中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎・壱岐で「200歳」 ショパンと同い年 ・・・定年後も年1回の定期検診を義務化しては?

長崎・壱岐で「200歳」 ショパンと同い年
(共同通信 8/27付)

長崎県壱岐市で1810(文化7)年生まれの男性の戸籍が残っていることが27日、分かった。誕生日は記載されていないが、生きていれば今年200歳で、ポーランド出身の作曲家ショパンと同い年。

各地で所在不明の高齢者が相次いでいることを受け市が調査したところ、発覚した。市は「戸籍を消す作業が滞っていたのではないか」と話している。

市は同時に見つかった所在不明の100歳以上の高齢者約170人の戸籍とともに、法務局と協議して削除する方針。

『住民基本台帳』と『戸籍』の管理を一元化せよ
とうとう200歳という戸籍が出てきましたねぇ。
ここまで仕事をしていない戸籍管理担当者が、全国各地で存在していることにガッカリです。この人々は、日常業務のどこを高く評価されて、各役所で働き続けることが出来ていたのでしょうか?

そもそもの話をすれば、『住民基本台帳』と『戸籍』は別に管理していること。さらに日常の住民サービスは『住民基本台帳』に基づいて行われており、自治体担当者の私的裁量により、戸籍管理の優先度を勝手に下げることができるという“戸籍管理体制”に問題があります。

住民基本台帳と戸籍が一つのものであれば、仮名として“住民戸籍台帳”とでも名付けましょうか、確定申告や国民健康保険料確定のための所得調査など、さまざまな機会で正確に更新された“住民戸籍台帳”が不可欠となります。そうすると“住民戸籍台帳”の管理は、他のどれよりも最優先される業務となり、今回のように200歳まで放置されるという事態はなくなるはずです。

もっとも、『住民基本台帳』と『戸籍』を別にする利点は解らないでもありません。
例えば、『住民基本台帳』と『戸籍』が別れていると、ホームレスになってしまった方々や、ホームレスになることを選んだ方々の追跡調査を行政業務から外すことが可能になります。住民基本台帳に名前がなければ、「どこか他の市町村におられるのだろう」で済むからです。

・・・定年後も年1回の定期検診を義務化しては?
仕事をしていると、『労働安全衛生法』の関係から、企業が従業員に定期健康診断をしてくれます。が、定年を迎えた途端に定期健康診断はなくなり、それまで企業を間に挟んで公的に安否確認が出来た状況もなくなってしまうわけです。

しかし、この定期健康診断の根拠を『国民健康保険法』にも追加すれば、定年後にも公的な健康管理の機会が生まれます。

国民健康保険の組合員であるための条件として、定期健康診断が義務化されれば、わざわざ役所から人を各家庭へ派遣しなくても安否確認ができるようになります。なぜなら、年1回、定年を迎えて年金生活を始めた方々も病院に来られるわけですから。寝たきりの方へも、年1回の健康診断なら往診で対応することは可能でしょう。

『国民健康保険法』による定期健康診断の義務化が実現できれば、役所としての負担は、提出される健康診断書を整理し、住民基本台帳と付き合わせるだけになります。

さらに重要なこととして、『国民健康保険法』による定期健康診断の義務化は、「健康長寿社会の実現」という成果を期待できる点があります。

長年にわたって長寿の国をうたっておきながら、定年後に公的健康管理がプツンと切れるのも、考えてみればおかしな状況です。日本列島の長寿社会は、日本国という国家システムの成果なのか、たまたま日本人に長寿のDNAを持っている人が多いのか、よく解りませんよね?

後期高齢者医療制度をやめて再び国民健康保険へ一元化するようですし、年1回の定期検診も義務化してはいかがでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。