中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S&P、日本国債を格下げ 「一貫戦略欠く」と不安視 ・・・下げて当たり前、これに反応できない政治が異常

S&P、日本国債を格下げ 「一貫戦略欠く」と不安視
(産経新聞 1/27付)

米格付け会社のスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は27日、日本の長期国債の格付けを「AA」から「AAマイナス」に引き下げたと発表した。日本の債務残高比率が今後も上昇し、2020年代半ばまで下降に転じないと判断したため。民主党政権に債務問題に対する一貫した戦略が欠けていることも理由に挙げた。

S&Pでは、中期的には、大規模な財政再建策が実施されない限り、2020年より前に基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)の均衡は達成できないと予測。政府が昨年決定した財政運営戦略で掲げる同年度までの黒字化は達成できないと断じた。

また長引くデフレや急速な高齢化による社会保障関連費の増大が続く中、抜本的な改革を実施しないと、日本の財政はさらに悪化すると警告。政府が表明している社会保障制度と消費税率を含む税制の一体改革についても、「これにより大幅に改善する可能性は低い」と指摘した。

・・・下げて当たり前、これに反応できない政治が異常
26日に政府が算出した国の借金は、997兆7098億円。1000兆円超えに向けて着々と新規赤字国債を発行し続けているのですから、スタンダード・アンド・プアーズに限らずとも、格付けを下げるのが当たり前です。異常なのは、政治家らがこうした先を見通すことを放棄していることです。

政府の支出を通じて景気を安定・向上させることを「財政出動」と呼びますが、現状、日本国政府の予算の組み方は「放漫財政」でしかありません。

自公政権によるバラマキ政治は、もう止めてくれとの声で誕生したのが民主政権だったはずです。が、蓋を開けてみれば、民主政権も、財政拡大路線に乗り続ける官僚の提示金額に唯々諾々とハンコを押しているだけ。事業仕分けが政治ショーにしかなっていないことも、わずか1年で有権者の知るところとなりました。

民主党は、政治主導とも叫びました。しかし、「政治家の責任で国の借金は止める」という判断は、ずっと後回しにしています。
この20年間、政治家の責任で赤字国債発行額を抑えたのはただ一人、自民党の小泉純一郎元首相だけです。

ヴォリュームだけでは、景気を支える財政とならない
もっとも、菅直人氏個人や野田佳彦氏個人には、「景気を下支えしたい」という一応の意思はあるようです。

けれども、その意思表示である予算案には、「資本は一カ所へまとめて投下しなければ“生き金”にならない。資本は小分けにされると無力化する」という、投資の基本的かつ普遍的な性質への配慮は存在しません。子どものいる家庭に月額・1万3000円や2万円に小分けにした子ども手当はその典型例です。

客観的には、史上最高額という予算規模のヴォリュームだけ。景気を上向かせるというベクトル、予算の方向づけは皆無です。

米国は今年度を出口とした では、日本は?
25日の一般教書演説において、オバマ米国大統領は、「国内の裁量的支出を5年間凍結し、財政赤字を10年間で4000億ドル削減する」と表明。政治家として、財政拡大路線からの出口を明らかにしました。市場も概ねそれを受け入れ、27日のNYダウ平均は11,985.4(前日比+8.25)と底堅く推移しています。
ティーパーティー運動が盛り上がった気運も考えれば、良いタイミングだったと思われます。

転じて、我らが日本国。
本来、日本国の2011年度予算も、財政拡大路線からの出口戦略を示すものであるべきでした。OECDが世話を焼いて出している景気先行指標で「日本国経済に上向く兆候が見られる」と言ってきたのも、それを示唆したものだったわけです。

ですが、結局、通常国会に提出されたのは、総額・92.4兆円と史上最高額を更新する規模が大きいだけの国家予算でした。
民主党より前に財政拡大路線へ舵を切ったのは自公政権だった麻生内閣であり、民主党だけで何とか出来たとも思いません。思いませんが、民主党だけで何とかしてみせたり、民主と自民が協同して何とかしたときに初めて「政治家の仕事」を果たしたことになるわけで、この意味において菅内閣はまだ仕事を成し遂げていません。

