中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強盗、強姦で満期56%が10年内再犯 ・・・耳かき殺人事件の判決を変えていたのでは

法務省:強盗、強姦で満期56%が10年内再犯
(読売新聞 11/12付)

法務省は12日、殺人や強盗など重大犯罪者の実態と処遇について初めて特集を組んだ2010年版「犯罪白書」を公表した。

それによると、強盗と強姦罪に問われ、満期釈放となった人のうち56%が、10年以内に再犯に及んでいる実態が明らかになった。

また、09年に検挙された人のうち、再犯者の占める割合が42.2%と13年連続で増加しており、再犯防止に向けた取り組みの重要性が改めて浮き彫りになった。

特集は、裁判員制度で重大犯罪の裁判に国民が参加することになったことを踏まえ、法務総合研究所が担当した。殺人、傷害致死、強盗、強姦、放火の五つの罪で2000年に出所した1021人を対象に記録を追跡した。それによると、強盗で服役した人、強姦で服役した人は、いずれも39%が出所後10年以内に何らかの罪に問われ、禁固以上の刑が確定していた。性犯罪の前科のある強姦罪の出所者のうち、38%は再び性犯罪を犯していた。

満期釈放者と仮釈放者の再犯率を比べると、仮釈放者の再犯率は、強盗罪で34%、強姦罪で32%だったのに対し、満期釈放者ではいずれも56%と大きく上回っていた。白書は「満期釈放者に対しても、保護観察による指導監督・援護の必要性が高い」としている。

・・・耳かき殺人事件の判決を変えていたのでは?
もしこの法務省による調査結果が耳かき殺人事件の公判前に知られていたのであれば、「何の落ち度もない2人もの被害者を殺害した被告人に無期懲役」という、あの判決は変わっていたのではないでしょうか?

大学で刑法ゼミにいた鮎滝は、ゼミの授業で女子刑務所の見学に行ったことがあります。懲役刑に服している人たちが収容されている施設でしたけれども、規律は感じたものの、殺伐とか緊張という印象はありませんでした。

刑務所の見学の最後に刑務官の方と話しをする機会があり、刑務所の印象を刑務官の方から聞かれたとき、「罰という印象は薄いと感た。しかし、懲役刑は自由を拘束する『自由刑』であるため、自由を拘束されている点で立派に刑罰だと思う」といった感想を話したように記憶しています。

服役囚が刑務所に入る刑事罰には『禁固刑』『懲役刑』の2つがありますが、前者は刑務所に収監することで住居の自由等を奪うというものであり、後者は刑務所に収監することで住居の自由等を奪うことに加えて、刑務所内で木工や洋裁といった一定の労働に従事させるというものです。
こうした概念を先に知っていたため、刑務所見学での感想になったわけです。

懲役刑とは何か? 法律で定められる刑罰
法律学には、刑事政策という研究分野があります。刑事政策とは、刑事法にまつわる諸政策を論じる学問で、犯罪の予防・対策に関して法律のあり方や、法律運営の実務を考える分野であり、犯罪者の矯正政策や犯罪被害者への支援政策などを含んでいます。

その中に、「懲役刑とは、何をもって“懲役”刑と言うのか?」という議論があります。

学問にもブームというのがあり、講義の内容もそれに合わせて変化するため、鮎滝が学生だった当時はそれほど深く立ち入らなかったように思います。
が、前述の刑務所見学の後、個人的には「いかなる行為が犯罪となるか、それにいかなる刑罰が科せられるかは既定の法律によってのみ定められるとする罪刑法定主義の観点から言えばあれが刑務所の姿だろう。でも、それが真なのか?」と考えました。それ故に、刑務官の方へ話した感想も、持って回った言いかたとなったわけです。

近代刑事法の基本原則である罪刑法定主義は、法律で定めれば刑罰は変えられるという概念でもあります。つまり、現状に対して懲役刑に過不足があるのであれば、「法律を改正するという正当な手続きによって、変えていって良い」わけです。

隔離・抑止・矯正を目的とする懲役
歴史的には、受刑者に穴を掘らせて、掘ったあとにそれを埋めさせて、再び穴を掘らせるという無意味な強制労働もあった懲役刑とは何か?

