中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙谷、馬淵氏の問責可決 ・・・野党は“審議拒否”しか考え出せない無政策集団

仙谷、馬淵氏の問責可決 漁船衝突「不適切な対応」
(中日新聞 11/27付)

歳出総額4兆8513億円に上る2010年度補正予算は26日夜、成立した。これを受け、自民党は中国漁船衝突事件などの対応が不適切だったとして、仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相の問責決議案を参院に提出。同日深夜から27日未明にかけての参院本会議で、社民党を除く野党の賛成多数で可決された

菅直人首相は両氏を続投させる意向だが、野党側は審議拒否を辞さない構え。内閣支持率の下落が止まらない中、首相への打撃は必至で、政権運営は一層厳しさを増すことになる。

円高・デフレ対策を柱とする補正予算は26日夜、参院本会議で野党の反対多数で否決。衆院では、与党と社民党の賛成多数で可決されているため、補正予算は両院協議会を経て、憲法の規定により成立した。

関連法である改正地方交付税法は与党と社民党のほか、公明党も賛成して可決、成立した。

一方、自民党は参院本会議での補正予算の採決後、仙谷、馬淵両氏の問責決議を提出。仙谷氏に対しては、みんなの党と共同提出した。

自民党は今後の国会審議を原則、全面拒否する方針。公明党は仙谷、馬淵両氏が出席する委員会、本会議には応じないとしており、12月3日の会期末を前に、国会は事実上の閉幕となる。来年1月に召集される通常国会で、野党が審議拒否を継続した場合、冒頭から混乱する可能性もある。

・・・菅内閣は失点のオンパレードだけれども
菅直人内閣総理大臣は、今国会を「熟議の国会としたい」と訴えかけて始めました。

国会会期中、尖閣諸島沖で中国漁船が日本国海上保安庁巡視船へ衝突する事件が起きたり、
同事件の有力物証である中国漁船も、逮捕した中国人船長も日本国内法で裁くことなく帰してしまったり、
機密情報としたかった同事件の記録ビデオを海上保安官にリークされてしまったり、
柳田前法務大臣がサービス精神と自負するノリで失言したりと、

確かに菅内閣はボロボロと失点を続けました。柳田前法相の辞任劇も、仙谷、馬淵両大臣への問責決議可決も、菅内閣の自業自得です。

野党は“審議拒否”しか考え出せない無政策集団
しかし、野党である自民党に、この国会会期中で成し遂げられたことが1つでもあったでしょうか?

大臣の首を獲ったからと言って、衆議院(定数・480)のうち305議席も民主党が押さえているという政局は不変。衆議院で圧倒的に負けている自民党に政権が転がってくるはずもありません。いくら問責決議案を通したところで、菅内閣総理大臣には「大臣を置きかえる」という手が残っているわけで、その一手で自民党は打つ手なしの“詰み”となります。

素人でも“詰む”ことが見えるにもかかわらず、自民党は、大臣の首にこだわり、裁判所に任せれば良い小沢一郎元代表の国会招致にこだわり続けました。
挙げ句、政府案のままで2010年度補正予算案は成立。「小沢氏を出す、出さない」「○○大臣は辞任すべきだ」という話ばっかりしていた衆参予算委員会で、この補正予算案の実効性や妥当性、同案を上回る税金の選択と集中の検討は、一体どこで進められていたのかさっぱり不明です。

その上に、「問責決議案を受けた大臣の出る委員会での審議には応じられない」という審議拒否を重ねようと言うのですから、目も当てられません。審議拒否の口実となる問責決議案を出したのは自民党であるわけで、審議拒否に相応しくない国会状況への最後の一手を打ったのは自民党自身です。
健忘症の自民党は、参院選前の臨時国会で行った審議拒否戦術に対する批判を、もう忘れてしまったのでしょうか。

国会を政府与党の首狩り場、政局の場に貶めているのは、他の誰でもなく最大野党の自民党自身です。
熟議に耐える能力のない無政策集団など政党と呼ばないわけで、それは単なる国会本会議場のベンチウォーマーでしかありません。自民党も野党2年生、いい加減に「政党の仕事は、議論による叡知の創出である」という、政党本来の姿に立ち返るべきではないでしょうか?

在東京の大マスコミは、野党による政治の矮小化を許し過ぎ
こういうロジックを、全国紙より地方紙の方がよく見えているマスコミも考えものです。

問責決議案を「政権への大打撃」などとマスコミが煽るからこそ、大臣の首を獲るという“野党による政治の矮小化”を許すことになるわけです。政治とは国益を論ずることであり、大臣の首を獲っても、尖閣諸島を取り戻す一手、日本経済を浮揚させる一手を考え出さない限り、政治の仕事をしたとは言えません。

在東京の大マスコミ、政治に対して真に厳しい目を失ったのでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
ねじれ国会 不毛な論戦にあきれる
(中日新聞 11/27・社説)

菅直人首相が臨時国会「最大の課題」と位置付けた2010年度補正予算。しかし、今国会は補正以外に成果が乏しく、与野党はののしり合いに終始した感が強い。不毛な論戦にあきれるばかりだ。

臨時国会は会期を12月3日まで残してはいるが、幕引きムードが漂う。これまでに成立した法律は20本に満たない。これはどうしたことか。臨時国会が始まった2カ月前を振り返ってみよう。

参院選での民主党惨敗後の「ねじれ国会」に臨む首相は、所信表明演説で「与野党間での建設的な協議に心から期待する」「野党の皆さんにも真摯に説明を尽くし、この国の将来を考える方々と、誠実に議論する」と強調した。

しかし、首相の熱意と覚悟が足りなかったのだろう。補正予算と関連法は別にして、製造業への派遣を原則禁じる労働者派遣法改正案など、野党の反発が強い法案は軒並み成立が見送られた。

与党が参院で過半数に満たないねじれ状態では、与野党が協力し合わなければ、法律は成立せず、国政の停滞は免れない。臨時国会は、ねじれを解く知恵を絞る好機だったが、逸してしまった。

これでは2011年度予算案や多くの重要法案が待ち受ける来年の通常国会が思いやられる。

論戦が不毛に終わった責任は一義的には政府・与党側にある。小沢一郎民主党元代表の「政治とカネ」の問題では、国会で説明させる決断ができなかった。閣僚の不用意な発言も相次ぎ、政策論争が活発にできる環境には至らなかった。

とはいえ、責任の一端は最大野党の自民党にもある。

臨時国会では多くの委員会審議がテレビ中継されたが、首相や閣僚を口汚く責めたり、揚げ足をとる姿に、国民は留飲を下げるよりも、うんざりとしたのではないか。

政府を追及するのは野党の役割だが、ねじれ国会では野党も国政を担う責任を与党と共有していることを忘れてはならない。

そもそも仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国土交通相は問責に値するほどの瑕疵があったのか。

確かに、中国漁船衝突事件をめぐる対応が万全だったとは言い難いが、そのたびに閣僚の責任を問うていたら、国政は機能しない。

来年の通常国会では、与野党ともに態勢を立て直して、国の将来を見据えた骨太の政策論議が展開されることを期待したい。さもなければ、政治不信を増幅することになると肝に銘じるべきである。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。