中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀井氏、閣僚を辞任へ「約束破られた」 ・・・社民も国民新も切って、参院選突入

亀井氏、閣僚を辞任へ「約束破られた」
(産経新聞 6/11付)

国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は11日未明、菅直人首相が郵政改革法案の今国会成立を断念、廃案にする意向を示したことを理由に辞任する意向を固めた。
ただ国民新党は、参院選後に召集される臨時国会で、同じ内容の法案を提出し成立させるとする覚書を民主党と交わすことに合意、同党出身の松下忠洋経済産業副大臣と長谷川憲正総務政務官は残留するため、民主・国民新両党の連立政権は維持される。亀井氏は11日未明の記者会見で「約束を破られ、履行できなかった」と述べた。

国会日程については、会期を17日まで1日延長し、衆参両院の予算委員会を開催することで与野党が合意する見通しになった。民主党が会期延長を「最大1日」(党幹部)との方針を決めたことで、参院選は「24日公示、7月11日投開票」で実施されることが確実となった。

民主党の枝野幸男幹事長は国民新党の自見庄三郎幹事長と断続的に会談。自見氏は11日未明、記者団に「(連立離脱しない)方向で努力中だ」と強調。枝野氏も「郵政法案をこの国会で通すことは難しいとの前提で理解いただける方向に進んでいる」と語った。

一方、国民新党を除く与野党の国対委員長が10日夜会談し、菅首相の所信表明演説を11日に行うことで合意した。民主党は14、15両日に衆参両院本会議で各党の代表質問を実施し、(1)16、17両日に予算委員会 (2)16日に党首討論-の2案を提示した。野党側は返事を留保したが、予算委の開催を受け入れる方向だ。

・・・社民も国民新も切って、参院選突入
うっわぁーーー、とうとうやってしまいよったっ!

本来、民主党の立ち位置は“中道左派”。右も右寄り、日本郵政を公社へ戻そうとするような国民新党と行動を共にすること自体、数合わせ以外に理由がなかったわけですが。

「鳩山内閣の支持率が低過ぎて、戦えない」「自分の魅力だけでは当選できない。党の力なしに勝てない」と、泣きついた参議院改選組の民主党だけで議席を伸ばせる算段でも付いたのでしょうか? 首相の側近中の側近だという戦略担当相が、コミック本を、自腹ではなく事務所費で買っていたというのに、この強気の根拠はどこから?

日本は“ハイリスク市場”となることを回避できるか?
少数政党に引き摺り回される鳩山前内閣は、確かに見るに堪えないところがありました。社民も国民新も切ることで、支持率は上がるかもしれません。しかし、マーケットは「これで日本はねじれ国会に陥り、秋以降に停滞する確率が高まった」と判断する可能性もあります。日本が“ハイリスク市場”と見られるかもしれないわけです。

まあ、マーケットへの影響が限定的であれば、政治がマーケットに媚びる必要はありませんが。

それに、「財政健全化と経済成長戦略は両立する」という菅首相の持論は成立し得ると考えています。
単純なポイントだけ挙げれば、消費税率が上がって商品価格が上がることは物価上昇、便乗値上げもあるでしょうからインフレーションを起こすことになります。使い方次第で消費税率の引き上げは、日本が長く苦しんでいるデフレーションの打開策とすることもできるわけです。

デフレーションの定義は、「実質価値に比して名目価格が低い」ということ。

具体的には、「パソコンといえば、初期の頃は遅い上にプログラムも自作だったのに1台100万円はした。しかし今は、高度なビジネス仕様ソフトまで考えても30万円。クラウドコンピューティングなら、手元の端末は6、7万円で充分」というのがデフレ。「今日3000万円で買ったマンションが、来月には5000万円で売れる」「高度経済成長期のど真ん中では大卒初任給は2万円。現代の大卒初任給は20万円超」という状況がインフレ。

実質の裏付けがあるイメージ戦略を打てるか?
現在、日本政府に入ってくる所得税収は12兆7640億円、消費税収は9兆3810億円、法人税収は5兆1750億円、揮発油税収は2兆6630億円、酒税収は1兆4200億円、相続税収は1兆2800億円。

消費税は5%の税率で約10兆円も確保できる、最早、日本政府の主力税収。一律に引き上げるにせよ、「小売価格3万円以上10万円未満は10%、同10万円以上から20%など」の工夫をするにせよ、“所得の再配分”の財源として有力であるのは事実です。

また、「就職口を確保するために法人税率を下げる一方で、財源不足を補うために消費税を引き上げる」という選択肢も、“国民の生活が第一。”という民主党のスローガンと整合させることも不可能ではありません。イメージ戦略を誤らなければ。

荒井戦略担当相にそれが果たせるのなら守っても良いでしょうけれども、コミック本代に自腹を切らない公私混同の人物に、そうした繊細かつ大胆な政治が出来るのかは疑問です。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
荒井戦略相 コミック、CD、衣料品にも…党が領収書公開
(毎日新聞 6/10付)

荒井聡国家戦略担当相の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」(09年9月解散)の事務所費を巡る問題で、民主党は10日、同後援会の07~09年分の領収書を公開した。公開に先立ち同党の細野豪志幹事長代理は「架空、違法な支出はない」と強調したが、少女コミックや音楽CDなどの領収書が含まれていた。公開後、荒井氏は「少し反省しないといけない」と述べ、支出の一部に問題があったとの見方を示した。【政治資金問題取材班】

公開されたのは、A4判の台紙にはり付けた領収書をとじ込んだファイル数冊。報道陣に約2時間の閲覧を認めたが、コピーは認めなかった。

政治団体の支出は、人件費や備品・消耗品費、事務所費などの「経常経費」と、選挙関係費などの「政治活動費」に大別されるが、公開した領収書には、事務所費以外のものも含まれていた。

このうち備品・消耗品費として、08年4月30日付で少女向けコミック5点に計4495円が、同年5月20日付でパチンコ台の効果音楽をまとめたCDに2500円が支出されていた。他にも08年4月5日付で衣料品18点(パーカや靴下、キャミソールなど)に計2万2670円▽09年3月20日付でおもちゃ代として百貨店に7350円▽07年3月12日付で大手ハンバーガーチェーンに2210円--などの支出があった。

こうした支出について荒井氏は「本当(にあったの)? (担当者に)少し怒っておきます」と話し「適切かどうかとなると少し反省しないといけないと思う。ただ、そういったものに使うのを(法律が)禁じているわけではない」と述べた。

民主党は10日、事務所費について自民党が問題視した川端達夫文部科学相の政治団体と蓮舫行政刷新担当相の政党支部の領収書(07~09年分)も公開。川端氏は「適切な支出で法的問題はない」、蓮舫氏は「すべて公開した。今後も質問があるならいつでも受けたい」と語った。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。