中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冤罪を晴らした記録:「否認なら刑務所一直線だ」 名古屋市清掃談合の取り調べをノートに克明記録

「否認なら刑務所一直線だ」 名古屋市清掃談合の取り調べをノートに克明記録
(中日新聞 3/1付)

名古屋市発注の道路清掃事業談合をめぐり2003年、名古屋地検特捜部に逮捕された市緑政土木局の長崎弘元道路部長(59)が、08年の無罪確定後、初めて取材に応じた。部下や上司が容疑を認める中、ただ一人無罪主張を貫いた長崎さんは、取り調べの様子を克明にノートに残していた。「(認めなければ)2年半は接見なしで拘置所だ」。ノートからは、自白を執拗に迫る検事の姿が浮かぶ。


最高検は3月18日から特捜部の取り調べ過程の一部の録音・録画(可視化)を試行する方針だが、「当時の取り調べを知ってほしい」と長崎さんが明らかにしたノートの内容は、今後の可視化のあり方に一石を投じる可能性もある。

長崎さんは03年11月4日、当時緑政土木局長だった村瀬勝美さん(64)=無罪確定=とともに競売入札妨害容疑で逮捕され、当初から容疑を否認。同年12月26日の保釈まで、自白調書は一通も作成されず、長崎さんは41日間に及んだ調べの内容を大学ノート約130ページに記録していた。

逮捕から約1週間後の名古屋拘置所内の取調室。「部下は皆認めた。全部否認では刑務所へ一直線だ」と検事が迫った。その後も「(否認していた上司の)村瀬が認めた。一人でいろ」などと、孤立感をあおるようにたたみかけた。

きつい調べを受けたのは、弁護士の接見が認められない平日の夜や土日が多かった。

さらに「夜、もう調べはないかなと思っていたころに単独房のカギが開き、看守に『調べだ』と言われた。取調室に行くと単なる雑談で終わった」。こうして長崎さんは精神的に追い込まれていったという。

気持ちが大きく揺れ動いたのは、検事が退室し、立ち会い事務官と2人になった時だ。一度も話したことがなかった事務官が「おつらいでしょう。認めて公判でおっしゃったらいかがですか」と切り出した。

「家族や仕事など、いろいろなことが去来した。胸に染みた」と長崎さん。だが「信念を曲げて仕事をしてきたことは一切ない。心当たりのないことは言えない」と事務官に答えた。その後戻ってきた検事は「あなたは人生の選択を間違えた」と吐き捨てた。

公判では「長崎さんに予定価格のことなどを報告し、了承を受けた」とした部下の供述調書の信用性が否定され、長崎さんは一、二審とも無罪を言い渡された。検察側が上告を断念した08年12月に無罪が確定した。逮捕から既に5年が経過していた。

復職した今も長崎さんは納得できない思いを抱える。「当時の捜査、公判は一体何だったのか」

※名古屋市の道路清掃談合・・・2002年11月と03年4月に入札が行われた、名古屋市発注の道路清掃事業入札をめぐる談合事件。名古屋地検特捜部は03年、当時の市緑政土木局長村瀬勝美さん、部下で同局道路部長の長崎弘さんら市側の4人と業者11人を競売入札妨害罪などで、市議1人をあっせん収賄罪で起訴。長崎さんと公判で無罪を主張した村瀬さんは無罪、残る14人は有罪が確定した。長崎さんは08年12月に復職した。村瀬さんは定年退職後、昨年10月に取材に応じていた。

・・・自白を得るための取り調べは必要なのか?
被告人が疑われている犯罪について、その有罪・無罪を決めるのは、検察による取り調べではなく裁判官・弁護士・検察官による公判です。にもかかわらず、まだ取り調べの段階にある容疑者を精神的に追い込み、自白を無理矢理にはき出させることは、私刑(リンチ)にあたるのではないでしょうか。

検察が事件を一つの構図に載せて取り調べを行うことは、村木厚子さんに対する取り調べでも見られました。
事件がどういうものであったか、先に見通しを立てた方が分かり易く、取り調べも行いやすいのでしょう。しかし、仮にその構図にあてはまる自白を得られても、自白の信憑性を疑われれば崩れてしまうわけで、検察が描く構図通りの自白への執着は必ずしもプラスにはなりません。

容疑者を被告人にするに当たっては、検察に『訴因』を明確にする責任が求められるため、「構図ありき」「自白は吐かせるもの」という考え方を改めるのは難しいでしょう。ですが、せめて全面可視化により、遡及的な検証のできる状況を早く整えて方が良いように思われます。

長崎さんがノートに記録されていた11月8日の「思い出す時に、ないことを前提にしていたら何も思い出せない。あると思えば次第に記憶がはっきりしてくる」などという検察官の言葉は、まるで『記憶をねつ造してくれ』と言っているように聞こえるほどおかしなものです。客観的に見て異常な事態へ陥らないよう、取調室の密室化は回避されるべきものではないでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。