中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大相撲八百長問題:14人が関与の疑い ・・・お客様からお金を頂いていることを忘れた末路

大相撲八百長問題:協会の聴取で3人が関与認める 14人が関与の疑い
(FNN 2/3付)

大相撲の八百長問題で、日本相撲協会が2日、関与が疑われている力士12人から事情聴取を行った際、3人が八百長への関与を認めたほか、もう1人の力士が関与している疑いが強まり、八百長に関与していた力士が14人いた疑いがあることがわかった。

高木文科相は「『名前の挙がっている力士などのうち、3名が八百長に関与したことを認めている。また、その中で新たに1名の力士の名前が挙がっている。現在調査中である』との報告を受けている」と述べた。
これは、3日の衆議院の予算委員会で、自民党の斎藤 健議員の質問に対して、高木文科相が答えたもの。

文科省などによると、2日の日本相撲協会の事情聴取に対して関与を認めたのは、3人の力士で、この3人は、さらに名前の挙がっていた13人とは別の力士の関与についても証言したということで、八百長に関与していた力士が14人いた可能性が出てきた。

入間川親方は3日朝、「(恵那司は)まったく話してないわけじゃないけど、心労なのか、元気ないのか。口が重くて、そういう話ができなかった。(調査委員会に)行った際には、それじゃ駄目だぞという話はしました」と話した。
放駒親方は3日朝、「(力士らが関与認めた?)時期がきたら話します」と話した。

この問題は、大相撲の野球賭博事件の捜査の過程で、2人の力士の携帯電話から八百長を行っていたことを示すメールが見つかったもので、13人の力士が関与を疑われ、日本相撲協会が2日、緊急の理事会を開き、関与が疑われた力士らから事情を聴いたもの。

今回の問題を受け、日本相撲協会は、外部識者7人に依頼した特別調査委員会を立ち上げ、6日に開催される2回目の緊急理事会までに、八百長にかかわった疑いのある力士らに対する聴取を行い、結果を報告することになっている。

・・・お客様からお金を頂いていることを忘れた末路
相撲の世界では、幕下以下には場所毎の手当だけで月給というものがなく、月給をもらえるのは十両以上の力士だけだそうです。もちろん、その給与を支払っているのは日本相撲協会。

しかし、ここで勘違いしてはいけないのは、日本相撲協会が力士に支払う給与には元手があるということです。その元手とは、会場を訪れた相撲ファンが買ったチケットの代金であり、スポンサー企業が寄せた協賛金です。

従って、「チケットの売買代金や協賛金がどうして集まったのか?」「チケットを買った顧客、協賛金を寄せた企業は、相撲に何を求めているのか?」を考えなければなりません。それがお金を頂くプロの世界の真理です。

八百長問題は、相撲興行を台無しにした品質管理問題
八百長行為には、「他の真剣勝負をしている力士たちに対して失礼だ」という精神論による責めもありますが、もっと実利的な責めを負わなければなりません。実利的な責めとは、「相撲を『興行』として不成立にさせた」という品質管理の問題です。

横綱が土俵入りに際して四股を踏むなど、相撲には神事としての側面が色濃くあります。ですが、一般論として相撲をどの様に位置付けるかとなれば、力士の取り組みを行い、それを観戦する顧客から入場料をとる以上、それは『興行』と考えるのが妥当でしょう。

興行であるからには、興行を観に来て下さった顧客の期待に応えるのがプロです。地元出身者など、ひいきの力士が活躍してくれれば良いという期待もあるでしょうが、最大公約数としては「身体一つで戦う真剣勝負が見たい」というのが顧客の期待であるはずです。

NHK大河ドラマ『江』でも登場する織田信長は相撲好きだったことで知られますが、信長が相撲を好んだのは、政戦両略で傑出した信長にとって、自分の身一つで戦う相撲が理屈抜きに楽しかったからでしょう。

では、現代の力士に期待されることは何か? それはかつて信長が好んだこととほぼ同じものであって、身一つでの力比べ・根比べにある妙味を体現すること、身一つで成り上がっていく様をみせることなのではないでしょうか。相撲界に入った経緯はどうあれ、相撲で食べていくと腹を括ったのは本人です。ならば、土俵に上がる力士として、真剣勝負で臨むことが職務となるはずです。

真剣勝負の精神は、市場主義の渦中に叩き込まれた方が醸成されやすいのかもしれません。いっそのこと、日本相撲協会を公益法人から株式会社に移行させて、プロレス団体などと同様に市場主義の世界で生き抜く厳しさを教える必要があるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。