中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表質問:谷垣・自民総裁、衆院解散を要求 ・・・野党の仕事は、いつから解散要求ONLYになった?

谷垣氏が衆院解散要求、首相否定 衆院代表質問スタート
(共同通信 1/26付)

菅直人首相の施政方針演説など政府4演説に対する各党の代表質問が26日午後、衆院本会議でスタートした。1番手の自民党の谷垣禎一総裁は2011年度予算案に絡み「マニフェスト(政権公約)は虚言だったことが実証された」と指摘。「政権の正統性は崩壊した。潔く過ちを認め、撤回、有権者にわびた上で信を問い直すべきだ」と早期の衆院解散・総選挙を迫った。首相は「現時点で全く考えていない」と否定した。

谷垣氏は、与謝野馨経済財政担当相の起用について「民主党とは埋め難い溝があったはず」として「与謝野氏が変節したか、民主党政権が変節したかのいずれかだ」と強調。「国民の政治に対する信頼が失われた」と厳しく批判した。首相は「社会保障改革に高い見識と志を持っており、責任者として内閣に三顧の礼を持ってお迎えした」と述べた。

小沢一郎民主党元代表の国会招致をめぐる民主党内の動きに関し谷垣氏は「得意のパフォーマンスを繰り広げている」と断じ、「本当にけじめをつける気があるなら、直ちに証人喚問を実現すべきだ」と求めた。首相は「国会での説明が必要だ。各党で議論してほしい」と述べるにとどめた。

谷垣氏は、首相が呼び掛けている社会保障と税の一体改革をめぐる超党派協議を拒否。首相は「ぜひ参加をお願いしたい」と求めた。

・・・野党の仕事は、いつから解散要求ONLYになった?
民主党政権を手放しに支持することは止めましたが、谷垣自民党も見限りました。

政治家・谷垣禎一という人は、どうやら本当に、「自分に理解できる範囲のことしかやれないし、やらない人」であるらしく。NHKでも生中継される衆議院本会議での代表質問は、バカの一つ覚えの「解散要求」のみでした。

野党は、いつから政党政局だけをやっていれば仕事を果たしたことになったのでしょうか。国民はその税金から年収・4000万円を与える国会議員の仕事を、「『解散・総選挙』と叫ぶだけで良い」とした覚えはありません。政治家・谷垣禎一は、分を過ぎて、自身に課せられた職責を矮小化しています。

とっくに社会保障制度を語らなければならない時機が来ているというのに、社会保障制度は憲法・国防に続く政権に左右されない普遍性を追究すべき政治課題であるというのに、政党政局を理由に議論の席を蹴るとは。国会議員に求められる「知恵を絞る」という職務を放棄したも同然の話です。政治家・谷垣禎一は、いつからそんなにお偉い身分にお成りあそばしたのでしょうか。

政治家・与謝野馨は、根っからの“政策あって政局なし”の人。そんなことは自民党の政治家なら把握していて当たり前の人事情報であり、今さら超党派で動くことを非難したって無意味です。

子ども手当にせよ、高校無償化にせよ、菅内閣に「財源不足で、実施不可能な施策でした」といった謝罪を求めることも、自民党総裁の言葉としては攻め方が浅過ぎます。せめて、英国が財政難から大学授業料の引き上げを行おうとして学生の反対運動を受けた例を挙げて、子ども手当などの論理的矛盾を指摘する程度には意見を固めてくるべきです。

国会の代表質問は、アドリブ・即興ではありません。「子育て支援も教育支援も、健全な財政、恒久財源の確保が前提。これらを用意することなく赤字国債でまかなおうとするのは、未だ税金を納める力のない子どもたちから納税の前借りをするようなもの。論理的に正しくない政策であり、責任ある大人として取りやめるべきである」という程度の反対意見を言えないようでは、見ている方が恥ずかしくなります。

職業としての政治家は、本来“政策あって政局なし”です。民主党が呼びかけている超党派協議を自民党で乗っ取る気概もなしに自民党総裁に居座るなど、厚顔無恥にも程があります。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。