中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国抑止へ「動的防衛力」 防衛大綱決定 ・・・不打不成相識、中国が嫌がったなら正解

中国抑止へ「動的防衛力」 防衛大綱決定
(中日新聞 12/17付)

政府は17日午前の安全保障会議と閣議で、国防の基本的指針となる新たな「防衛計画の大綱」(防衛大綱)と中期防衛力整備計画(中期防、2011~15年度)を決定した。必要最小限度の防衛力を国内に均等配置する「基盤的防衛力構想」に代わり、即応性・機動性を重視した「動的防衛力」の概念を新たに導入。軍事力を増強する中国を「地域や国際社会の懸念事項」と位置付け、島嶼(とうしょ)部など南西地域の態勢強化を打ち出した。

大綱の策定は04年以来6年ぶり。民主党政権では初めて。

旧ソ連の侵攻を想定した「基盤的防衛力構想」は1976年に示され、前回大綱でも「有効な部分は継承」とされていた。今回は従来方針を転換。戦車など冷戦型の装備を縮減する一方、海空の機動力を整備し、ミサイル対処、防空、輸送などの機能を充実する。具体的な対処として、島嶼部への攻撃、サイバー攻撃、ゲリラ、弾道ミサイルなどを重視するとした。

また首相官邸に、安全保障に関する関係閣僚の政策調整と首相への助言を行う組織の新設を明記。国連平和維持活動(PKO)参加五原則は実態を踏まえ、あり方を検討する。

武器輸出三原則の見直しは、社民党の反発などに配慮して見送った。ただ先進諸国では国際共同開発・生産が主流と指摘。「こうした変化に対応するための方策を検討する」と含みを持たせた。

一方、中期防は23兆4900億円で、前回(05~09年)に比べ7500億円の減額となった。南西諸島防衛の強化に向け、与那国島(沖縄県)などに沿岸監視隊を配置するとともに、中隊規模の陸上部隊を展開。早期警戒機も南西地域で常時運用する。

・・・不打不成相識、中国が嫌がったなら正解
「不打不成相識」とは、中国の故事成語で「喧嘩しない限りお互いのことを本当によく知ることはできない」と言う意味です。
言い合い、主張し合うことによって、初めて相手のことが解るというのが中国人。押されたら引いたり、すぐに妥協点を探ったりするようでは、いつまで経っても関係は進展しないわけです。

その中国が、今回の日本国の防衛大綱に対して不快感を表明しました。東シナ海ガス田など南西諸島で中国と衝突する日本国にとっては、最初の段階をクリアしたと言えるでしょう。

中国との安全保障問題で引いてばかりだった菅内閣が、防衛大綱の運用時点で引くことなく、中国に対して主張し続けることを願います。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
新防衛大綱、中国が強い不快感を表明
(読売新聞 12/18付)

【北京=佐伯聡士】中国外務省は17日、日本政府が東シナ海などでの中国の活動に警戒感を示す新防衛大綱を決定したことについて、「中国は平和発展の道を堅持し、防御的な国防政策を実施しており、いかなる人に対しても脅威となるつもりはない」と反論する報道官談話を発表した。

その上で、「一部の国に、国際社会の代表を気取って、無責任に中国の発展をとやかく言う権利はない」と、強い不快感を表明した。

「強大な海軍」を国家目標に掲げる胡錦濤政権は、遠洋能力向上を図るため、今年4月、沖ノ鳥島西方の太平洋上で実施した艦隊合同訓練を常態化させる方針を固めている。南西諸島周辺での日本の潜水艦増強などが障害になるとみて、警戒を強めている模様だ。

中国紙「中国青年報」は17日、新大綱について「日本が専守防衛政策から離れるプロセスを加速し、(日本を)攻撃性を備えた軍事国家へと発展させるものだ」と非難する西安陸軍学院の専門家の論文を掲載した。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。