中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“バラマキ4K”に菅政権、猛反発 自民の修正動議拒否へ ・・・新規国債を恒久財源と言われても

“バラマキ4K”に菅政権、猛反発 自民の修正動議拒否へ
(産経新聞 2/25付)

菅政権の閣僚が25日の閣議後の記者会見で、自民党がまとめた平成23年度予算案の修正動議に一斉に猛反発した。動議は、民主党のマニフェスト政策である「子ども手当」「高速道路無料化」「高校無償化」「農家の戸別補償」を“バラマキ4K”と酷評し廃止を求めているが、看板だけに撤回は不可能。ガチンコの正面衝突で予算審議がさらに紛糾するのは必至だ。

野田佳彦財務相は会見で、「子ども手当、農家の戸別所得補償、高校授業料無償化、高速道路無料化はそれぞれ政策目的があり、安定財源を確保してやっている」と反論。「バラマキとして削れという指摘はちょっとあたらないのではないか」として、動議を拒否する考えを強調した。

玄葉光一郎国家戦略担当相(民主党政調会長)も、「そのまま受け入れるわけにはいかない内容だ」と拒否を表明。4Kについて、「恒久的な財源を確保して実施している。『ばらまき』と断じて、すべてやめるのは厳しい」と反論した。

さらに与謝野馨経済財政担当相は動議で公務員の人件費を1兆5千億円削減する方針を示していることについて、「地方公務員の給料は地方自治体の議会で決めるもので、憲法違反にもなる措置だ」と批判。「野党になると情報不足に陥るってのは民主にも自民にも当てはまる」と、皮肉ってみせた。

自民党の動議は、4Kの廃止で浮いた財源を景気対策や赤字国債の新規発行削減などに充てることが柱で、丸のみを迫っている。ただ、谷垣禎一総裁は24日に「動議は民主党がアイデンティティーを保っていれば到底のめる案ではない」と発言しており、無理なハードルを設けて揺さぶりをかけ、衆院解散に追い込むのが狙いだ。

実際、「動議に応じ、予算の修正案を再提出するのは時間的にも無理」(政府関係者)との声は多く、特例公債法などの予算関連法案が成立せず、国民生活に影響が及んだ場合、「対案は出した」という“アリバイ作り”の側面もありそうだ。

菅直人首相は23日の党首討論で、「素晴らしいと思って丸のみできる案を出してほしい」と、谷垣総裁を“挑発”したが、4K廃止はのめるはずもなく、予算審議の行方は混沌としたままだ。

・・・新規国債を恒久財源と言われても
新規国債を発行しておきながら、子ども手当や農家の戸別所得補償、高校授業料無償化、高速道路無料化の恒久財源を確保していると言われても、庶民にはさっぱり理解できません。

庶民感覚では、毎月あるいは毎年の給与では足りなくなる家や自動車といった大きな買い物をするとき、一時的にまとまったお金を用意するために銀行から借りるのが借金です。一時的な大きい支出を、毎月あるいは毎年に分割して負担するという意味合いでは「支出の恒久化」と表現することも出来るでしょうが、そこには「借金は増やしていかない」という規律があります。

新規国債を発行して新規事業を始めたり、党内グループボスを守るために政務三役を辞したり。どうも、最近の民主党の物の考え方は、自民党と同じになってしまったように感じられます。

一方の自民党は自民党で、政権を失って何が変わったのかよくわからない状態です。外来思想をいくつか輸入したようですが、横文字のまま話したり、谷垣総裁はまったくそれらについて語ることはなかったり。新自由主義的理論武装をしていくのか、脱自由主義に向かうのか、よく分かりません。

日本の政治家が、嘘をつくことなく、庶民に分かる言葉で政治を語る日は来るのでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。