中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共同通信社:2010年10大ニュース ・・・鮎滝としては『FIFAW杯、ベスト16』

共同通信社:2010年10大ニュース
共同通信社、全国の加盟新聞社、ラジオ・テレビ局の報道・論説担当者が、ニュース現場の視点で選んだことしの10大ニュースが決まった。

国内、国際の1位はそれぞれ、尖閣諸島周辺での中国漁船と巡視艇の衝突、北朝鮮の砲撃による朝鮮半島の緊迫と、東アジアの困難な政治状況を浮き彫りにするニュースが選ばれた。昨年は「政権交代」「オバマ始動」と、希望を込めた動きがトップだったが、どちらも大きな期待外れで終わった。

口蹄疫の流行、円高と通貨安競争、「無縁社会」の深刻化など、未来への希望を感じさせない出来事が多かったなかで、国内では、身を焼き尽くしながらけなげに帰還した小惑星探査機「はやぶさ」に感動。国際ニュースでは生き埋めになったチリの鉱山作業員33人の生還が世界を喜ばせた。

候補には入らなかったが、内部告発サイト「ウィキリークス」が25万点もの米国務省の公電を入手、暴露し始め、外交の世界を揺るがしている。これは来年にも尾を引きそうなので「番外」に登場させた。

国内ニュース
【1位】尖閣諸島で中国漁船が巡視船に衝突。ビデオ流出騒ぎも
【2位】参院選挙で民主党が大敗。ねじれ国会に
【3位】厚労省元局長に無罪判決。特捜検事らを証拠偽造で逮捕
【4位】普天間移設で日米合意。迷走の鳩山内閣は辞職し菅内閣誕生
【5位】宮崎県で口蹄疫の被害が拡大。全国を震撼
【6位】観測史上最高の猛暑。熱中症多発で死者も
【7位】小惑星イトカワから「はやぶさ」が帰還
【8位】所在不明の高齢者が続々と判明。「無縁社会」も深刻に
【9位】ノーベル化学賞に根岸英一、鈴木章両氏
【10位】15年ぶりの円高水準。政府は市場介入

国際ニュース
【1位】北朝鮮の韓国砲撃などで朝鮮半島緊迫
【2位】チリ鉱山落盤事故。69日ぶり作業員33人全員を救助
【3位】北朝鮮の指導者金正日総書記の後継者に三男、金正恩氏
【4位】中国の国内総生産(GDP)、日本を抜き世界2位の経済大国に
【5位】欧州の財政危機。ギリシャからアイルランドに波及
【6位】中国の民主活動家、劉暁波氏にノーベル平和賞
【7位】米中間選挙で与党、民主党が敗北
【8位】通貨安競争が激化。先進国と新興国が対立
【9位】メキシコ湾の油井事故で原油が大量流出
【10位】中国の次期最高指導者に習近平氏

2010年の10大ニュースは次のような手順で選ばれました。

共同通信の政治、外信、社会など編集関係の各部が、専門分野を中心に大きなニュースを提案し、編集委員室が国内、国際の各29項目を候補にまとめた。

投票したのは共同通信に加盟する全国の新聞社の編集、論説の責任者、ラジオ・テレビ局の報道担当者、共同の支局長や編集関係部長ら、日ごろニュースを判断し続けている約240人。1位から10位まで順位を付けて投票し、その結果に基づいて決定した。

・・・鮎滝としてはFIFAW杯、ベスト16
外国為替市場における、ドル安、ユーロ安は確かに大きなニュースでした。
米国と日本国はともに先進国であるのに、たった1年間でドルが円に対して11.8%も安くなるなど異常事態です。米国は内需大国であっただけに、米国経済の停滞は、外需依存の日本国にとって非常に大きなダメージとなりました。

10大ニュースは、一般にネガティブなニュースが並びやすい傾向があります。
けれども今年は、日本代表が2010FIFAワールドカップでベスト16になったことを挙げたいです。パラグアイ戦をLIVE中継で見ていたこともあり、非常に強く印象に残っています。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
大納会終値1万0,228円、昨年末より3%下がる
(読売新聞 12/30付)

2010年最後の取引となる大納会を迎えた30日の東京株式市場は、外国為替市場での円高を受けて幅広い銘柄が売られ、日経平均株価(225種)は前日比115円62銭安の1万228円92銭で取引を終えた。

ギリシャなど欧州の財政危機を発端とする世界同時株安や円高を受け、09年末(1万546円44銭)より3.0%(317円)低く、2年ぶりに下落した。東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は前日比9.21ポイント低い898.80で、東証1部の出来高は約14億6800万株だった。

円高が進んだのは、米国の長期金利低下などで円を買う動きが優勢となったからだ。円相場は一時、1ドル=81円28銭と、約1か月半ぶりの円高水準をつけた。午後5時、前日(午後5時)比55銭円高・ドル安の1ドル=81円50~52銭で大方の取引を終えた。

2010年の円相場は1ドル=93円台で取引が始まり、1年間で11円以上も円高になった。背景には、欧米経済の先行き不透明感がある。11月初めには海外市場で1ドル=80円21銭をつけ、1995年4月に記録したこれまでの最高値(1ドル=79円75銭)に迫った。

政府・日本銀行は9月15日に約6年半ぶりとなる円売り・ドル買いの市場介入を実施したが、効果は一時的なものに終わっている。

<南アW杯>日本、PK戦で敗れ8強ならず パラグアイ戦
(6/30付)

サッカーのFIFAワールドカップ・南アフリカ大会は第19日の29日、決勝トーナメント1回戦最後の2試合。1次リーグE組2位の日本(世界ランク45位)は、史上初のベスト8進出を懸け、プレトリアのロフタス・バースフェルド競技場でF組1位のパラグアイ(同31位)と対戦。

両者90分間で得点なく、延長戦でも決着が付かず0-0。今大会初のPK戦に突入し、日本が敗れ史上初のベスト8進出はならなかった。

試合序盤から、パス回しと個人技に勝るパラグアイが主導権を握り、日本はボールを奪っても後ろからのサポートが遅れ、パラグアイの守備につぶされた。
後半も中盤で効果的な組み立てが出来ず攻撃が停滞。後半20分、松井に代え、デンマーク戦で1得点している岡崎を投入。36分にはアンカーの阿部を外して中村憲を投入し、攻撃的にシフトして勝負に出たが、堅守にはばまれた。
延長後半からは大久保に代え玉田を投入したが、得点を奪うことはできずPK戦に。日本がワールド・カップ本大会でPK戦を戦うのは史上初めて。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。