中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療自己負担、上限4万円に軽減…来年度にも ・・・命は等価でも、買い手がつける値段はバラバラ

医療自己負担、上限4万円に軽減…来年度にも
(読売新聞 5/8付)

政府は8日、医療費の窓口負担が一定額を超えた場合に払い戻す高額療養費制度について、70歳未満の年間所得約300万円以下世帯(住民税非課税世帯は除く)の負担上限額を現行の月額約8万円から月額約4万円に引き下げる方向で検討に入った。

年内に厚生労働相の諮問機関「社会保障審議会」で具体案をとりまとめ、2011年度にも実施したい考えだ。

新制度の適用を受ける対象者は、3000万人程度と想定している。

現行制度では、70歳未満の高額療養費の自己負担の月額上限額は、所得に応じて、「住民税非課税世帯」は3万5400円、「一般所得世帯」(年間所得600万円未満)は約8万円、「高額所得世帯」(年間所得600万円以上)は約15万円となっている。

高額療養費の対象となるのは、がんや神経性難病などの患者が多く、過去12か月以内で3回以上、高額療養費の支給を受けた場合は4回目から半額程度に軽減する特例が設けられている。

しかし、最近は景気低迷で医療費負担に苦しむ患者も増えていることや、効き目が大きい高価な抗がん剤が普及してきたことから、一般所得世帯のうち、約3分の1を占めると見られる所得世帯の負担軽減が必要だと判断した。

厚生労働省によると、高額療養費は、医療費ベースで年1.6兆円(2007年度)。同省の試算では、年間所得約300万円以下の世帯の上限額を半額に引き下げることで、医療費ベースで4000億~5000億円程度、国庫ベースで1000億円以上の財源が必要となるという。
実現に向けては財源の確保などの課題がある。

※高額療養費制度・・・1か月の医療費が自己負担の上限額を超えた場合、超過分が払い戻される制度。現行では自己負担の上限額は所得水準によって、70歳未満で3段階、70歳以上で4段階に区分されている。例えば、60歳の患者が腹痛により7日間救急病院に入院すれば、医療費は約42万円、3割負担で約13万円かかるところ、自己負担は約8万円にとどまることになる。

・・・命は等価でも、買い手がつける値段はバラバラ
「社会保障費の自然増加分は、約1兆円」と自公政権時代から決め付けられたまま。『自由診療による高度医療特区』も進んでは戻りの繰り返し。

「どうしてこうも日本の医療行政は硬直しているのか?」と、このGW中に考えておりました。
米国のオバマ政権が、公的保険制度を導入するのに悪戦苦闘した末に、国民皆保険から 約4600万人いる無保険者の大幅削減へと妥協させられたこともあり、個人的には、考える機会が多かったためシンプルな回答ができました。

「命について買い手がつける値段は、バラバラであることを認めない」というのが、鮎滝の出した答えです。

“一人ひとりの命の価値”という抽象論で言えば、命の価値は等価です。
したがって、大金持ちを殺害しようとも、怠惰に怠惰を重ねた貧乏人を殺害しようとも、殺人罪が適用されます。民事訴訟における損害賠償も、男女や障害の有無によって無視できない差があるものの、一般化された生涯賃金から算定されます。

しかし、“自分の医療費にあと幾らかけるか”という具体論では、命の価値は千差万別になります。

自己負担の高度医療において、5000万円や1億円を出す人はいます。さらに、医師から「10億円を積まれても、現代医療では治せません」と言われても、「生まれ変わったら、2000億円積んでやる」と言い遺して死んでいく人もいるでしょう。
一方で、「同じ1000万円なら、最後に世界一周旅行でもしようかしら」と、病気治療による延命以外の選択肢を考える人もいます。
もちろん、「そんなにお金をかけられませんから・・・」と高度医療を諦める人もいます。
これらの人たちのうち、誰が幸せで誰が不幸かは分かりません。高度医療を諦めても、巧みなペイン・クリニックで家族と静かな時間を過ごせたなら、それはそれで有意義な最期でしょう。

“自分の余命に付ける値段は人によって異なる”というのを前提とした医療行政は、“悪政”でしょうか?

70歳未満・年間所得約300万円以下世帯の望みか?
政府案の対象は70歳未満の年間所得約300万円以下世帯であり、いかにも社会的弱者救済の“良策”のように思われます。

政府の想定によると、主に払い戻しが生じる高額療養費の対象患者は、がん患者や神経性難病患者など。
想像されるその家庭像は、父母のいずれかの闘病が長引いていて、相方もその看病のために残業ゼロやパートでの就業となっている状態。手助けは欲しいでしょうけれども、「自分の子どもに借金して」と思うと父母の気持ちは複雑ではないでしょうか? 早く現場復帰するために、より早く治る高度医療とも考えるかもしれませんが。

医療費自己負担軽減を考えたきっかけは、「景気低迷で医療費負担に苦しむ患者も増えていること」「効き目が大きい高価な抗がん剤が普及してきたこと」だそうですが、この態度には疑問を覚えます。

政府も景気改善策を考える主体の一つであるわけで、景気低迷を理由として、恒常的に保険・国庫負担を増加させる制度を考えるのはおかしいでしょう。また、効き目が大きい高価な抗がん剤を理由とするのも、民間保険でがん治療保険を付けた商品が多く出ている中で国を動かす理由となるのか、薬価を下げて普及を広めて薬の単価を下げるという手立ては考えられないのか、「タミフルは高過ぎて使えない国がある中、一般人が普通に使えるのは日本ぐらい」という薬剤の世界において高価な抗がん剤の需要は伸ばさないとならないものなのか、など疑問符がいっぱい付きます。

結局、子ども手当も赤字国債で支えられており、子どもが自分の将来の税金で子ども自身の月額・1万3000円の養育費を払っているようなもの。高額療養費の軽減は、本当に良策でしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆11年度予算:民主の追加公約で1兆円増額の可能性 ・・・“使う”ではなく“稼ぐ”が仕事(10/4/29)
◆全世帯にブロードバンド・医療滞在ビザ ・・・一周遅れですけれども、やらないよりは(10/4/27)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。