中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄から東京ドーム100個分の米軍基地が消える ・・・「現行案では、沖縄負担が減らない」はウソ

政府が普天間最終案、杭打ち桟橋・徳之島にも分散
(読売新聞 4/28付)

政府は28日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設に関する政府の最終案を大筋まとめ、米国や移設先と大詰めの調整に入った。

政府案は、
(1)日米が2006年に合意した同県名護市辺野古に普天間飛行場を移設する現行計画を基本に、異なる工法に修正
(2)鹿児島県・徳之島へのヘリコプター部隊の分散移転
――の2案を組み合わせたものが柱だ。

鳩山首相は5月4日に、沖縄県を自ら訪問し、仲井真弘多知事らに移設に向けた協力を求める方針だ。しかし、修正案として浮上した工法は、過去の日米協議で運用上の問題点などから却下されているうえ、沖縄県内での移設が主軸となるため、「県外移設」を最大限求めるとしてきた首相が厳しい批判を受けるのは避けられない情勢だ。

鳩山首相は28日午後に岡田外相、北沢防衛相ら関係閣僚を集めて協議し、政府案について大筋了承を得たい考えだ。

修正案は、海底に数千本の杭を打ち込んで桟橋を建設し、そのうえに滑走路を建設する「杭打ち桟橋(QIP)」方式が最有力となっている。鳩山首相がサンゴ礁の破壊など環境面への影響を懸念し、海面埋め立てに反対しているため、環境への影響が比較的少ないとの見方がある同工法が浮上した。


ヘリ部隊の移転では、沖縄の負担軽減の観点から、徳之島が最有力の移転先となっているが、地元の合意を得られない場合、沖縄県内の普天間飛行場以外の基地も選択肢としている。

首相は28日午前、首相官邸で北沢防衛相と会談した。防衛相は、現行計画の修正案について、QIP方式と他の工法を含む複数の案を提示したうえで、QIP方式が最善だとの考えを伝えた。これに先立ち、防衛相は27日、ルース駐日米大使と会談し、移設案の概要を伝えた。防衛相は大使との協議内容についても首相に報告したとみられる。

首相は5月4日に沖縄入りした際、知事との会談を求めるほか、住民との対話集会の開催も検討している。首相の沖縄県入りが実現すれば、昨年9月の政権発足以降初めてとなる。

一方、外務省の梅本和義北米局長、防衛省の高見沢将林防衛政策局長は28日午前、外務省でキャンベル米国務次官補と会談し、政府案の概要を説明した。

普天間移設をめぐっては、米側は日米合意に基づく現行計画が最善だとの立場を崩していない。

「現行案では沖縄負担が減らない」はウソ
普天間飛行場の面積は約4.8平方km、普天間飛行場と宜野湾市の面積比は1:4になります。これは東京ドームの102個分(建築面積、以下同)、ナゴヤドームの100個分、甲子園球場の121個分、福岡ドームの70個分にあたります。

さらに、普天間飛行場は宜野湾市の中央部に位置しており、これを日本へ返還して無くすというのが「普天間飛行場返還問題」であり、米軍が普天間飛行場へ配置していた部隊をどこへ置くかというのが「移設先問題」です。

↑宜野湾市(赤枠)と普天間飛行場(青斜線)


↑辺野古沖V字滑走路案

「一つの市の中央主要部分から、海岸部へ移る」
「東京ドーム100個分の土地が沖縄県に還ってくる」
客観的には、これだけでも沖縄県の負担は減っています。

これを“減った”と評価しないならば、日本国内閣総理大臣は誰も担当できません。14年前に「普天間飛行場の全面返還と代替地の用意」というところまで話を持っていった故・橋本龍太郎元首相は、かなり健闘していたわけです。

そもそも米軍基地を、その外交や安全保障に利用するのは米国です。日本ではありません。
したがって、どんなに日本や沖縄が声高に「米軍基地は要らない」と言っても、米国が「要る」と言えば要ることになります。米国に「在日米軍基地は、もう要らない」と言わせない限り、在日米軍基地は日本に残るわけです。

つまり、在日米軍基地を無くす方法とは、米国と日本の間で「普天間飛行場が要るかどうか? 嘉手納基地はいるかどうか?」という1案件ごとへの評価ではなく、「極東アジアをどうしていくか?」という外交・安全保障構想の問題です。これを政権を取って、たかだか8カ月の鳩山政権へ求めるのは無茶というもの。

ひと先ず、普天間を返してもらって辺野古沖へ移転。「在日米軍基地をゼロとした日米外交、極東アジア安全保障を実現できるかどうか?」は、また次の段階で考える話でしょう。

今の鳩山政権にできる限界は、米国に「普天間の移設だけで、米軍再編を終結させない。普天間の移設は、在日米軍基地ゼロへのスタートと考えている。米国は、外国で基地を維持する負担が減る。日本も、米国の基地を維持する負担が減る。WIN-WINとなる“新しい日米関係”を話し合おう」と話すところまでではないでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。