中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成人T細胞白血病に新薬 来年初めにも発売 ・・・がん化した細胞だけを狙い撃つ新薬

成人T細胞白血病に新薬 来年初めにも発売
(中日新聞 1/20付)

◆名古屋市立大と製薬会社開発
治療が難しい血液のがん、成人T細胞白血病(ATL )に有効な新薬を、名古屋市立大と製薬会社「協和発酵キリン」(東京都)が開発し、今春に厚生労働省に製造、販売の承認申請をする。国はATL対策の特命チームを設けて力を入れており、早ければ2012年初めにも発売される見込み。

新薬の審査が厳しい日本で、がんの抗体薬が世界に先駆けて製造、販売にこぎ着けた例は過去になく、ATLを発症した患者には、これまで治療法が無いに等しかった。

新薬は、人間の免疫機能を応用した新タイプの薬として注目される分子標的薬「抗CCR4抗体KW-0761」。名市大の上田龍三特任教授、石田高司講師らのグループが03年、ATL患者のがん化した細胞の表面にタンパク質「CCR4」が多く現れることを発見し、これをもとに開発した。


CCR4の抗体を人工的に作り、点滴で投与すると、体内の免疫機能が増幅されて、がん化した細胞だけを破壊する。抗がん剤は正常な細胞まで攻撃するが、分子標的薬の新薬は異常な細胞だけを狙い撃つ。承認されれば、抗がん剤治療後に再発した患者に使えるようになる。

治験では、抗がん剤治療後に症状が再び悪化した患者26人に、新薬を1週間ごとに計8回投与。13人が血液中のがん細胞が減り、リンパ節の腫瘍が縮まるなどの効果があり、うち8人はがん細胞や腫瘍が消えた。発熱や発疹などの副作用も改善できる範囲だった。上田特任教授は「日本から世界標準となる薬を生み出すモデルケースになる」といい、治験を担当した石田講師は「がんに対して単独でこれだけ効果がある薬は例がない」と話している。

※ATL・・・ウイルス「HTLV1」が引き起こし、主に母乳で感染する白血病の一種。日本人に多く、国内で108万人が感染。生涯発症率は5%と低いが、発症すると血液中で白血病細胞が増殖し免疫機能が低下したり、リンパ節に腫瘍ができたりする。抗がん剤や骨髄移植で治療しているが限界があり、年間1000人が死亡。菅直人首相は昨年9月、ATL対策を放置してきたことを患者団体に謝罪した。官邸に特命チームをつくり、母乳感染を防ぐための公費による全妊婦検査などの対策を発表した。

・・・がん化した細胞だけを狙い撃つ新薬
『抗CCR4抗体KW-0761』は分子標的薬と呼ばれる薬で、正常な細胞まで破壊してしまう従来の抗がん剤(化学療法薬)に比べて、副作用の心配が少ないのが特徴に挙げられます。

化学療法薬は、がん細胞を効率よく殺す物質を薬として利用してきたもので、どういうメカニズムでその薬が効くのかは後の研究で明らかにされてきました。これに対して分子標的薬は、分子レベルまで解明の進んだがん細胞研究を活かし、その増殖や転移を抑え込む手段として理論先行で生まれたものです。

また化学療法薬が、がん細胞だけでなく正常な細胞も同じように攻撃してしまうため、より重い副作用が現れる傾向があります。一方の分子標的薬は、がん細胞が持っているある特定の分子をターゲットにして正常な細胞は攻撃しないため、その副作用は化学療法薬とは異なります。

最近、分子標的薬で有名になったのは、肺がんの治療薬として登場した『イレッサ』。イレッサは、夢の新薬と期待されたことに加え、内服薬という手軽さも加わり、承認直後から広く使われました。しかし、間質性肺炎という重い副作用をもたらすケースがあり、患者と遺族が国と輸入販売元企業を相手取る訴訟を起こしています。

イレッサでは、承認前の安全確認試験が問題となっています。が、『抗CCR4抗体KW-0761』は、副作用は対応可能な範囲におさまるとの治験結果を得たとのこと。成人T細胞白血病は、母乳で感染する白血病という精神的にも辛い側面をもつ病気です。今回の薬で、成人T細胞白血病が克服されることを願います。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。