中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第136回オリコン調べ「本」ランキング 今週の注目本:キングダム、のぼうの城

第136回オリコン調べ「本」ランキング(11月8~11月14日)

▽書籍総合
1位:ポケットモンスターブラック 最速攻略ガイドミニ
 (利田浩一)・・・32,835部
2位:ポケットモンスターホワイト 最速攻略ガイドミニ
 (利田浩一)・・・27,552部
3位(↑):もし高校野球の女子マネージャーが
 ドラッカーの『マネジメント』を読んだら
 (岩崎夏海)・・・26,925部
4位:藤原さんちの毎日ごはん(みきママ)・・・25,685部
5位(↑):スッキリ美顔ローラー(宝島社)・・・22,497部
6位(↑):宇宙は何でできているのか 素粒子物理学で解く宇宙の謎
 (村山斉)・・・15,359部
7位:猫物語 白(西尾維新)・・・15,220部
8位(↑):老いの才覚(曾野綾子)・・・14,673部
9位(↑):イヴ・サンローラン 揺るぎない美
 (宝島社)・・・14,097部
10位(↑):世界一簡単にできる年賀状 2011
 (宝島社)・・・12,179部
――今年も年賀状物がトップ10入りする季節になりました。


▽コミック
1位:ONE PIECE 60(尾田栄一郎)・・・305,550部
2位:NARUTO 53(岸本斉史)・・・154,230部
3位(初):蒼天の拳 22(原哲夫、武論尊)・・・84,331部
4位:ONE PIECE GREEN SECRET PIECES
 (尾田栄一郎)・・・78,479部
5位(↑):WORST 25(高橋ヒロシ)・・・76,574部
6位(初):とある魔術の禁書目録 7
 (鎌池和馬、近木野仲哉、灰村キヨタカ)・・・69,261部
7位:新テニスの王子様 4(許斐剛)・・・69,002部
8位(初):範馬刃牙 26(板垣恵介)・・・66,917部
9位:ぬらりひょんの孫 13(椎橋寛)・・・63,411部
10位(↑):メイちゃんの執事 14(宮城理子)・・・56,300部
――尾田栄一郎『ONE PIECE 60』が2週連続の首位。2週目でも30万部という、平常週での首位クラス部数が出ています。
週刊少年ジャンプでの長期休載明けはバタバタしたコマ割りでしたけど、翌週には「ONE PIECEらしさ」が戻ってました。尾田先生は、やっぱりすごい!



▽文庫
1位(↑):俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7
 (伏見つかさ)・・・71,883部
2位:白銀ジャック(東野圭吾)・・・52,780部
3位(↑):灼眼のシャナ ⅩⅩⅠ(高橋弥七郎)・・・34,423部
4位:インシテミル(米澤穂信)・・・21,302部
5位(↑):ヘヴィーオブジェクト 巨人達の影
 (鎌池和馬)・・・20,243部
6位(初):妖の華(誉田哲也)・・・17,910部
7位:秘密(東野圭吾)・・・17,677部
8位:とける、とろける(唯川恵)・・・17,199部
9位:のぼうの城 上(和田竜)・・・16,939部
10位:のぼうの城 下(和田竜)・・・15,906部
――東野圭吾『白銀ジャック』の連続1位記録更新を止めたのは、伏見つかさ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない 7』でした。これぞ、メディアミックスの威力。
読書ペースが落ちているためレビューが遅れましたが、文庫部門では『のぼうの城』。

『のぼうの城』(和田竜)・・・織田信長が本能寺で倒れた後。天下統一は、信長の跡を継いだ豊臣秀吉によって進められていた。秀吉は、未だその軍門に下っていない戦国大名、関東の雄・北条氏を討つために大軍を起こす。

大軍で関東へ攻め込んできた秀吉軍に対して、北条氏は籠城による徹底抗戦をはかる。
この戦に加わっていた石田三成は、2万の軍勢を与えられ、秀吉から「武州・忍城を討ち、武功を立てよ」との命を受けた。武州・忍城は、成田氏が預かる城で、周囲を湖で取り囲まれた「浮城」の異名を持つ難攻不落の城である。しかし、忍城当主・成田氏長は密かに秀吉と通じて降伏を決めており、北条氏の籠城にも形だけ参加している身であった。

本来、三成による降伏勧告のみで終わるはずだった忍城戦だが、氏長に城を任された城代・成田長親が「戦」を決めたことで武力衝突に向かう。主だった将兵は小田原へ出ており、忍城の軍は5百、農民らも含めて2千強。しかも長親は、領民たちに木偶の坊から取った「のぼう様」などと呼ばれている人物である。
武将に求められる武・智・仁と無縁の総大将が率いる小勢で、2万の大軍と戦うことになった忍城の運命は・・・



◆オリコンランキング(11位以下の書籍ランキングはページ中ほど)

今週発売の注目本:
『キングダム 20』(原泰久)・・・秦趙同盟が成ったことで、大きく動き出した戦国七雄時代。趙への警戒が不要となった秦は、魏攻略戦を開始する。
しかし、秦軍を率いる総大将・蒙驁将軍の前に立ちはだかったのは、魏王の不興をかっていたはずの廉頗将軍であった。廉頗将軍は、「自分が出るに値する戦」が起きるまで時機を待っていたのである。蒙驁将軍にとって廉頗将軍は、若き日に越えられなかった大きな壁。しかも、廉頗将軍は進軍の途上で秦の千人将や一軍を担う将軍を暗殺し、先んじた布石を打ってきた。

一方、三百人将として着実に功績を積み上げてきた信は、暗殺された千人将の穴を埋めるべく、蒙驁将軍の独断で千人将に抜擢される。
そして、流尹平野で睨み合うことになった秦軍と魏軍の一大決戦がここに始まる・・・(11/19発売)

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。