中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月全国消費者物価は前年比-0.2%、23カ月連続マイナス ・・・政府は賃上げ圧力をかけないものなのか?

1月全国消費者物価は前年比-0.2%、23カ月連続マイナス
(ロイター 2/25付)

[東京 25日 ロイター] 総務省が25日午前8時30分に発表した1月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く総合、コアCPI、2005年=100.0)は前年比0.2%低下の99.0となり、12月(0.4%低下)から下落率は縮小した。

マイナスは2009年3月以来23カ月連続。ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年比0.3%低下だった。

ガソリン等の石油製品の上昇が影響しつつあるが、家電エコポイントの制度変更が響く薄型テレビなど耐久消費財価格の下落圧力は根強い状態だ。ただ輸入小麦の価格が4月から18%引き上げられるなど国際商品市況の高騰が徐々に国内に波及しつつあり、今後の動向が注目される。

全国の総合指数は前年比0.0%。食料(酒類を除く)およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.6%低下した。

同時に発表した2月の東京都区部消費者物価指数(生鮮食品を除く総合、コアCPI、2005年=100.0)は前年比0.4%低下の98.2で、22カ月連続のマイナスとなった。1月(0.2%低下)から下落率は拡大した。ロイターがまとめた民間調査機関の予測中央値は前年比0.3%低下だった。

東京都区部の総合指数は前年比0.1%低下。食料(酒類を除く)およびエネルギーを除く総合指数は前年比0.3%低下だった。

理想的なのは、緩やかなインフレーション
最近、個人的に危機感を感じているのが、この消費者物価指数のマイナス発表に対するリアクションが薄くなっていることです。
小難しい上に数字がとれず、デフレを余所のせいとしか思っていない主婦をターゲットとするワイドショーは仕方がないでしょう。しかし広くニュース番組を見渡しても、消費者物価指数をきちんと取り上げるのは、テレ東の経済ニュース番組ぐらいでしか取り上げなくなっています。

「デフレで当たり前」というデフレーションへの慣れは、人の営みとして非常に不健康です。なぜなら、人間社会とは、常に新製品・新技術が生み出されているわけで、常に物の付加価値は上がっているもの。付加価値が上がるということは物の値段も上がるはずで、旧製品の廉価と相殺されて、基本的には緩やかなインフレーションを起こすはずだからです。

また税率を上げることなく、日本国および日本の地方自治体の財政規律を健全化させる機会を得るためにも、今は緩やかなインフレーションこそ望まれる形でしょう。

政府は、企業に「賃上げ圧力」をかけないものなのか?
民主党への政権交代の時、菅直人財務大臣(当時)が「日本経済はデフレにある」と認めてから1年半を経過しても続く、消費者物価指数のマイナス。日本国政府は、本当に打てるだけの手を打ったのでしょうか?

「政府が採れる手段は、財政出動しかない。しかし、赤字国債が膨らむ今、それは出来ない」というのは、デフレ問題に深く関わっていない者の言い訳です。打てるだけの手を打つとは、これまで考えも付かなかった対策方法を生み出すことまで含むのですから。

鮎滝は、菅内閣が法人税率の引き下げに舵を切った時が、一つのチャンスだったと思っています。それは、菅内閣が企業に対して、法人税率の引き下げる代わりに、ベアを認めさせることもできたはずだという思いです。

「給与は上がっていくものだ」という再定義が脱デフレにつながる
失われた20年が、どうして失われた20年なのか? 消費者物価指数が23カ月も連続でマイナスなのは、なぜなのか?
その要因は消費者心理。すなわち、消費者の中で「実入りが増えることはない」という将来予想が硬直化し、心理的に財布の紐が固くなっていることが大きな要因でしょう。

この20年間で物言う株主が現れ、各種投資への優遇措置も実施され、いくらか投資家が増えました。
しかし、経済を支えるのは、せいぜい数百万人が行う投資活動ではなく、数千万人で行う消費活動・生産活動です。この場合は「数は力」。数百万人の投資意欲を煽るより、数千万人の消費意欲・生産意欲を上向かせる方がずっと効果的であるはずです。

では、どうすれば数千万人の消費意欲・生産意欲が上がるのか?
鮎滝は、この20年間ずっと回避圧力が強い「賃上げ要求の容認」こそが、税金を使うことなく、ゼロ金利政策の限界を超えた回答だと考えています。そして法人税率の引き下げに舵を切ったあの時こそ、その絶好のチャンスだったと。

法人税率引き下げと、賃上げ要求は取引できたのでは?
「経団連のお歴々。これまで長く検討されてきた法人税率の引き下げについて、菅内閣では前向きに検討しております。しかしその代わりに、皆さまにも日本国のデフレ脱却に貢献していただきたい。

デフレ脱却への貢献とは、向こう10年間、春闘における賃上げ要求に対してのゼロ回答を、禁止していただきたいのです。

異論があるのは百も承知です。これは企業に対する、皆さまの企業経営に対する不当な圧力ともなりましょう。

ですが、考えていただきたいのです。かつて「MAID IN JAPAN」が世界を席巻し、「Japan as Number One」とまで言われていた頃、日本企業は株主のものではなく、従業員のものでした。バブル経済が弾けて猛省し、物言う株主に言われるように改革をしてこられたと思いますが、それで“失われた20年”を取り戻せたでしょうか?
答えは否です。ならば、やはり企業とは従業員のものなのではないでしょうか?

デフレを脱却し、緩やかなインフレを起こすには、消費マインドを変える必要があります。
バブルに興じた頃は、物価も金利も、そして給与も右肩上がりが当たり前でした。それを経営者の皆さまの努力によって、意図的に誘発して欲しいのです。

もちろん、経営状況は各社ぞれぞれ。ですから、一律に「ベアいくら」とは申しません。ただ、賃上げ要求に対してのゼロ回答だけは回避していただきたいのです。

これが、財政難に喘ぐ菅内閣が、法人税率を引き下げための財源を捻出する条件でございます」と。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。