中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛知知事・大村氏、名古屋市長・河村氏が当確 ・・・変化を求める声、なお強く

愛知知事・大村氏、名古屋市長・河村氏が当確
(読売新聞 2/6付)

4月の統一地方選の前哨戦として注目された愛知県知事選、前市長の辞職に伴う名古屋市長選、同市議会解散の賛否を問う住民投票は6日、投票が終了し、読売新聞の出口調査などによると、5新人が争った知事選は前衆院議員・大村秀章氏(50)(無所属)の初当選、市長選は前市長・河村たかし氏(62)(諸派)が3新人を下し、再選が確実な情勢となった。

政令市で初の住民投票も解散賛成が過半数を占める見通しで、来月にも出直し市議選が実施される。

元自民党県連会長の大村氏は、県民税10%減税、愛知県と名古屋市を合体させる「中京都」構想などを掲げて、市長選の河村氏と連携。2人で一緒に自転車で街頭活動するなどして支持を広げた。

大村氏を支援するため、知事選に合わせて辞職した河村氏は「大義のない辞職」などの批判を受けたが、1年9か月の在任中の実績と市民税10%減税の恒久化、議員報酬半減などをアピールした。

大村、河村両氏はそれぞれ地域政党「日本一愛知の会」「減税日本」を率い、地域政党対既成政党という構図を強調。大阪府の橋下徹知事の地域政党「大阪維新の会」とも連携し、既成政党に不満を持つ層を取り込んだ。

市議会解散の賛否を問う住民投票は、署名活動を行った河村氏の支援団体メンバーらが、街頭などで解散賛成を呼びかけたほか、河村氏も自らの選挙運動と連動させて賛成を訴えた。

・・・変化を求める声、なお強く
河村たかし氏の政策の進め方は、かなりの強引さを感じています。

実現しようとしていることは大きく間違っていないと思われるものの、河村氏による政策発信は、いつも河村氏自身の中で出ている結論の提示のみ。河村氏がそれを発案した経緯に関する議論であったり、反対意見の立場にいる人たちからの検証というのを受け付けようとしません。

河村氏が目玉としてきた『住民税の10%減税』も、「日本で初」「減税こそ、最大の景気対策」といった結論のみ。平均的な所得・高所得・低所得ごとの減税の恩恵であったり、どれだけの経済波及効果が得られるかの試算であったり、全くしていないということもないのでしょうが、河村流からは、精緻な議論の積み重ねというプロセスが見えてきません。

反対意見の立場にいる人たちを説得するには、より噛み砕いた説明が必要となります。その説明をしていく中で、どこが差異で、どこが齟齬であるかがお互いに見えるようになり、合意していける論点や論破すべき争点が明らかになってくるわけです。こうした反対意見の立場にいる人への説得は、賛成意見の立場にいてくれる人たちの理解を深める機会でもあり、政策の魅力を再認識させる機会でもあるわけで、決して省略して良いことではありません。

それでも強引に市議会を解散にまで追い込んだ河村たかし氏が再選したということは、「変化を求める声が、なお強い」という民意の表れでしょう。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
住民投票も河村パワー圧倒 政令市議会で初の「解散」確実に
(産経新聞 2/6付)

愛知県を舞台とする「トリプル投票」は6日、投開票された。首長新党「減税日本」の河村たかし氏が主導した名古屋市議会解散の賛否を問う住民投票は、「賛成多数」となり、政令市議会で初めての解散が確実になった。

河村氏は、平成21年4月の市長選で公約した市民税10%減税恒久化などを市議会に阻まれたとして、市議会解散の直接請求(リコール)運動を繰り広げていた。

解散が確実になった市議会では、3月13日に出直し市議選が行われる見通し。河村氏は「減税日本」から40人を擁立し、定数75の過半数を狙う。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。