中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷垣自民総裁:一日も早く解散・総選挙に ・・・“実現できない勝ち方”に固執する戦下手

「一日も早く解散・総選挙に」…谷垣自民総裁
(読売新聞 1/2付)

自民党は1月召集予定の通常国会会期中に衆院解散・総選挙に持ち込み、政権を奪還したい考えだ。

衆院選の候補者となる小選挙区支部長は、昨年末までに300選挙区のうち約9割で選任のメドをつけた。谷垣総裁は1日付で、「一日も早く解散・総選挙に追い込むため、不退転の決意で闘い抜く」との年頭所感を発表した。

党内では、菅内閣や民主党の支持率下落で、「今なら勝てる」との期待感が広がっている。解散時期は(1)国会冒頭(2)予算関連法案の審議がヤマ場を迎える3月頃(3)国会会期末――が取りざたされている。

ただ、政府・与党を解散に追い込む具体的な戦略や決め手があるわけではない。

自民党は先の臨時国会で参院が問責決議を可決した仙谷官房長官と馬淵国土交通相が辞任しなければ、通常国会の審議に応じない方針だ。しかし、内閣改造で両氏が交代した場合、審議拒否はできず、国会を冒頭から混乱させ、解散に追い込むことはできなくなる。

・・・“実現できない勝ち方”に固執する戦下手
ここまで来ると“戦下手”という評価にも役者不足。「解散・総選挙」という言葉しか知らない“鸚鵡”と評した方が適当かもしれません。
「いくら“空き菅”と陰口をたたかれる菅首相だって、『衆議院で50議席減っても、過半数を維持』という有利な局面で解散・総選挙という手は打たない」ことは、政治評論家でなくても解る当然の道理です。

政権与党・民主党にとって、いま解散・総選挙をすることに何の得もありません。なぜならば、民主党の支持率は下降の一途にあるからです。「自分たちが負ける」と解っている選挙を、自分から「よし!やろう」と言い出す人物がいるでしょうか?

谷垣総裁が、国会議員なら当然に辿り着くこの結論を理解せずに「一日も早く解散・総選挙」と口にしているのであれば“ルーピー総裁”。理解した上で口にしているのであれば、菅首相に負けず劣らずの“政策なしの政局ゲーム家”です。

民主党の定石は、「任期満了まで現状維持」
現在の世論状況における民主党の定石は、『現状維持』です。
仮に世論調査での支持率が1%になろうとも、「選挙を行わない限り政治に反映されない」のが、選挙による民主主義というシステム。石を投げつけられようとも、ペンキをかけられようとも、菅首相が「解散・総選挙はしません」と言い続ければ、総選挙はないのです。

そんな民主党にとって、解散・総選挙を迫るだけの自民党は、簡単にあしらえる“カモ”にすぎません。
民主党の打つ手は、過半数を得ている衆議院で、ひたすら各種法案の衆議院通過を実現。法案が成立となるか廃案となるかの責任を、すべて参議院におっ被せるだけで済みます。

そうして法案が成立すれば、民主党の思い通りに政治が進んだという与党の功績に。逆に廃案となれば、「我々民主党は、誰が見ても正しいと思う法案を衆議院で提案した。廃案となったのは、参議院での審議・採決に協力しなかった野党・自民党の責任である」と言って野党の失点にすれば良いわけです。

解散・総選挙は、任期満了まで菅首相の胸一つの一手
この状況において、野党・自民党が「一日も早く解散・総選挙」に固執する価値がどれだけ残っているのでしょうか?

与党・民主党の足をいくら引っ張ったところで、「自民党は、与党批判しか出来ない政党に落ちぶれたなぁ。このまま万年野党モードか」と、ネガティブ評価を貼られる機会を増やすだけ。野党・自民党にとって、何らポジティブな材料をもたらさないはずです。

「自民党ならできます。ほら、我々自民党が予算案を作ると、赤字国債も30兆円以下で済みます。民主党よりも早く財政再建の見通しを立てられますよ」と、比較評価をさせること。政策集団として、民主党を上回る政策立案能力を見せつけることによってのみ、自民党はポジティブに評価されるようになります。

“政策なしの政局ゲーム”に明け暮れている菅首相を相手では、ある意味で仕方がないのかもしれません。しかし、良くも悪くも『列島改造論』『消費税導入』をぶち上げて見せたのは、他の誰でもない自民党自身です。解散・総選挙にこだわるのを止めて、「自民党は“政局なしの政策論争”ができる政党である」ことを示すことに、心血を注ぐべきではないでしょうか? それでこその“憂国の士”でしょう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。