中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政策当局の足元見透かし円高加速、株価は新安値 ・・・20日間も遅い一手とはいえ

東京株式大引け速報:政策当局の足元見透かし円高加速、株価は新安値
(サーチナ 8/31付)

31日の東京株式市場は前日の米国株安や円高から4日ぶりに反落、下げが加速した。大引けの日経平均株価は前日比325.20円安の8824.06円と 2日ぶりに8900円を割り込み、終値ベースで8月25日に付けた年初来安値を更新した。TOPIX(東証株価指数)はザラ場べースでの新安値となった。市場の政策期待に対して政府・日銀の対応が後手に回ったため、市場が円買い攻勢をかけており日本株を押し下げている。全面安。

米国景気減速懸念が再燃しており、米国株が大幅安となったほか、外為市場では日銀による臨時金融政策決定会合の結果を受けて材料出尽くし感から再び円買いが強まった。きょうの東京外為市場でも円高が進展。ユーロ・円は一時、106円33銭、ドル・円は84円13銭まで円高が進む場面があり株価を押し下げた。上海総合指数が下落するなどアジア各国市場の株安も日本株の下げに拍車をかけた。

日銀が30日に追加緩和を行ったが、日経平均株価は30日の上げ幅158.20円を上回る下げ幅となっており、前日の上げが帳消し。昼休み中には野田財務相が為替相場について「一方的に偏っている」「必要な時には断固たる措置を取る」などと口先介入したが、逆に円高に進んでおり、市場が政策当局の足下を見透かした格好となっている。

これに輪をかけたのが政局不安。鳩山前首相の調整で、民主党代表選での菅・小沢両氏の対立激化が回避されるのではないかとの見方があったが、午後に入り、小沢氏が「(菅首相に)会う予定はない」と発言したことが伝わり、政局混乱により政策対応が後回しされる懸念が強まったことも株価の下げを加速させた。

一部では下値で国内年金筋の買いが言われるが、買い上がる投資主体が見当たらないため、下げ止まる気配は見られない。(編集担当:佐藤弘)


為替介入実施なら日銀は資金を吸収すべきでない=財務副大臣
(ロイター通信 8/31付)

[東京 31日 ロイター]池田元久財務副大臣は31日、都内で開催された「デフレ脱却国民会議」のシンポジウムに出席し、最近の円高は日本経済に大変なマイナスであり、対処が必要と強調した。為替が急激に変動した場合には「断固たる措置をとらなければいけない」とし、「断固たる措置」について「与えられた権能であり、選択肢として排除しない」と介入の可能性を示唆した。

為替介入を実施した場合には「日銀は非不胎化をしっかりやってもらわなければならない」と述べ、介入した資金を日銀は吸収すべきではないとの考えを示した。

池田財務副大臣は、対ドルで15年ぶりの水準で推移している最近の円高について「相場についてはコメントしない」としながらも、「この円高は日本経済にとって大変マイナスであり、対処しなければならない」と懸念を表明。「急激な変動に対しては、断固たる措置をとっていかなければならない」と為替介入の可能性を示唆した。

その上で、国際的な環境として「各国が自国の通貨安を意識して行動している。客観情勢は大変厳しい」と日本の介入に対する理解を得づらい状況との見解を示したが、「断固たる措置」は「当然、与えられ権能であり、選択肢として排除しない」と介入が選択肢にあることを指摘した。

介入に際しては「日銀がすぐに市中に回ったお金を引き揚げてしまっては駄目。非不胎化をはっきりやってもらわなければならない。これが成功の秘訣だ」と強調。過去の為替介入で成功したケースでは「各国の容認と理解に加え、日銀の協力があったことを理解して欲しい」と述べ、非不胎化政策が不可欠との認識を示した。(ロイターニュース 伊藤 純夫記者)

20日間も遅い一手とはいえ・・・
「けちょんけちょん」という表現がピッタリの市場反応でしたねぇ。

池田元久財務副大臣が見解を述べておられるように、現在の為替市場は「各国が自国の通貨安を意識して行動している。客観情勢は大変厳しい」状況にあります。

米国もEUも完全に“アジア需要頼み”であり、それぞれに内需で自国経済が浮揚するとは思っていません。それ故に、国際基軸通貨でありながらドルもユーロも安く、より安くして欧米からの輸出を伸ばそうという流れが起きており、ドルとほぼ連動している人民元も安くなり、ただ日本国だけが生真面目に円独歩高のあおりを受けているのが現状。

「米国もEUも、ドル安、ユーロ安を止める気などない。円が何をしても駄目。だから動かない」というのが、日銀・日本国政府の論理でした。
これはこれで一理あるわけです。けれども、日銀・日本国政府が何もしないことによって、市場へ伝わったのは「日銀・日本国政府は、“円高を容認”するんだな」というメッセージ。円がさらに買われて、円高は止まることなく84円台に突入してしまいます。

日本国内の経済界では「日銀も政府も動いてくれ」という声が高まるものの、日銀も政府も重い腰を上げないまま。

先に動いたのは市場の方。円高による輸出関連企業の業績不振を先読みした市場は、株価下落による損失を嫌って売り抜けを図り、株式市場は全面安に陥ります。
加えて市場関係者は「仮に日銀や政府が動くとしたらどんな手を打ってくるだろうか? その効果はどのくらいだろうか?」というシミュレーションを重ねて、自分自身のものや投資家から運用委託を受けている資産の保全対策を着々と進めていました。

そうして迎えたのが、昨日・30日の日銀による『追加金融緩和策』発表。金融緩和の大きさは市場関係者のシミュレーションの範囲に止まったため、その効果はたった1日で消し飛ぶ結果となりました。

人間の“欲”を読める人材を起用していただきたい
『兵法』の基本は、「小出しにすることなく、一斉に大きな手を打つ」「機先を制して、そもそも後手に回らない」というものですが、悉くこれらに反した結果がこの有り様。ケタを上げろとまでは言いませんが、せめて市場関係者の中でささやかれていた数字の3~5倍はふっかけないと、後手に回った分を取り返すのは無理でしょう。

日銀は、8月10日の金融政策決定会合で「日本経済は、現状、緩やかに回復しつつある」と言ってしまっているわけで。追加金融緩和策とは、言わば“前言撤回”ということであり、どの程度の危機感を持っているかを伝えるには相応のインパクトが必要です。

日銀総裁や経済閣僚には、実務家ではなく戦略家、せめて人間の“欲”を読める人材を立ててほしいものです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。