中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裁判員裁判で初の死刑判決 「控訴勧める」と裁判長 ・・・耳かき店員殺人事件は控訴すべきだった

裁判員裁判で初の死刑判決 「控訴勧める」と裁判長
(朝日新聞 11/16付)

東京・歌舞伎町のマージャン店経営者ら2人を殺害したなどとして、殺人や強盗殺人などの罪に問われた池田容之被告(32)の裁判員裁判で、横浜地裁(朝山芳史裁判長)は16日、求刑通り死刑判決を言い渡した。朝山裁判長は「犯行はあまりに残虐。更生の余地があるとも見られるが、極刑を回避する事情とは評価できない」と述べた。昨年5月に始まった裁判員制度での死刑判決は初めて。

弁護側は起訴内容を争わず、強盗殺人罪の法定刑である死刑と無期懲役のどちらを選択するかが争点だった。

判決は、「死刑が許される基準」として最高裁が1983年に示した「永山基準」をよりどころに検討。被害者とトラブルを抱えていた麻薬密輸組織の上役から殺害の依頼を受け、「自分の力を誇示するために引き受けた」などと、犯行の経緯はほぼ検察の主張に沿って認定した。

その上で、量刑理由の説明に入った。犯行に計画性を認めたうえ、被告の役割も「主導して最も重要な行為をしている」と認定。「被害者と全く面識もないのに、覚せい剤の利権を得たいという欲にかられた身勝手なもの」と犯行の悪質性を指摘した。

また、被告が命ごいする被害者を電動ノコギリで切りつけ、遺体を切断して捨てた殺害・遺棄方法について「最も残虐で恐怖や苦痛は想像を絶する。誠に残忍」と非難し、「酌量の余地がなければ、極刑を選択しなければならない」と述べた。

一方で、自首や反省など被告にとって有利な事情にも言及。「遺族の意見陳述を聞き、遅ればせながら罪の大きさを感じるなど内面の変化が見られる」と一定の評価をしたが、「犯行はあまりに残虐で非人間的」「自首も過大評価できない」と無期懲役を求めた弁護側の主張を退けた。

弁護側は、法廷で遺族の厳しい言葉に接した被告が反省や償いの姿勢を見せ始めたことを強調。「被告に人間性は残っている。わずかでも死刑をためらう気持ちがあれば死刑にしてはならない」と裁判員に訴えた。永山基準にも触れながら、「従来の量刑傾向にこだわらず、裁判員の良識、経験を」と求めていた。(太田泉生)

■裁判長「控訴勧める」と異例の呼びかけ

死刑の主文を言い渡した後、朝山裁判長は「判決は重大な結論となった。裁判所としては被告に控訴することを勧めたい」と、池田被告に異例の呼びかけをした。

・・・耳かき店員殺人事件は控訴すべきだった
日本国憲法は三審制(案件によっては二審)による裁判を予定しており、日本国民は地裁判決に不服があるときは高裁へ控訴、高裁判決に不服があるときは最高裁へ上告する権利があります。
これは、裁判は人が人を裁くものであり、一審判決で判断を誤る可能性を払拭できないことの担保。複数回の裁判を受けられるようにすることで、誤った判決に基づく刑罰や処分が行われないようにする法制度でもあります。

しかし、最高裁判所は、市民の司法参加である裁判員裁判を導入するにあたって、次のような報告書をまとめて裁判員制度裁判を経た裁判の控訴審を遠ざけています。

――裁判員制度、控訴審は一審尊重を 最高裁が報告書
(日経新聞 08/11/11付)
市民が刑事裁判に参加する裁判員制度の来年5月の実施に向け、最高裁司法研修所は11日、裁判員が加わった一審判決について、職業裁判官だけで審理する控訴審では「できる限り尊重すべきだ」などとする研究報告をまとめた。
国民の視点や常識が反映された一審の結論を覆す「破棄」は、一審判決が明らかに不合理な場合などに限るべきだとした。――

市民の司法参加を実現して根付かせるための配慮なのでしょうが、最高裁司法研修所という一機関が出すものとしては、三審制に抵触する行きすぎた内容です。さらに同報告書に、唯々諾々と従う各下級裁判所。
鮎滝は、この法曹界の現状を気色悪いと感じます。

裁判員裁判で死刑判決を出すことに関して裁判員を務めた方々の心労を考えるのであれば、死刑か無期懲役かを争った裁判員裁判で無期判決を出された裁判員の方々の心労も考えなければ平等性を欠きます。両者は、同じぐらい頭を悩ます事案であったはずです。

今回のマージャン店強盗殺人事件で、控訴審、言わば「刑法のセカンドオピニオン」を勧めるなら、先日の耳かき店員殺人事件でもセカンドオピニオンを勧めて然るべきだったのではないでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
検察、控訴を断念 無期懲役が確定へ 耳かき店員殺害
(産経新聞 11/13付)

東京都港区で昨年8月、耳かき店店員の江尻美保さん=当時(21)=と祖母の無職、鈴木芳江さん=同(78)=が殺害された事件で、殺人罪などに問われた元会社員、林貢二被告(42)に無期懲役を言い渡した東京地裁判決について、東京地検は12日、控訴しないことを決めた。

控訴期限は16日午前0時。弁護側も控訴しない方針で、検察側が初めて死刑を求刑した裁判員裁判は、無期懲役判決が確定する。検察側が死刑求刑し、無期懲役となった判決を控訴しないのは異例。

この事件では検察幹部が「誰が見ても死刑というわけではない」と語るなど、検察当局も死刑と無期懲役の境界線上にある難しいケースという認識だった。判決後、東京地検は東京高検などと協議をし、裁判官だけで審理する控訴審で、無期懲役判決を覆すのは困難と判断したもようだ。

林被告は起訴内容を認め、争点は量刑に絞られていたが、東京地裁は1日、「死刑を選択する余地がないか徹底的に議論したが、極刑がやむを得ないとの結論には至らなかった」として死刑を回避した。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。