中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独自の幼保一体化・渋谷方式に注目集まる ・・・中央省庁官僚より地方公務員の方が賢い?

独自の幼保一体化・渋谷方式に注目集まる
(読売新聞 12/28付)

2013年度の導入を目指す幼稚園と保育所の一体化施設「こども園」(仮称)について政府の議論が迷走する中、国の枠組みに入らず、独自に一体化施設を展開する東京・渋谷区が関係者の注目を集めている。

待機児童対策に追われる現場では、親子のニーズに応じた取り組みが早急に求められていることが背景にあり、具体策を打ち出せない政府へのいらだちは高まる一方だ。

「こうやって丸めるんだよ」。渋谷区立「山谷かきのみ園」では、5歳の男の子が3歳の女の子にパン生地のこね方を教えていた。同園は昨年度まで4、5歳児対象の幼稚園。区が条例を制定し、今年4月から保育所機能を加えて1~3歳児を受け入れ、幼保一体化施設として再出発した。

昨年度の園児数は22人と定員の4割だったが、現在は1~3歳が28人で入園は順番待ち。4、5歳児も午後7時半までの保育が可能となって申し込みが急増、来年度はほぼ満員の見通しだ。施設長の中村リヨさん(62)は「幅広い年代の子どもが触れ合えるので、教育効果も高い」という。同区は来年度、再来年度も1か所ずつ増設する方針。

長女(5)を預けている美容師の母親(38)は「仕事が終わる6時過ぎまで預かってくれるので助かる。幼稚園としての教育を受けられるのもうれしい」と話す。

もともと幼保一体化施設には、国が06年に導入した「認定こども園」があるが、二つの制度を抱き合わせただけで、厚生労働省(保育所)、文部科学省(幼稚園)とそれぞれの所管に申請が必要。事務作業が煩雑なため施設数は532か所(4月現在)と、目標の2000か所に遠く及ばない。

渋谷区の施設はこの制度の枠外で、法的には認可幼稚園に認可外保育所が併設されている形。厚労省も「渋谷のような例はあまり聞いたことがない」という。独自策を選んだ理由について区の担当者は「待機児童の増加が深刻で、早急な対応が必要だった。幼稚園の生き残り策でもある」という。

同区の待機児童数は今年4月現在で78人と2年前に比べて2.6倍。一方、全国的に幼稚園児は1978年度をピークに減少し、文科省によると昨年度の幼稚園定員に対する充足率は公立が約50%、私立が約75%。

幼稚園の空き空間を保育所として活用できれば即効性のある待機児童対策になるが、「認定こども園」の基準をクリアするのはスペースなどの問題で難しく、2歳以下を受け入れる保育所の条件として調理室新設なども求められる。このため、区独自の基準で幼稚園を活用する選択をしたという。

今年、かきのみ園には全国各地の自治体から視察が相次ぎ、関心の高さを裏付けた。

待機児童が200人を超える大阪市の担当者は「渋谷のやり方は魅力的だが、国の補助がないと独自では厳しい。国の幼保一体化議論の行方を見定めた上で、対策を考えたい」と話していた。

・・・中央省庁官僚より地方公務員の方が賢い?
省益に絡めて考えなくてよいからかもしれませんが、“幼保一元化の達成度合”に関しては地方公務員の方が上手であるようです。

渋谷区の施設は、法律上、「“認可幼稚園”に“認可外保育所”を併設したもの」と扱われるものであり、認可保育所と同様の施設を求める認定こども園に比べれば、やや見劣りするでしょう。ですが、働く親のニーズは「仕事が終わる6時過ぎまで預かってくれる」というところにあるわけで、認可幼稚園であれば、「子どもの帰りの時間を遅くできる」というだけでニーズは満たされます。たったそれだけなのです。

働く親のニーズは、子どもが1歳成長する毎に変化します。極端な話、5歳の子どもの待機児童状態は、翌年の小学校入学により未解決のまま強制解消されてしまいます。働く親にとって、子どもを今年から預けられるかどうかということは、喫緊の問題なのです。

政府は、10年後に幼稚園と保育園を廃止して、すべてを「認定こども園」に移行させようとしています。
が、日々成長していく子どもを抱える親たちにとって、10年後・2020年度の実現というペースは、遅きに失しています。今年生まれた子どもも、2020年度には小学4年生です。2歳違いで第3子までいたとしても、この家庭の保育ニーズはとっくに無くなっているでしょう。

タイムリーに応じる必要のある政策ニーズに対して、形を整えることにこだわる価値がいかほどのものであるのか、中央省庁の官僚と政治家は、きちんと返答すべきではないでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
幼稚園保育所 10年後めど廃止 政府、こども園移行案提示
(産経新聞 11/2付)

政府は1日、幼稚園と保育所を統合する「幼保一体化」計画に関し、10年程度の経過措置を経て幼稚園と保育所を廃止し、新設の「こども園」に移行するとのたたき台を、民間有識者も含めた「幼保一体化ワーキングチーム(WT)」に提示した。ただ、WTの出席者からは早くも反発の声が上がり、実現に向けた道筋は不透明だ。

幼保一体化は、民主党が昨年の衆院選の政権公約(マニフェスト)で掲げた目玉政策の一つ。幼稚園は文部科学省所管、保育所は厚生労働省所管という二重行政を是正することが目的で、菅直人首相は10月の所信表明演説で、来年の通常国会に関連法案を提出する考えを示している。

たたき台では、平成18年に発足した「認定こども園」の実績を踏まえ、新たな制度を作る案を提示。幼稚園は専業主婦家庭の3歳以上の子供の教育、保育所は共働き夫婦の子供の養育支援を主な役割としてきたが、こども園では一体的にサービスを提供する。

また、都道府県が設置認可を行い、学校法人、社会福祉法人、株式会社、民間非営利団体(NPO)なども運営を行えるようにする。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。