中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新成人実行委がアダルトグッズ、出席者に配る ・・・「アホなことした」という自覚もないのだろうなぁ

新成人実行委がアダルトグッズ、出席者に配る
(読売新聞 1/16付)

愛知県豊田市で9日に行われた成人式で、新成人らで作る実行委員会が、市の補助金でアダルトグッズやわいせつなDVDを計約1万3000円分購入、一部の出席者に配っていたことがわかった。

同市の成人式は26会場で開催。アダルトグッズなどは、このうち155人が出席した豊田産業文化センターで、式典後のビンゴゲームの景品として配られた。
市は、同センターの実行委員会に56万円を開催費用として補助。景品代には約20万円が充てられ、新成人の委員らがディスカウントストアなどで購入した。市がレシートを確認したところ、アダルトグッズやわいせつなDVD計十数点が含まれていたという。

各会場の運営には市職員も携わっているが、景品については「自主性を重んじてチェックしていなかった」(豊田市)という。

・・・「アホなことした」という自覚もないのだろうなぁ
新成人と言っても、法律上、その様に扱われるようになるだけ。
調査母数は別とは言え、新成人のうち、実に8割は「自分を大人だと思わない」という段階にいるわけです。その段階にいる彼彼女らの自主性を重んじ、“節度ある大人”として振る舞ってくれる期待を寄せても、荷が重すぎます。

市職員が携わっているのであれば、“大人の先輩”として携わることだって可能なはずです。
仮にも成人式は、豊田市からの補助金、つまり豊田市民の税金を投入する事業。成人式実行委員会を新成人らで組織するのだとしても、市からの補助金をノーチェックで使わせるのは“大人の対応”ではありません。補助金は新成人らへのお小遣いではないわけで、市の補助金の使い道として妥当かどうかの判断は、市職員が当然に果たすべき職務でしょう。

ビンゴ大会など、お茶を濁す企画を通させるな
だいたい“大人”であれば、56万円もの開催費用を提示した実行委員会に考えさせた企画内容が「ビンゴ大会」だった時点で、この新成人たちに企画運営を続けさせて良いかどうか疑問を持つ必要があります。ビンゴ大会など、企画としてはお茶を濁す次元のものです。

景品代に使ったという20万円だけでも、相当の人物に講演を依頼できる金額となります。

他にも、自分たちが大人になれてないと感じるのであれば、10歳上の先輩を20人ぐらいお呼びして懇親会を開き、「大人になるとは?」「働くとは?」「子供を持つとは?」と、身近な先輩の話を聞くという企画だって立てられます。たった10年間で、人生経験上、どれだけの差が出来るかを知ることは良い勉強になるはずです。また相手は人生の先輩であっても、講演慣れしていない方々ですから、話を聞き出すだけでもコミュニケーション能力を磨く良いトレーニングとなるでしょう。

成人式実行委員会には事前に企画書を書かせて、「56万円という開催費用を“大人”として使えるかどうか?」を判断し、補助金を“大人”として使えないようなら実行委員会を解散させて市主導で粛々と式を行う、“大人”以上に活用する企画を出してきたら新しい市主導の成人式のひな形にするなど、もっと創意工夫があっても良いのではないでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
約8割が「自分を大人だと思わない」…新成人の意識調査結果
(東京ウォーカー 1/7付)

1月10日は“成人の日”。今年は124万人が晴れて“大人”の仲間入りとなるが、そんな新成人の男女1000人を対象にダイハツが「新成人に関する意識調査」を実施したところ、20歳を迎えても「自分を大人だと思わない」と考える人が全体の約8割に上ることがわかった。

はじめに、「あなたが考える“大人”は何歳からだと思いますか?」と聞いたところ、半数の49%が「20歳」と回答(全体平均は「21.2 歳」)。しかし、「あなたは自分のことを大人だと思いますか?」という質問には、全体の76%の人が「思わない」と答えるなど、そのギャップが浮き彫りとなった。

「自分のことを大人だと思っていない」という新成人に具体的な理由を聞いてみると、「経済的に自立できていないうちは大人だと思えない(男性・岡山県)」、「まだ大学に“行かせてもらっている”という立場だから(女性・茨城県)」、「大人とは経済的にも精神的にも自立している人のことだと思うが、自分はそうではないから(男性・宮城県)」など、“経済的自立”を理由に挙げる意見が多数寄せられた。

一方、自分のことを「大人だと思う」と答えた24%の人に「『大人になった』と感じた時」について聞いてみると、最も多かったのは、やはり「親から経済的に自立した時」で、43%の人が回答。次に多かったのは「運転免許を取った時」(42%)で、このほか、「1人暮らしを始めた時」(40%)、「社会人になった時」(37%)、「お酒を飲んだり、タバコを吸った時」(27%)、「初めてアルバイトをした時」(24%)と続いた。

また、「持っていたら大人だと思うもの」について尋ねると、「大きな買い物ができるから(女性・奈良県)」や「自分でお金の管理をできている感じがするから(女性・栃木県)」という意見が多く挙がった「クレジットカード(59%)」がトップに。

次ぐ2位には、「購入時のお金と維持費がかかるため経済的に自立していないと無理だと思うから(女性・鹿児島県)」や「運転をすること自体が危険を伴うため、責任を持てる大人が持つべきものである(男性・秋田県)」という理由で、「クルマ(53%)」がランクイン。以下、3位「名刺(51%)」、 4位「スーツ・ネクタイ(33%)」、5位「万年筆(24%)」と、“ビジネスアイテム”が上位を占めた。

一般的に“大人”として認められる年齢に達しても、経済的な理由などから76%の新成人が“実感がない”と思っていることがわかった今回の調査結果。あなたが“大人”になったと実感したのはいつでしたか?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。