自民党も前政権与党としては、「解散」「解散」とバカの一つ覚えで叫んでいる場合ではないはずですが。その声を押し切ることが出来ないのは、2011年度本予算に対して、菅内閣も自信を抱けるほど力を尽くした実感がないからではないでしょうか。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
国の借金1000兆円に迫る 政府、11年度末見込み
(共同通信 1/26付)

政府は26日、2011年度末の国債や借入金、政府短期証券を合わせた国の借金が、997兆7098億円に上るとの見通しを国会に提出した。国民1人当たり約783万円に上る。同時に発表した10年度末の見込みは約943兆円で、このままのペースで借金が膨らめば、12年度中にも1千兆円を突破する計算となる。

11年度の一般会計歳出が社会保障関係費の増大などから92兆4116億円と過去最大に膨らんだ一方、税収が41兆円未満にとどまる見通しとなっていることなどが理由。政府が6月までに案を出すとしている社会保障と税制の一体改革にも影響を与えそうだ。

内訳は国債が790兆円で、借入金が53兆円、政府が為替介入などの資金を調達するための政府短期証券が153兆円。借入金が約1兆6千億円減少する一方、国債と政府短期証券の残高は増加する。

ただ、11年度内に介入を限度額の上限まで行うことを前提としているなど、実際は見通しを下回る可能性がある。

政府が公表している国の借金は、借入金と政府短期証券を含む今回の残高のほか、普通国債のみの残高と、国と地方合計の長期債務残高がある。11年度末では、国債残高は約668兆円、国と地方の長期債務残高は892兆円程度になる見込み。

米大統領一般教書演説、国内裁量的支出の凍結提案
(ロイター 1/26付)

オバマ米大統領は、25日の一般教書演説で、米経済が回復し、再び拡大していると強調し、超党派の取り組みを訴えた。予算の一部凍結を表明し、巨額の財政赤字削減に野党・共和党と共に取り組む姿勢も示し、国民の高失業率や財政赤字増加への懸念に応える。 

ホワイトハウスが公表した演説原稿によると、オバマ大統領は「われわれは進展しようとしている(poised for progress)。われわれの大半が知る限りで最悪のリセッションから2年がたち、株式市場は活気を取り戻し、企業利益は増加している。経済は再び成長している」と表明。 超党派精神に触れ「新たな法律は、民主、共和両党の支持があってこそ成立する。われわれは共に進んでいく。そうでなくては何も実現しない。なぜなら、われわれが直面する試練は、党派を超え、政治を超えたものであるからだ」と訴えた。

オバマ大統領にとって今年は、2012年の大統領選に向けた折り返し地点に当たるが、一般教書演説では中道色を打ち出している。演説原稿によると、今重要なのは「次の選挙でだれが勝つかではない」とし、「この国に新たな雇用、産業が根付くかどうかだ。国民の懸命な努力と産業が報われるかどうかだ」としている。

国内の裁量的支出を5年間凍結し、財政赤字を10年間で4000億ドル削減すると表明。ただ、財政赤字の主な要因である社会保障関連やメディケア(高齢者向け医療保険)など大規模かつ重要な予算は対象外となる。

1950年代にソ連(当時)が人工衛星「スプートニク」を打ち上げたことにきっかけに宇宙開発競争が繰り広げられた「スプートニク・モーメント」を引き合いに、技術革新と雇用拡大を狙った研究開発や教育への投資拡大の必要性も主張したる。

一般教書演説を前に野党・共和党は、大統領が演説で訴えると予想される教育分野などへの投資を批判し、圧力をかけた。 ベイナー下院議長(共和党)は「大統領が米国民の声を聞いたと期待している」とし、「『投資』という言葉が、景気刺激のためのさらなる支出や大きな政府を意味しないよう望んでいる」と述べた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。