中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巡視艇ナンバー3のベテラン、義憤募らせ送信? ・・・「義賊」ではなく「愉快犯」なのでは?

海上保安官「誰にも相談せず一人でやった」
(NNN 11/10付)

沖縄・尖閣諸島沖の漁船衝突事件をめぐる映像流出問題で、10日、神戸海上保安部の43歳の海上保安官が映像の流出に関与したことを認める話をしていることがわかった。警視庁は、国家公務員法の守秘義務違反の疑いで事情聴取を開始している。この海上保安官はNNNの取材に対し、「誰にも相談せず一人でやった」と話していた。

事情聴取を受けているのは、神戸海上保安部に所属する男性の海上保安官。関係者らによると、この海上保安官は9月、尖閣諸島沖で起きた中国漁船と巡視船の衝突事故をめぐり、海上保安庁が撮影したビデオ映像をインターネット上の動画投稿サイト「YouTube」に公開し、流出させた疑いが持たれている。

この海上保安官は10日午前、巡視船での勤務中、神戸市内の港に接岸した後、任意同行に応じ、第5管区海上保安本部で事情聴取が行われている。

この事件は4日、「sengoku38」を名乗る投稿者が衝突場面を含む約44分間の映像を公開したもの。東京地検はYouTubeを運営する「グーグル」から通信記録を押収して分析したところ、神戸市内の漫画喫茶から映像が投稿されたことがわかっている。

この海上保安官はNNNの取材に対し、映像の流出にかかわったことを認めた上で、「誰にも相談せず一人でやった」と話した。また、「映像は元々、国民が知るべきものであり、国民全体の倫理に反するものであれば甘んじて罰を受ける」という趣旨の主張をしていた。

海上保安庁の幹部に対し、すでに事情説明を終えているとみられ、現在は警視庁が取り調べを行っている。

「義賊」なら、なぜ偽名を使ったのか?
本当にこの神戸海上保安部の主任航海士が“義憤”によって立ったのであれば、匿名性の高い YouTube で偽名による投稿をマンガ喫茶から行ったというその行動選択に対して、大いに疑問を感じます。

真に「自分がやろうとしていることは正しい」という確信があれば、sengoku38 などという無用の憶測を生む偽名ではなく。堂々と自分の身分・所属が明らかとなるようなユーザー名や、いっそのこと本名での投稿を選ぶのではないでしょうか? 仮に本名での投稿によって早期逮捕されたとしても、オリジナル動画を本人以外が削除するにはタイムラグが生じるため、コピーの容易なネットでは相当の拡散を計算できます。

そして何よりも、出所をはっきりさせる方が、アップロードする尖閣ビデオは偽造や悪意のある編集を行ったものではなく、確かな筋から出してきた本物だという信憑性を高められます。公開される情報は、信憑性の高い方がより効果的であるわけで、43歳の成年ならそのぐらいの計算はできて良いように思われます。

偽名に加えて、オリジナルを翌日に削除した意図は?
さらに疑問点を挙げれば、最初に投稿されたオリジナルの尖閣ビデオは翌日に投稿者自身の手で消去されており、現在、出回っているものはそのコピーです。

聴取を受けた海上保安官は、映像の公開が一部の国会議員へたった7分間に限ったものであったことから、事実が闇から闇へ葬られるとの危機感を募らせて、「映像は元々、国民が知るべきものである」という思いから公開に至った説明しているようです。

しかし本当に義憤が犯行動機なのであれば、この海上保安官による尖閣ビデオのアップロードと政府当局による消去の応酬が繰り広げられ、海上保安官が政府の情報統制と闘うことになっていたはずです。そうした戦績こそが、「国民の知る権利を成し遂げるためならば、自分が逮捕されようとも構わない」という覚悟の表れとなるわけです。

けれども、この海上保安官は、アップロードした翌日にオリジナルの動画を自分の手で削除し、政府との闘いを回避しています。政府への怒りを口にしながら、その行動はあまりに中途半端ではないでしょうか。

「義賊」ではなく「愉快犯」なのでは?
偽名を使い、マンガ喫茶を介して、自分の身柄の安全を図った上での匿名アップロード。
翌日には自分でアップロードしたオリジナルを削除する徹底抗戦の意思の欠如。

これらの点から鮎滝は、聴取を受けた海上保安官の行動に対して、「政府を糾す『義賊』のもの」ではなく、「たまたま知り得た職務情報を使ってみたくなった『愉快犯』のものなのではないか?」との疑問符を付けざるを得ません。

組織に生きる人間としての価値観としては、読売新聞のインタビューに「国民から英雄視されるかもしれないが、僕らも組織の人間。個人の判断で国の命運を左右するような情報を流すべきじゃない」と答えた神戸海上保安部職員の方が、至極真っ当でしょう。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
巡視艇ナンバー3のベテラン、義憤募らせ送信?
(読売新聞 11/10付)

神戸海上保安部の主任航海士は10日朝、巡視艇に乗って勤務していた。

午前10時55分頃、神戸市中央区の第1突堤に到着し、正午頃に下船。スーツ姿の男性に連れられ、無言のまま桟橋近くに止められた車に乗り込んだ。「うらなみ」では実質ナンバー3の立場という。

巡視艇の乗務経験が長いベテラン航海士で、ある海保職員は「長年、巡視艇に乗っていただけに、仲間が命がけで中国漁船と渡り合っている事実が、国民の目に隠されていることに義憤を募らせたのだろうか」と戸惑いを見せた。

また、主任航海士とかつて同じ職場だったという5管本部の男性職員は「淡々と仕事をこなすタイプで、目立つ存在ではなかった。そんな大胆なことをするとは思えない」と驚いた様子だった。

神戸海保の幹部は「神戸からインターネット上に投稿されたとは、想像もしていなかった。沖縄から動画をどうやって入手したのかわからない」と戸惑うように話した。別の男性職員は「まさか、神戸の組織からなんて・・・・・・。国民から英雄視されるかもしれないが、僕らも組織の人間。個人の判断で国の命運を左右するような情報を流すべきじゃない」と憤った。

漁船衝突事件の直後には、第11管区海上保安本部(那覇市)から、石垣海上保安部に多くの職員が応援に派遣されたが、神戸からは応援は出ていないという。海保幹部や職員は一様に、なぜ映像を入手できたのかと首をひねった。石垣海上保安部の幹部も報道陣を前に、「報道で聞いただけで何も分からない」と繰り返すだけだった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。