中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

首相、「県外移設は私自身の代表としての発言」 ・・・少しだけ、フォローしましょうか?

抑止力論にすがる鳩山首相=「県外移設」公約ではない
(時事通信 5/4付)

米軍普天間飛行場移設問題で迷走を重ねた末、沖縄県民を前に全面的な県外移設の断念を表明した鳩山由紀夫首相。その理由として首相は、沖縄の海兵隊を日本を守る「抑止力」と位置付け、繰り返し沖縄側に理解を求めた。ただ、こうした論理は当初から米国や外務・防衛当局者が展開していたもの。最終局面で急に海兵隊の抑止力を持ち出し、「県外移設」の約束をほごにした首相の「言葉の軽さ」が改めて浮き彫りとなった。

「学べば学ぶほど、沖縄の米軍の存在全体の中での海兵隊の役割を考えたとき、すべて連携している。その中で抑止力が維持できるという思いに至った」。一連の沖縄での日程を終えた首相は4日夜、名護市内で記者団にこう語り、在沖縄海兵隊の重要性を強調した。

昨年の衆院選で普天間移設に関し、「最低でも県外」と訴えた首相だが、同日は「(民主)党の考え方ではなく、私自身の代表としての発言だ」と正式な公約ではなかったと釈明。さらに「当時は(海兵隊の抑止力は)必ずしも沖縄に存在しなければならない理由にはならないと思っていた」と語り、「浅かったと言われればそうかもしれない」と安全保障に関する認識不足をあっさりと認めた。

名護市の稲嶺進市長との会談では「将来的にはグアム、テニアンへの完全な移転もあり得る話かと思っている」とも語り、理解を求めた首相だが、沖縄の不信感は増幅するばかり。稲嶺市長は「選挙で公約したことを実現できるよう、決断をお願いしたい」と首相に一歩も譲らない姿勢を示していた。

・・・少しだけ、フォローしましょうか?
2009年夏に民主党が掲げたマニフェストでは、対米外交は以下のように書かれており、「普天間飛行場の移設先を国外へ」とは一言もありません。「国外移設。最低でも県外」というのは、鳩山代表(当時)の発言だけです。

51. 緊密で対等な日米関係を築く
○日本外交の基盤として緊密で対等な日米同盟関係をつくるため、主体的な外交戦略を構築した上で、米国と役割を分担しながら日本の責任を積極的に果たす。
○米国との間で自由貿易協定(FTA)の交渉を促進し、貿易・投資の自由化を進める。その際、食の安全・安定供給、食料自給率の向上、国内農業・農村の振興などを損なうことは行わない。
○日米地位協定の改定を提起し、米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む。

反則気味に聞こえるのは・・・鳩山首相が潔くないから
2010年5月4日になって「あれは鳩山個人の意見でした」という論理は、普通、通りません。ここまで来てしまったら、変に政治家・鳩山由起夫個人の責任とするよりも、民主党も共に責任を負った方が潔く見えますし、名実ともに普天間移設先問題の責任者であると認識を改めることもできます。

最初の沖縄訪問が日帰りというのも、お粗末です。
「今日は、とことんお話を聞くつもりで参りました」と、23時をまわったこの時間でも市民集会を続けておられていたら、また受け止められ方も変わっていたでしょう。怒号と罵声を浴びることは分かっているわけですから、時間制限無しで良かったはずです。1時間程度なら政治的パフォーマンスに終わりますが、5時間、6時間、ひたすら耳を傾けることは真剣でなければできません。

言動が隙だらけだと、フォローが少しだけになりますね。本当は、日本国代表を「さすがだなぁ」と賞賛したいのですよ。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
普天間移設 首相、沖縄・徳之島案を表明
(毎日新聞 5/4付)

鳩山由紀夫首相は4日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、仲井真弘多沖縄県知事と県庁で会談した。鳩山首相は「すべてを県外にということは現実問題難しい。ぜひ沖縄の皆さんにも負担をお願いしないとならないという気持ちで来た」と述べ、県内移設の考えを初めて表明した。首相の沖縄県訪問は昨年9月の就任以来初めて。
首相は同日朝、自衛隊機で沖縄県に入った。

首相は知事との会談で、「今日は率直に、沖縄県民の皆様におわびを申し上げなければとの思いでお邪魔をした」と述べ、普天間飛行場の県外移設を断念する方針を伝え、陳謝した。これに対し、仲井真知事は「(県外移設という)政権の公約に沿った解決策に対し、県民の期待が非常に強い」と注文をつけた。

政府は米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)の沿岸部か沖合に「くい打ち桟橋」(QIP)方式で滑走路を建設するとともに、2500人とされる普天間飛行場の海兵隊航空部隊のうち最大1000人か、訓練の一部を鹿児島県・徳之島に移転する案を検討している。首相は知事との会談で、具体的な移設案には触れなかった。

知事との会談後、首相は沖縄県議会の高嶺善伸議長らとも意見交換。移設案について「沖縄の皆様方、また徳之島の皆様方にも率直に負担を願えないかという思いだ」と理解を求めた。

この後、首相は県庁内で記者団に対し、県外移設を断念した理由について「現在の日米同盟の中で抑止力を維持する必要性から、普天間の機能を国外、あるいは県外にすべて移設することは難しいということに至った」と説明。その上で「沖縄に一部機能を移設せざるを得ない。仲井真知事には『ご理解を頂けないか』と申した」と述べた。

首相は4日午後、名護市の稲嶺進市長と会談して政府案に理解を求めるほか、普天間飛行場周辺の住民と対話する。

仲井真知事らとの会談に先立ち、首相は糸満市摩文仁の平和祈念公園を訪れ、国立沖縄戦没者墓苑に献花。公園内にある沖縄戦での犠牲者名を刻んだ平和の礎を見学した。【山田夢留】

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。