刑事政策の一般論として懲役刑は、犯罪者を一定期間社会から隔離することで社会の安寧を図り、被害者・被害者遺族による報復などから犯罪者を保護する『隔離』、長期間にわたって自由を奪うというペナルティーによって犯罪を割に合わないものとする『犯罪抑止』、強制労働という苦痛を与えることで再犯防止を図り、生活習慣などの健全化や職業訓練によって社会復帰に役立てる『矯正』で説明されています。

しかし、法務省による「満期釈放者の再犯率・56% 」という数字は、隔離はできていても矯正はできていないという実態を示していると考えれます。

犯罪者を矯正、社会復帰させる刑罰とは?
米国には、元ギャングであった受刑者の下に、若者たちが体験談を聞きに行くことで若者の非行を防止するという矯正プログラムを導入している自治体があります。受刑者は、自分の経験を話すことで自分の過去の過ちを整理し、再犯やギャングの道に戻ることの愚かしさを学びつつ、社会との接点を持つこと。若者たちはギャング・スターなどにはなれないこと、ギャングが派手な抗争や金回りの良い格好いいものではなく、簡単に抗争相手に殺されたり、仲間から裏切られたり、ボスから切り捨てられたりする現実を知ることを目的とする制度です。

また同じく米国には、受刑者が盲導犬を育てることで、社会貢献と動物をいたわり、一緒に過ごすことによって穏やかさを獲得させるという矯正プログラムを取り入れている自治体があります。

日本国も、旧来の木工作業や洋裁作業に限らず、様々な矯正プログラムを考える時機に来ているのではないでしょうか?
日本国でも盲導犬・介助犬は慢性的な不足状態にあるため、米国と同様の矯正プログラムを導入しても良いでしょう。高齢社会の日本国では、ドラマ『任侠ヘルパー』のように人への介護を学ぶという考え方もあって良いでしょう。また、後継者不足に頭を悩ませている最先端の金属加工技術を学ばせることで、服役後の社会復帰を円滑にして再犯防止に努めるという発想もあって良いように思います。

受刑者を一見すると優遇するような発想ですが、彼彼女らに2度と犯罪をさせない「社会の安全の対価」として、鮎滝は一考の余地があると考えています。

その上で、耳かき殺人事件を見返し、「社会は、本当にあの男を再び社会へ受け入れられるのかどうか?」と問い直した時、鮎滝は疑問符が付くように思います。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
「刑務所、刑を務めるだけ」 再犯問題、服役38年男性
(朝日新聞 11/12付)

重大な犯罪で服役を終えた後、10年の間に約3割が再犯をしている実態が、法務省が発表した犯罪白書で明らかになった。「刑務所は字の通り、刑を務めるだけのところだった」。強盗殺人罪で無期懲役を受け、約38年服役して今年に出所した60歳代の男性はそう語り、再犯を防ぐ取り組みが足りないと指摘した。

法務省は「職業訓練などの取り組みには数の限りがある。刑務所ごとに受刑者の能力を見て対象者を決めるため、希望が必ずしもかなうわけではない」というが、この男性は「重大犯罪で長く服役しているほど、社会復帰のための職業訓練を刑務所に希望しても受けられないと感じた」と話す。

「何も身につかずに出て行く不安は大きい。服役中に失効した運転免許の学科試験だけでも受けられれば大きな自信になるのに・・・・・・」

男性は出所後に免許を取り直し、刑務所内で教誨師として出会った熊本市の牧師(51)の勧めで、今月10日にはホームヘルパー2級の資格も取得した。今は教会に住み込んで清掃や洗濯の仕事をしながら、介護施設などの就職先を探しており、自立するのが夢だという。

男性も服役して十数年間は、「規律を破ったとして懲罰を受け、けんかっ早く、心が腐っていた」という。だが懲罰を受けて座っているうちに、「このままでは自分の人生がダメになる」と思うようになった。夢中でお経を唱えている中で、家族や自分がした罪のことも考えられるようになったという。

長い服役中には、出所しても住居や仕事が定まらず、すぐに再犯をして刑務所に戻ってくる受刑者を何人も見た。「自分を認めて欲しいという気持ちや虚栄、優しさへの飢えがあったと思う。継続して話を聞けば、自分を見つめ直して、再犯しなくなる人も出てくる」

だが、刑務所内でそうした声を聞くプログラムは不十分だったと思う。男性が月1回、半年間の贖罪のための教育を受けたのは十数年前の1度きり。「教誨師の話を聞いたり、自分が被害者になったつもりで文章を書いたりすることは大事だった。中身の濃い内容を、継続してやらないと意味がない」と話す。

男性を見てきた牧師は言う。「社会で生きていくことにつながる職業訓練やカウンセリングで再犯が防止できれば、社会的コストの削減にもつながる。変えるところは、あとは社会の意識だ」(河原田慎一)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。