「県外」を求める沖縄ぐるみの強固な意思を改めて政府に突き付け、県内移設を断固拒否する姿勢を示した。

政府の検討過程の中で、キャンプ・シュワブ陸上部(名護市)案やホワイトビーチ(うるま市)沖合案という県内移設案が浮上。自公政権時に日米で合意したシュワブ沿岸部の現行計画を模索する動き政府にもあり、沖縄は強く反発している。

普天間移設の県民大会に初参加した仲井真知事は「普天間の固定化は絶対容認できず、政府は責任ある解決策を示してほしい。鳩山政権は公約に沿ってネバーギブアップ、しっかりやってもらいたい」と政府に注文。そのうえで「全国の皆さん一人一人の安全保障が沖縄につながっている。どうか基地負担の軽減にお力を、手を差し伸べていただきますようお願い申します」と訴えた。

また、1月の市長選で移設反対を訴え当選した名護市の稲嶺進市長は「新基地建設ノー、県内移設ノーの不退転の決意でやっていく」と言い切り、県内移設を強く拒絶した。

普天間を抱える宜野湾市の伊波洋一市長は「国内で代替移設先を探すのでなく、政府はテニアンやハワイへの撤退を米国に要求すべきだ」と国外移設を強く主張した。

大会は「生命・財産・生活環境を守る」として「普天間を早期に閉鎖・返還し、県内移設を断念して国外・県外に移設することを強く求める」とする決議を採択した。【井本義親】

・・・沖縄米軍基地は台湾から朝鮮半島までを睨むもの
米軍は“世界の警察”を自認している軍隊であり、考えているのは極東アジアにおける軍事バランス。つまり米軍が欲しいのは、台湾海峡から朝鮮半島までを睨むことができる基地であり、日本だけを考えているわけでもありません。

台湾海峡を考えれば台湾に、38度線を考えれば韓国に、それぞれ米軍を駐留させれば各所における米軍の即応性は高まります。しかしその即応性は、中華人民共和国と朝鮮民主主義人民共和国へ対する軍事的刺激、さらに軍隊の分散配置までをも引き換えとするため、必ずしも賢い配置ではありません。

特に“米軍は最強”という効果を利用できる今。10年、20年単位で軍隊を維持・運用する効率性を考えれば、「いつでも駆けつけることができる適度な距離」において、一つの地域にまとめて配置するというのが“軍事の計算”となります。一つの地域にまとめて配置するという距離的範囲は部隊の性質によりますが、沖縄県辺野古と鹿児島県徳之島であれば、それぞれ別個に運用することを考える距離となってしまい、“軍事の計算”から乖離します。

「沖縄」という立地を、日本列島の一部としてではなく、極東アジアの中心として見ると米軍の沖縄へのこだわりが見えてきます。Googleの地図に簡単に円を書き込んだだけで、正確な等距離線を描けているわけではありませんが、おおよそこんな感じになります。

↑沖縄からの半径500km、1000km(別窓で大きい画像)


沖縄本島は、台湾海峡へ飛び出して行けて、朝鮮半島から離れ過ぎることもない“軍事的な好立地”であるわけです。
これは沖縄本島が持っている性質であり、残念ながら、沖縄人の好き嫌いでどうこうなるものではありません。また、日本が台湾や朝鮮半島をどのように考えるかというだけでも話は完結しません。日本の同盟国である米国が、台湾と朝鮮半島、および中国と北朝鮮をどのように考えているかどうかも関わってきます。

埋立には違いないが、米国基地の湾岸拡張工事に近い
改めて、現行案である辺野古沖のV字滑走路を地図上に落とすと下図のようになります。
地図上において色が濃くなっている部分は、既に現在も米軍が軍事演習場や軍事施設に使用している地域。その広大な敷地と相対化すると、湾岸部の拡張工事という方が客観性の高い表現に思われます。

↑辺野古沖のV字滑走路案(別窓で大きい画像)


写真で見るとサンゴ礁が埋め立てられることになるため、V字滑走路案は、情緒的抵抗感のかなり高い案です。
しかし、「東京湾の干潟を経済発展優先ですっかり埋め立てておきながら、このサンゴ礁と日本・台湾・韓国の安全保障とを引き換えにするものか?」と問われれば、賛否は割れるのではないでしょうか?

↑辺野古沖、キャンプ・シュワブ沿岸部

鳩山首相に言わせると、辺野古沖の埋立は「自然への冒涜」なのだそうです。
自然に対する畏敬の念は共有できなくもありません。が、中国海軍の艦艇が日本との共同軍事演習があるわけでもないのに沖縄周辺へ顔を出している事態と、在留沖縄米軍との位置付けをどのように捉えておられるのか不安になります。

キャンプ・シュワブ南の浅瀬埋立案というのもあるそうですけれども、鳩山首相が「辺野古沖案以外の答えは出せませんでした。すみませんでした」と頭を下げるのが一番ではないでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
首相、辺野古案容認の米紙報道を否定 「自然への冒涜」
(朝日新聞 4/25付)

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題で、鳩山由紀夫首相は24日、同県名護市の辺野古沿岸部を埋め立てて滑走路を建設する現行案について「私は辺野古の海に立って、海が埋め立てられることの自然への冒涜を大変強く感じた。現行案が受け入れられる話は、あってはならない」と述べた。ブラジル人向け施設などの視察先の群馬県大泉町で、記者団の質問に答えた。

外務省や防衛省内には、前政権と米国が合意した現行案について、滑走路の位置をずらすなどの微修正であれば米側の理解が得られ、打開策になり得るとの見方がある。だが、首相の発言は、埋め立てを伴う案はいっさい認められないという立場を明確にしており、普天間移設先の選択肢はさらに狭まった。

普天間問題については24日付の米紙ワシントン・ポスト(電子版)が、現行案を大筋で受け入れる考えを岡田克也外相がルース米駐日大使に伝えていた、と報じた。これについて首相は「外相が大使と会ったのは事実だが、内容は必ずしも事実ではない」と否定。岡田外相も24日、訪問先の長崎県佐世保市で「そういう事実はない」と語った。

北沢俊美防衛相も同日、長野市内で「現行案に戻ることはあり得ない」と言明。修正の可能性については「どこまでが修正かということがある」と述べた。民主党の輿石東・参院議員会長は甲府市で記者団に、現行案に戻る可能性について「それはないだろう。首相も沖縄県民の皆さんの考え、悲痛な叫びをきちんと受け止めている」と述べ、否定的な考えを示した。

鳩山政権は、普天間のヘリコプター部隊の大半を鹿児島県徳之島に移し、残りをキャンプ・シュワブ(名護市など)陸上部にヘリポートを造って移設するなどの案を検討している。しかし徳之島の住民らが強く反発している上、ヘリ部隊と地上部隊が離れることに米側が難色を示しており、協議は難航している。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。