中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界経済、向こう数カ月間拡大へ=OECD景気先行指数が上昇 ・・・日本も景気加速の中心らしい

世界経済、向こう数カ月間拡大へ=OECD景気先行指数が上昇
(ウォール・ストリート・ジャーナル 1/11付)

【ロンドン】経済協力開発機構(OECD)は10日、世界経済が今後数カ月間、中国、米国、フランス、日本を中心に拡大するとの見通しを示した。

これは加盟33カ国の経済活動の景気先行指標総合指数が昨年11月に102.8と、3カ月連続で上昇したため。10月は102.6だった。OECDは、経済成長がはずみを失ったかにみえたあと「経済拡大のペースが加速していることを示す」と指摘、「中国、米国、フランス、日本の先行指標総合指数は景気が加速する明確な兆候を示しているほか、ロシアは着実な拡大を顕著に示している」としている。

また、ドイツ、カナダ、イタリア、英国、インドは向こう数カ月間、安定した成長ペースを示すだろうとし、主要国のうちブラジルだけは同指数が99から98.6に低下しており、経済鈍化の兆しがあるとしている。全体を見ると、先進7カ国では先行指標が上昇しており、先行き拡大を示す一方、アジアの5大新興市場国も成長が見込まれるという。

OECDの先行指標は、経済活動の拡大と鈍化を早期に占う尺度で、広範囲なデータを基に算出している。昨年11月の先行指標は、2011年初頭の段階で、世界経済拡大への楽観論に拍車をかけそうだ。

・・・日本も景気加速の中心らしい
単発のニュースとしては、トヨタの国内新工場稼働や、ソニーのウォークマンがiPodを上回ったといったもの。日本国全体の経済を見ても、日経平均株価が1万500円台をキープするなど上向いている印象もあります。

しかし、日本国内の経済政策としては家電エコポイントが終了しますし、菅内閣による本予算も余計なマニフェスト予算の計上で他の動きがとれない状態。「円高でやられて、向こう数カ月間は停滞。景気回復は2011年の下半期から」という雰囲気だろうと思います。

とはいえ今回は、OECDが先行指標から弾き出した予測通りになってほしいものです。
そうでなければ、大手企業が就職氷河期以上に新卒採用を抑えた意味がありません。思い切って中小企業に行った新卒社会人たちが華を咲かせるためにも、上半期から好転していくことを願います。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
トヨタ、空洞化歯止め試金石 国内生産維持へ新工場稼働
(産経新聞 1/7付)

トヨタ自動車が国内生産態勢の改革を本格的に始動させた。6日には宮城県大衡村でグループの車両組立新工場を稼働。今後はこの新工場を中心として東北を中部、九州に続く「国内第3の生産拠点」に再編する。円高や国内市場の縮小などで国内メーカーには逆風が吹いており、トヨタの改革の成否は国内製造業の空洞化に歯止めをかけられるかどうかの試金石ともなりそうだ。

「やっとここまで来た。世界のお客さまに、東北から良い品質の車を提供したい」。トヨタ子会社、セントラル自動車の白井安良副社長は同日、新工場にかける思いをこう語った。

新工場は、相模原市にあるセントラル自動車(従業員数約1500人)の本社工場老朽化に伴い建設。年産能力は最大12万台で、北米やアジアなど海外輸出向けの小型車「ヤリスセダン(日本名・ベルタ)」を製造する。相模原工場は3月に運転を終了。4月以降は生産を全面的に宮城工場に移管し、本社も移す。

トヨタは九州でSUV(スポーツ用多目的車)や大型車の生産を集約。今後は同じく子会社の関東自動車工業の岩手工場(岩手県金ケ崎町)と合わせ、東北で小型車を中心に年間50万台の生産を目指す。地域ごとに同種の車両生産を手掛けることで生産の効率化を図りたい考えだ。

新工場には設備を簡素にした組立ラインや塗装ラインを導入。これにより設備投資を従来と比べ約4割圧縮した。新工場以外の国内生産拠点でも改装時などに同様のラインを取り入れてコストの低減につなげる方針だ。

トヨタがこうした改革に取り組む背景には、国内生産で採算が十分とれる態勢を築かなければ生産拠点の維持は難しいという判断がある。トヨタは国内の雇用維持や系列メーカーとの関係を重視し、国内生産320万台態勢の堅守を掲げているが、円高で輸出採算は悪化し、人口減などで国内販売の先細りが避けられそうにないためだ。

日産自動車が主力小型車「マーチ」の生産をタイなど新興国に全面移管するなど、ライバル各社は生産の海外シフトを加速している。日産、ホンダの海外生産比率が7割を上回るのに対し、トヨタは4割台と国内生産の比重が高い。トヨタは国内製造業を代表するだけに、国内生産の危機をどう乗り切るかは国内産業の先行きにも影響する。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。