中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前5時46分、各地で追悼行事 震災16年 ・・・学校の耐震化率は8割、病院は6割

午前5時46分、各地で追悼行事 震災16年
(神戸新聞 1/17)

6400人以上が亡くなった阪神・淡路大震災は17日、発生から丸16年を迎えた。被災地では発生時刻の午前5時46分に合わせ、各地で追悼行事が行われた。

阪神淡路大震災1.17のつどいで、ろうそくの火で浮かび上がった「1995 1.17」の文字


神戸市などの「阪神淡路大震災1・17のつどい」は午前5時から、神戸・三宮の東遊園地で開かれた。約1万本の竹灯籠にろうそくの火がともされ、「1995 1・17」の文字が暗闇に浮かび上がった。午前5時46分、氷点下のいてつく寒さの中で、約5100人が静かに黙とうした。

式典では、震災で弟を亡くしたゴスペル歌手の森祐理さんが「しあわせ運べるように」を独唱。遺族代表の小河昌江さんは、がれきの中から母が見つかったときの光景を振り返り、16年前のように「お母さん」と呼び掛けたが、しばらく声を詰まらせ、涙を流した。

続いて矢田立郎市長があいさつ。式典後は、犠牲者に献花する長い列が続いた。

父野原義弘さん=当時(55)=と母清子さん=当時(52)を亡くした神戸市灘区の宮崎啓子さん(40)は、長男凌君(10)とともに祈りをささげた。震災後しばらくは訪れることができなかったが、凌君の誕生を機に「つらい記憶だけど伝えないと」と決意。「1月17日だけは」と毎年2人で足を運ぶ。先日の十七回忌法要で、凌君が突然、「しあわせ運べるように」を祖父母のために親類の前で歌った。宮崎さんは「思いはちゃんと伝わっているんだ」とその姿に胸が熱くなった。

「何年たっても、ずっと思い続けている」。神戸市北区の桑木郁さん(44)は、亡くなった母の瑞穂さん=当時(58)=を思い、震災で不自由になった右足をつえでかばいながら東遊園地を訪れた。同市東灘区にあった自宅で、一緒にこたつに入っていた2人を大きな揺れが襲った。家は全壊。桑木さんのために普段より早起きしてくれた瑞穂さんが犠牲となった。「亡くなったのは私のせい。でも母は私を守ってくれた。だから、頑張って生きていきます」。そう亡き母に誓った。

西宮市や芦屋市、淡路市などでも市や地元自治会などによる追悼行事があり、遺族らが祈りをささげた。

兵庫県などによる「ひょうご安全の日 1・17のつどい」は午前11時50分から、神戸市中央区の人と防災未来センター前で行われた。

・・・学校の耐震化率は8割、病院は6割
文部科学省の『公立学校の耐震改修状況』によると、2010年4月1日時点での全国の公立小中学校の耐震化率は73.3%で、昨年に比べて6.3ポイント増加。02年の調査開始時と比べると28.8ポイント上がりました。

2008年6月の法改正で国の費用負担が2分の1から3分の2に増えたことにより、自治体の取り組みが進行。2010年度予算には、約4300棟分、1682億円の学校耐震化対策予算が計上され、同予算分の工事か完了すると耐震化率は80%強になる見通しとなっています。

しかし一方で、病院の耐震改修状況は、あまり芳しくありません。厚生労働省が調査を開始した2005年時点の耐震化率は36.4%、最新の2009年8月末時点の集計結果でも56.2%に止まっています。

政府は、「自然災害の『犠牲者ゼロ』を目指すための総合プラン」を立てて、災害拠点病院と救命救急センターを優先して耐震化を進めています。が、同プランが掲げる2010年度末までの目標値でも、災害拠点病院及び救命救急センターの耐震化率は71.5%に過ぎません。

日本国は地震大国。東海・南海・東南海連動型地震の被害を想定すれば、高速道路無料化などよりも、病院耐震化への予算を優先させる必要があるのではないでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。