中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にできる?全頭出荷…矛盾だらけの国の対策 ・・・いまは戦時、批判ではなく対案を提示せよ

本当にできる?全頭出荷…矛盾だらけの国の対策
(読売新聞 5/24付)

宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、発生地から半径10キロ~20キロ圏の「搬出制限区域」での対策が進んでいない。

19日に公表された政府の総合対策では、この区域の全家畜を1週間以内に食肉加工して出荷することで、「家畜の空白地帯」を作ることがうたわれていた。だが、区域内には牛の加工場はなく、法律上、区域外には搬出できない。農林水産省では、発生地に近いため閉鎖した加工場を特例として再開させることで対応したいとしている。


同省によると、この区域には、牛1万6000頭、豚1万5000頭が飼育されている。赤松農相は、ワクチン接種などの対策を示した19日の記者会見で、「対策の一番のポイント」として、この区域を「牛や豚が一頭もいない緩衝地帯にする」と表明していた。

対策は、(1)発生地から半径10キロ圏内の「移動制限区域」では、全頭殺処分を前提にワクチン接種を行う (2)その外周の「搬出制限区域」では、すべての牛と豚を1週間以内に食肉加工し、その後、一定期間、新たな畜産を行わないようにする――という内容。

しかし、実はこの区域内にある加工場は、北部の日向市内にある1か所で、処理できるのは豚だけ。1日の処理頭数は700頭程度で、仮に連日稼働させても、目標の1週間では4900頭しか処理できない。

南部の宮崎市などからこの工場へ向かう道は、川南町など口蹄疫の蔓延地帯を通っており、通り抜けることができない。回り道が大変なこともあって、同県によると、南部地域の農家はほとんど利用していないという。

牛の食肉加工場は移動制限区域の都農町に1か所あるが、この加工場は1例目の感染が確認された4月20日に稼働が停止され、再開の時期は未定だ。区域外には、都城市などにも加工場があるが、家畜伝染病予防法上、この区域から家畜を外に出すことはできない。

搬出制限区域で子牛や母牛を飼う畜産農家は「国の政策は矛盾だらけ」と批判し、「牛の加工場が再開されても、処理能力からみると、地域内の牛をすべて出荷するには1年以上かかる」と話す。

同農相は「1週間」で出荷を終えたいとしていたが、同省によると、この区域では、牛は1頭も出荷できていないのが現状だ。

同省では、都農町の加工場を一刻も早く再開させたいとしており、幹部の1人は「現実的には『焼け石に水』かもしれないが、少しでも対象地域から感染の危険を減らしたかった」と話している。

・・・いまは戦時、批判ではなく対案を提示せよ
「日本で最大部数か知らんけど、ええ加減にせぇよ読売新聞。
いまの宮崎は戦時やぞ。畜産農家は涙を飲んで、腹括ったんや。
なのに、まだ対岸の火事みたいに欠点をあげつらうだけかい。
批判では、足らんねん。答えを出したらなあかんやろ。
矛盾してると思うなら、矛盾しない対案まで出さんかい!」

失政の主体は、のんびりと外遊してきた赤松農水相だが
どこまで機能していたか定かではありませんが、農林水産省は4月20日時点で『口蹄疫防疫対策本部』を設置しています。にもかかわらず、報道は騒ぐことなく一地方のニュース扱いを続けて、翌21日の「私は愚かな総理かもしれません」と口走った党首討論を取り上げたりしていました。

もちろん失政の主体は、口蹄疫防疫対策本部を立ち上げておきながら、のんびりと外遊してきた赤松広隆農水相です。口蹄疫の収束どころか、感染拡大の情報が続く中で4月30日に成田発で外遊へ。メキシコ(5月1日、2日)、キューバ(3日、4日)、コロンビア(5日、6日)で、帰国したのは5月8日。

この間、5月1日には東国原宮崎県知事から自衛隊の出動要請があり、連休前には、県レベルで悲鳴が上がってたわけです。「日本国の畜産が全滅する危機」という、いずれの国にも納得してもらえるドタキャン理由があるのに、キューバからさらにコロンビアまで向かっているのは明白な誤判断です。

むしろ、「口蹄疫を口実としたドタキャンができない」と考える方が、「相手国の食糧行政担当は、口蹄疫ウイルスの怖さを知らない」と決め付けるのと同じであり、よっぽど非礼です。

ただしドキャンには違いないため、会談のキャンセルについては言葉を尽くして、
「まず、貴国が、我が国との協力関係を重視していただいていることについて感謝したい。また、今回の会談に要した準備が“やり直し”となることについてお詫びをしたい。我が国の口蹄疫収束を果たし次第、再び貴国を訪問する機会を設けさせてほしい」と、日本への帰国の途につく前と帰国後に伝えれば、先方にも納得してもらえるはずです。

だからこそ、マスメディアは批判だけでは済まされない
こんな致命的優先順位の誤りをする相手に、危機感を感じとる感覚の鈍い相手に、その後の危機管理対応能力の低さを見れば、「我々は批判だけ。そこから先を考えるのは政府の仕事だ」と言ってられないでしょう。

だいたい、そのような赤松農水相をマスコミが責め切れないのは、マスコミも全国区ニュースにするのが遅れたからですよね? 「マスコミも遅れた」という引け目を、地元農家を代弁するという手法で覆い隠して、今さら政府対応批判をするのは、言論人の姿勢としてダメでしょう。

政府見通しが甘かろうとも、ムダにしない運営を考えればよい
さて、国の考えている“早期出荷による緩衝地帯の創設”。
日向市の豚肉加工工場で週あたり4900頭、都農町の加工工場は(株式会社ミヤチクのことだと思って話をしますが)豚が週あたり5740頭、牛が420頭であり、確かに早期出荷の対応は苦しいと思われる数字。1週間以内に加工出荷というのは、どう考えても不可能です。

政治主導の名の下に、おそらく現地との意思疎通も無しに、搬出制限区域内にある加工工場が何施設あって、1施設あたりの処理能力はどの程度かの下調べもなしに決めた“机上の空論”でしょう。だからと言って、大切な情報の欠落に気が付きもしない人々へ話を戻しても、期待は持てません。

豚が週あたり1万頭、牛が週あたり400頭というのは苦しい数字ですが、苦しい数字なりに「搬出制限区域でも、周縁(20kmライン)の出荷優先」など、築くことが出来る緩衝地帯がゼロとなるわけではありません。ゼロでない以上、無意味とはなりません。また、感染拡大力の強い豚の方が多く加工できるのは、不幸中の幸いです。

設備や人、物資が限られるのであれば、限られるなりにより良い投下方法を考えればよいことです。荒技でしょうが、豚の加工は日向市でも出来るわけですから、「ミヤチクの加工ラインを1本、豚から牛へ変えられない物か?」とか工夫の余地はあるはずです。

いまの宮崎は、口蹄疫殲滅線の最前線。まさに“戦地”。
「それなら、どうすればいいのか?」への回答まで示さないと、ただの言論は意味を成しません。30万頭の命を捨てるという異常事態を前にして、「私はちゃんと欠点を指摘しましたよ」と後日に言えるアリバイ作りだけしたって仕方がないでしょう。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。