中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もハレーション覚悟…菅首相あいさつ ・・・“実”をともなわない言葉を“虚言”と呼ぶ

今年もハレーション覚悟…菅首相あいさつ
(読売新聞 1/3付)

菅首相と民主党の小沢一郎元代表は1日午後、それぞれ党所属議員らを招いて新年会を開いた。

首相公邸での新年会には約50人、小沢氏の都内の私邸には約120人が集まった。首相、小沢氏ともに互いをけん制し合い、元日から深刻な党内対立があらわになった。

首相公邸で新年会が開かれるのは、2001年に当時の森首相が恒例だった「公邸開き」を行って以来。今年は、菅首相グループが口コミで親しい議員を集め、仙谷官房長官や北沢防衛相、鉢呂吉雄党国会対策委員長、江田五月前参院議長らが参加した。会合は非公開だったが、出席者によると、首相はあいさつで「今年も多少のハレーションが起きることも覚悟の上で、自分のやりたいことをしっかりと伝えていきたい」と述べた。小沢氏の政治とカネの問題に厳しく対処する姿勢を示したものとみられる。

一方、小沢氏の新年会には、山岡賢次党副代表、細野豪志前幹事長代理、原口一博前総務相らが出席。小沢氏はあいさつで「私が22年前に自民党幹事長に就任した時も、参院は過半数を割っていたが、野党と議論できた。『ねじれ国会だから仕方ない』との理屈は通用しない」と述べ、菅政権の国会運営を批判した。自らの強制起訴には直接触れず、「皆さんに迷惑ばかりかけている」と述べた。

・・・“実”をともなわない言葉を“虚言”と呼ぶ
菅首相が口にした“ハレーション”とは、写真の像で、特に強い光の当たった部分の周りが白くぼやける現象。転じて、他に悪い影響を及ぼすことを言います。「所管大臣の発言が、地元でハレーションを起こす」といった使い方をし、その発言が余計な波風を立てること表現します。

振り返って見るに、菅首相がハレーションを覚悟したことがあったでしょうか?

中国を恐がって、尖閣諸島で海上保安庁の警備艇に衝突してきた中国漁船船長を処分保留で帰国。専業主婦を恐れて、配偶者控除の廃止を見送り。休日が値上がりになる批判を避けたくて、高速道路料金の平日・休日ともに2000円を見送り。戸別所得補償をするのに農家を恐れて、TPPへの回答は2011年の秋と結成メンバー諸国には間に合わない見通し。
いずれもハレーションから逃げて、逃げて、逃げ倒した結果でしょう。

「“最小不幸社会”“強い財政と強い社会保障を一体として実現をする”と演説したものの、具体的には、何をしたいのか分からない」というのが、6月の就任以来、一貫している菅首相に対する印象だと思います。そんな菅首相が、今さら「ハレーションを覚悟」と口にしても虚言にしか聞こえません。

無論、政治家・菅直人が豹変できるなら、豹変していただいた方が、国民にとって幸福です。
ですが、強制起訴待ちの小沢一郎氏に及ばないようでは・・・、何とも。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
小沢氏、恒例の新年会に120人 挙党一致の政権運営訴え
(共同通信 1/2付)

菅直人首相と小沢一郎民主党元代表は1日、自らに近い国会議員らを集めた「新年会」を開き、結束を確認した。出席議員は小沢氏側120人に対し、菅首相側約45人で、小沢氏が強制起訴を控えながらも「数の力」をアピールした格好だ。

小沢氏は都内の私邸で恒例の新年会を開催。「国民の期待を担った民主党政権だ。みんなで力を合わせて、国民の期待に応えるすべを見いだしていかなくてはならない」と、菅首相の「脱小沢」路線をけん制、挙党一致の政権運営を訴えた。

小沢氏側によると、出席議員は海江田万里経済財政担当相、原口一博前総務相、細野豪志前幹事長代理ら120人で、菅氏(当時副総理)ら166人が参加した昨年よりは減らした。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。